食品・飲料

青木フルーツホールディングス株式会社がサステナブルビジョンを策定~持続可能な社会実現へ向けたビジョン「7つの実」の実現へ~

青木フルーツホールディングス株式会社
“フルーツ文化創造企業”を掲げる青木フルーツホールディングス株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役会長兼社長:青木信博、以下青木フルーツHD)は、持続可能な社会実現へ向け、AOKIサステナブルビジョン「サステナブルを実現する7つの実」を策定しました。


AOKIサステナブルビジョン「サステナブルを実現する7つの実」策定


青木フルーツHDは「フルーツを通して人々の心と体を豊かに」という理念のもと、1924年の創業当時からこれまでフルーツに関わる様々な事業を展開してまいりました。事業を持続可能な社会の実現へ向けてより発展させていくためには、青木フルーツHDに関わるすべてのステークホルダーのご理解やご協力を得ながら、サステナブルビジョンを掲げ組織的にビジョンを目指して進んでいくことが必要不可欠となります。

青木フルーツHDがステークホルダーと共に実現したい7つの「未来」(ビジョン)を「実」として表現し、AOKIサステナブルビジョン「サステナブルを実現する7つの実」を策定しました。
「フルーツの力で、人も地球も豊かに、すべての人に幸せの果実が実る社会」を目指して、全社をあげて取り組んでまいります。

AOKIサステナブルビジョンWEBサイト:https://aoki-group.com/sdgs/


「サステナブルを実現する7つの実」策定までの経緯と今後の展望
近年世界共通の取り組みとして「SDGs(持続可能な開発目標)※1」などの持続可能な社会実現へ向けた活動が活発に行われ、企業の社会的価値向上への期待など、時代の要請も高まっています。
青木フルーツHDは、地球や自然と密接に関わるフルーツを扱う企業として、その事業活動自体を推進しより発展させていくことが、持続可能な社会の実現へと必ず直結していくと考えています。この考えのもと、事業活動をより持続可能な社会実現へ寄与できるようにするための社内プロジェクトとして「青木SDGs導入プロジェクト」を組成しました。

2021年度はプロジェクトが主体となり、全社対象のアンケート等を通じて、これまで行ってきた事業活動やサステナブルな視点から今後取り組むべき内容をもとに整理し、AOKIサステナブルビジョン「サステナブルを実現する7つの実」を作り上げました。
2022年度は、ビジョンをもとに新しい取り組み内容の決定やこれまで行ってきたサステナブルな取り組みについて具体的な目標設定を行い、2023年度以降より目標に向かって継続的に取り組んでまいります。


青木フルーツHDが目指す社会とAOKIサステナブルビジョン
■青木フルーツHDが目指す社会
「フルーツの力で、人も地球も豊かに、すべての人に幸せの果実が実る社会」

■AOKIサステナブルビジョン「サステナブルを実現する7つの実」
1. 健やかな未来の実
フルフル200 ※2の考え方を通じて、あらゆる世代にフルーツを食べる習慣や環境を醸成し、心も身体も健康的な生活を提案します。
2. フルーツサイクルの実
フルーツに関わるフードロスを削減するとともに、フルーツ資源のリユース・リサイクルの仕組みを作ります。
3. 環境保全の実
環境を考えた資材の使用に取り組み、環境配慮型の容器・包装材への切り替えを進めます。
4. 働きがいと成長の実
多様な働き方の選択ができる制度の充実を図り、企業理念を体現し、自分らしく働くことができる企業を作ります。
5. 多様性の実
多様な人材の採用、育成や登用を積極的に進めることで企業活動に創造的な視点を取り入れます。
6. 豊かな果樹園の実
様々な形で産地支援を行い、フルーツの生産量を増やすことで、日本の果樹園の維持・発展を目指します。
7. 世界と繋がる実
フルーツを通じて、発展途上国の貧困や労働、果樹生産国の経済・社会基盤の改善に向き合っていきます。

※1 SDGs:2015年に国連サミットで採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標
※2フルフル200:青木フルーツHDによる1人1日200g以上のフルーツ摂取を推進する運動(https://aoki-group.com/fruful200/)


会社概要
・会社名:青木フルーツホールディングス株式会社
・本社所在地:福島県郡山市八山田五丁目405番地
・代表者:代表取締役会長兼社長 青木信博
・創業:1924年
・資本金:2300万円
・従業員数:2267名(正社員264名) ※2022年1月1日時点
・企業サイト:https://aoki-group.com/
・事業内容:
 【フルーツバー事業】果汁工房果琳(153店舗)、Wonder Fruits(15店舗)、フルーツバーAOKI(10店舗)、V2&M by FruitsBar AOKI(10店舗)
 【フルーツタルト&カフェ事業】フルーツピークス(14店舗)
 【フルーツショップ事業】フルーツショップ青木(7店舗)
 【その他】FRUITS IN LIFE(1店舗)、アオキフルーツオンライン
 ※()は2022年4月7日時点での店舗数
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)