ビジネス・コンサルティング 医療・医薬・福祉

プラスマン、胸部CT-AI Plus.Lung.Noduleの独占販売についてバイエル薬品と業務提携

プラスマン合同会社
・プラスマンが開発する医用画像診断AIの独占的販売権をバイエル薬品が取得 ・画像診断専門医による胸部CT画像の読影を支援するソフトウェアPlus.Lung.Noduleをバイエル薬品が販売開始





東京、2022年4月6日 ― プラスマン合同会社(本社:東京都千代田区、代表社員:大塚裕次朗、以下「プラスマン」)は、放射線画像診断領域へさらなる貢献を図るため、バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:フリオ・トリアナ、以下「バイエル薬品」)と業務提携し、当社が開発した画像診断支援AI(人工知能)ソフトウェアの独占的販売権をバイエル薬品が取得し、本日よりPlus.Lung.Nodule(プラスラングノジュール)の販売を開始しました。

Plus.Lung.Noduleは、関心領域(ROI: Region Of Interest)を表示することで肺結節及び縦隔・肺門リンパ節の視認性向上を図るプログラム医療機器です。増大する医療画像情報に対する読影効率の向上と、読影の質の向上を目的に開発され、精度の高い診断と読影業務の負担軽減が期待できます。

プラスマン代表社員大塚裕次朗は次のように述べています。「バイエル薬品は創薬を行う製薬会社としてヘルスケア領域の先駆者でありながら、画像診断領域の医療機器にも大きな強みと実績を持つ唯一の会社です。バイエル薬品との業務提携は医療機器業界におけるベンダーロックインからの解放に大きな貢献となるでしょう。バイエル薬品は患者・医師にとって最良の選択肢を提供する価値観を共有するプラスマンにとっての非常に強力なパートナーです。」

バイエル薬品ラジオロジー事業部のケルビン・ウォン事業部長は次のように述べています。「プラスマンは放射線科領域により良い価値を提供し続けることを理念に持つ私たちにとって、非常に強力なパートナーです。この協業をかわきりに私たちの画像診断支援AIソフトウェア事業を推進させ、診断から治療までの明確な道筋を示し続ける放射線科医師やそのチームの皆さんに貢献してまいります」

プラスマンでは、数理工学・アクチュアリアルサイエンスをベースとした医用画像診断AIの研究開発に注力しており、胸部CT-AI、CXR-AI、ディープラーニング画像処理技術等、画像診断専門医の求める機能が頑健かつ切れ味良く直感通りに実現される、「使える」道具の提供を行っています。

今回のバイエル薬品との業務提携を契機に、より一層、画像診断専門医ならびに関連するすべての医療従事者の皆さまと共に、患者様の健康に貢献して参ります。


バイエルについて
バイエルは、ヘルスケアと食糧関連のライフサイエンス領域を中核事業とするグローバル企業です。その製品とサービスを通じて、世界人口の増加と高齢化によって生じる重要課題克服への取り組みをサポートすることで、人々の生活と地球の繁栄に貢献しています。バイエルは、持続可能な発展を推進し、事業を通じて良い影響を創出することに尽力します。同時に、収益力を高め、技術革新と成長を通して企業価値を創造することも目指しています。バイエルブランドは、世界各国で信用と信頼性および品質の証となっています。グループ全体の売上高は441億ユーロ、従業員数は約100,000名(2020年)。特別項目計上前の研究開発費は53億ユーロです。詳細はhttps://www.bayer.com/をご参照ください。

バイエル薬品株式会社について
バイエル薬品株式会社は本社を大阪に置き、医療用医薬品、コンシューマーヘルスの各事業からなるヘルスケア企業です。医療用医薬品部門では、循環器・腎臓領域、オンコロジー領域、眼科領域、婦人科領域、血液領域、画像診断領域に注力しています。コンシューマーヘルス部門では、プレナタルサプリメントや腟カンジダ抗真菌剤に注力しています。同社は、技術革新と革新的な製品によって、日本の患者さんの「満たされない願い」に応える先進医薬品企業を目指しています。詳細はhttps://www.pharma.bayer.jp/ja/をご参照ください。


プラスマン合同会社について
プラスマン合同会社(Plusman LLC)は、「夢を叶えるモノを作り」をミッションに、AI(人工知能)、数理エンジニアリングで放射線科医の読影を支援することを目的に設立され、ディープラーニング技術を用いた画像診断支援、創薬の研究、言語取得AIの研究開発を行う会社です。
代表者 :代表社員 業務執行社員 大塚裕次朗
https://plusmanllc.co.jp/

プラスマン合同会社
2022年4月6日、東京


この件に関するお問い合わせ先:
https://plusmanllc.co.jp/contact


※本資料は、国内の報道関係者の方々を対象に、プラスマンの企業活動に関する情報を提供しています。一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。


将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements)
このニュースリリースには、プラスマンの経営陣による現在の試算および予測に基づく将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements) が含まれている場合があります。さまざまな既知・未知のリスク、不確実性、その他の要因により、将来の実績、財務状況、企業の動向または業績と、当文書における予測との間に大きな相違が生じることがあります。当社は、これらの将来予想に関する記述を更新し、将来の出来事または情勢に適合させる責任を負いません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)