食品・飲料 美容・健康

【減塩専門店】無塩ドットコムにてYOSOU販売開始!

株式会社とこわか
~ 日本最大級の減塩・無塩食品サイトでYOSOUをお買い求め頂けます~

病気予防・病気治療等の理由から塩分量を減らした食事を志向する方々に向けて、株式会社とこわか(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吉川克弥)により販売展開をしている、植物性原料100%で構成された食塩不使用の野菜スープ「YOSOU」https://yosou8.com/が、4月から減塩専門店・無塩ドットコム本店、無塩ドットコム楽天店にて販売開始となりました。





食塩不使用野菜スープYOSOUとは

弊社代表(吉川克弥)の母が「がん」を罹患。


塩なしでの食生活を余儀なくされた母が、自分のために減塩の食事を作り、かつ、夫(父親)のために通常の味の食事を作る、という大変さを目の当たりにしました。そこで彼は、無塩・無糖・無添加で美味しく手軽に母親に食べてもらいたいと思えるものを作ろうとYOSOUの事業化を決断。

2021年10月、食塩不使用野菜スープYOSOUは発売開始になりました。

YOSOUの特徴は、1.食塩不使用2.安心して食べられる「自然味100%」3.野菜がたっぷり4.安価で便利なレトルト。これらにより塩分の制限が必要な、がん・基礎疾患(糖尿、心疾患、高血圧、等)をお持ちの方やご家族の方にとって、日々の食事の手助けとなる加工食品が誕生しました。





減塩専門店 無塩ドットコムとは

全国ネットショップグランプリ2020日本ネット経済新聞賞を受賞した、国内最大の減塩専門店「無塩ドットコム」https://www.muen-genen.com/ (株式会社ノルト 本社:兵庫県宝塚市 代表取締役:岡本覚)では、国内外の減塩・無塩食品や書籍、グッズなど300商品以上をインターネットやカタログで販売しています。

とりわけ、減塩食や腎臓病食、機能性素材を用いた食品の開発に力を入れたオリジナルブランドの「塩ぬき屋」https://www.muen-genen.com/shopbrand/shionukiyaにおいては、世間では販売していない「無塩梅」「食塩不使用しょうゆ」「食塩不使用ドレッシング」などの商品が企画・開発・販売され、楽天市場でも各カテゴリで1位を獲得するなどしています。





無塩ドットコムとYOSOUの販売提携:共通する思いは「健康寿命を延ばす」

今回、無塩ドットコムでのYOSOUの販売開始に伴い、減塩・無塩商品を必要とする方にYOSOUを広く知っていただくきっかけになるのではないかと考えます。

両社の願いは、食材本来の味を大切にした減塩・無塩の食品を開発・販売する事により、がん・基礎疾患の改善や予防を必要とするお一人お一人の健康に貢献する事です。さらには、健康上のトラブルによって日常的に介護などを必要とすることなく、毎日の生活が制限されずに暮らせる健康寿命の期間を延ばすことです。
国立がん研究センターの統計によれば、日本人が一生のうちに、がんと診断される確率は2人に1人ですから、今後ますます、美味しくて便利な減塩・無塩食品の必要性が高まってくるでしょう。

無塩ドットコムとYOSOUは相互協力のもと、安心で安全な商品とお客様への満足感を今後も提供し続けたいと考えます。



【会社概要】
会社名:株式会社とこわか
所在地:東京都渋谷区大山町
代表者:吉川克弥
設立:2021年4月
事業内容:食塩不使用の野菜スープ「YOSOU」の製造販売 【URL】 https://yosou8.com


【消費者様からのお問い合わせ先】
TEL:0120-029-210
平日:9:00-17:00
e-mail:info@yosou8.com


「株式会社とこわか」の想い
(1)減塩を超えた「食塩完全不使用」で、美味しさを届けることが出来る。
「野菜(甘味)」と「だし(旨味)」にこだわることで、塩味を使わなくても美味しい食品を作ることができます。多くの料理研究家の方の知恵を結集しています。

(2)1日1食を食塩不使用にする → 他の2食はある程度気を抜いてもよい。
3食全部を減塩で頑張るのは難しいことが多いものです。1日1食を食塩フリーに出来たらもっと気軽に減塩と付き合うことができるのではないでしょうか。残り2食での外食や中食活用の自由度も上がります。食塩不使用で1食をまかなうことが、結果的に便利さの享受にも繋がります。

(3)利便性をあきらめない。健康的な食品であることと便利な食品であることは両立できる。
レトルトパック+長期の賞味期限、という特性を活かし、お客様にとって便利で手軽な商品を開発します。病気予防、病気治療の方ご本人だけでなく、それらの方々の食事をつくるご苦労をされている方の助けになるように。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)