美容・健康

「フェムテックで変わる未来」と題して、株式会社日立コンサルティング 佐藤 仁奈氏、神谷 浩史氏/ポーラ化成工業株式会社 本川 智紀氏によるセミナーを5月18日(水)に開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
ビジネスセミナーを企画開催する新社会システム総合研究所(SSK)は、下記セミナーを開催します。

────────────【SSKセミナー】─────────── ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、 何度でもご都合の良い時間にご視聴可) ────────────────────────────── 働く人々の健康課題をアプリケーション、テクノロジーでサポート フェムテックで変わる未来


【セミナー詳細】
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_22258

【開催日時】
2022年5月18日(水) 午後1時~3時20分

【講師】
株式会社日立コンサルティング マネージャ 佐藤 仁奈 氏
株式会社日立コンサルティング マネージャ 神谷 浩史 氏

ポーラ化成工業株式会社 me-fullnessファウンダー 本川 智紀 氏

【重点講義内容】
I.フェムテックで変わる未来 
佐藤 仁奈 氏/神谷 浩史 氏 【13:00~14:10】
近年、女性の就業率が高まる一方で、「女性の健康課題」と仕事の両立の悩みも深刻となっています。そこで今話題となっているのが「フェムテック」、女性の健康課題解決をテクノロジーで支援しようというものです。
本発表では、フェムテックの概要や、普及に向けた諸課題について説明するとともに、フェムテックで変わる未来や、より幅広い分野の性差に着目した考え方である、ジェンダード・イノベーションについてもわかりやすくご紹介します。

1.女性の健康課題とフェムテック
2.フェムテック産業の拡大・定着にまつわる諸課題
3.フェムテックで変わる未来
4.さらなる発展に向けて -ジェンダード・イノベーション-
5.質疑応答

II.働く女性の活躍推進に向けた「me-fullness」徳島市での効果検証と今後の活用展望  
本川 智紀 氏 【14:20~15:20】
me-fullnessは、ストレスや疲労の蓄積によっておこる「気持ちの切り替えの難しさ」の課題解決のため、化粧品技術を活用して作ったアプリケーションである。顔や肌のデータから自分のストレス疲労状態を可視化し、自分に合った五感体験で気持ちの切り替えをサポートする。
特に女性においては、性周期による影響だけではなく、家事育児などのマルチタスクの影響もあり、「気持ちの切り替えの難しさ」から本来のパフォーマンスを発揮できないと考える方も多い。今回、我々は働く女性における「me-fullness」の有用性について実証試験を行った。本講演ではその結果とともに今後の展望を報告する。

1.me-fullnessとは
2.技術の詳細
3.徳島市での実証試験結果
4.今後の活用展望
5.質疑応答

me-fullnessアプリ(iOS版)のダウンロードは
https://apps.apple.com/jp/app/me-fullness-%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9/id1542008998



【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売・セミナーオンデマンド販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)