医療・医薬・福祉 美容・健康

「市販の発毛剤持参」で受けられる新サービス 2022年4月6日(水) よりDクリニック東京・新宿にてスタート 最新頭髪治療「非接触振動圧刺激装置」を利用した施術もお試し可能

Dクリニック メンズ
~ 薄毛治療専門を中心に21年間展開するDクリニック~

Dクリニック東京/新宿(所在地:千代田区/新宿区、院長:安田吉宏/小山太郎)は、2022年4月6日(水)より、市販の発毛剤(ミノキシジルが含まれているもの)を使用している方限定で、最新頭髪治療「非接触振動圧刺激装置」を利用した施術を1回無料で受けられる等、新たなサービス「発毛剤持参特別メニュー」を開始いたします。



■サービスの開始背景


株式会社富士経済が発表したスカルプケア・発毛剤(育毛剤含む)の国内市場調査によると、2019年と比べて2020年は前年比6.2%増の見込みとなっており、市場規模が拡大しています。
2020年は、コロナ禍におけるオンライン会議の増加で、モニター越しに自身の頭髪を意識する機会が増えたことなどから需要は高まっており、市場の拡大が予想されています。
(出典:富士経済「スカルプケア・発毛剤の市場トレンド調査」2021年1月19日)

また、Dクリニック新宿の小山先生は「薄毛に悩み、治療を検討する問い合わせの中に、発毛剤を使用しているがなかなか効果が実感できない」などの相談・問い合わせがあります。また、薄毛治療で来院する患者様のうち、約3割の人が発毛剤の使用経験があります。このことから、発毛剤を使用しているがなかなか悩みが解決できない方が一定数いると推測されます。」と話しており、少しでもクリニックに相談しやすい環境をつくれたらという想いから、今回のサービス開始に至りました。

■発毛剤使用者専用メニューとは
治療を検討している方で、自身が使用している市販の発毛剤(メーカー問わず国内で生産されている、ミノキシジルが含まれているもの)を初診時に持参すると初診費用が3,300円となり、ミノキシジルの効果を促進する日本初技術を搭載した「非接触振動圧刺激装置」による施術をサービス実施期間中、無料で受けることができます。



「非接触振動圧刺激装置」の特徴



「非接触振動圧刺激装置」は、日本で初めて開発された非接触で頭皮に振動圧刺激を与える技術により、低周波振動圧を特定の部位に照射することで発毛を促進します。
発毛治療に使用する塗り薬と併用することで、通常よりも早いスピードでの発毛が期待できます。この技術は、2012年からスタートした日本医科大学形成外科学教室、ピクシーダストテクノロジーズ、Dクリニックの3者による共同研究から立証されたものであり、お客様へのサービス提供ができる機器として開発されました。
昨年11月の導入開始後、一時は予約待ちが出るほどのサービスでした。


■Dクリニック 新宿 院長 小山太郎先生からのコメント
個人差がありますがAGAは治療により改善します。当院では80%のお客様にご満足いただいております。
市販の発毛剤(外用薬)では十分な効果が感じられない方でも、クリニックで内服薬を併用することで、改善が期待できます。お悩みの方は一度クリニックを受診することをおすすめします。


Dクリニックについて
東京・新宿・名古屋・大阪・福岡・札幌で頭髪治療において、255万人の治療実績を有する※6つの専門クリニックです。NPO法人F.M.L.にて最新医療の研究をもとに、同一の治療プロトコルを共有しています。皮膚科、形成外科、メンタルヘルス(精神神経科)等の各分野の専門医が連携し、AGA(男性型脱毛症)や女性の脱毛症をはじめとする男女の頭髪の悩みを解決するために、最新の医学情報を共有しながら、研究を重ね、治療に活かし、患者様一人ひとりに最適な治療を施す総合頭髪治療を提供しています。
https://www.d-clinicgroup.jp/clinic/
※1999年7月~2020年12月の延べ患者数
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)