美容・健康

心幸グループ、スポーツ庁「スポーツエールカンパニー2022」に認定

心幸グループ
従業員の健康増進と、健康経営サポート企業として評価

 企業内福利厚生売店・コンビニ・食堂運営・健康経営支援をワンストップで提供する、心幸グループ各社(心幸ウェルネス株式会社、心幸ホールディングス株式会社、心幸サービス株式会社、心幸クリエイト株式会社、心幸株式会社、SKサポート株式会社)は、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業として、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー2022」に認定されました。






心幸グループの健康経営に向けた取り組み

年4回のからだ測定会を開催
・体力測定、体組成測定を年4回開催。測定結果の社内ランキングを公開することで従業員間のコミュニケーションを促進している。
・測定結果に合わせて運動指導員または管理栄養士からの個別カウンセリングを合わせて実施することで、運動継続をサポート。継続的に自身の体を見直す場を提供し、健康意識を保ちつつ適切な健康改善に取り組んでいる。


健康管理WEBサイト「KEN幸(ケンコウ)」の活用
・自社開発の健康管理WEBサイト「KEN幸(ケンコウ)」を活用し、健康診断結果や体力測定結果に合わせた個別の運動動画を配信している。・配信した動画の中から自分が取り組む運動をピックアップし、毎日運動に取り組んだ結果をシステムに入力することで日々の運動を推進している。


健康セミナーの開催
・月に1回、1時間程度の運動、栄養セミナー(腰痛予防改善、肩こり予防改善、ウエスト引き締めトレーニング、体幹トレーニングなど)を開催。
社内システムを通して全従業員を対象に開催案内しており、遠地の参加希望があればオンラインによる参加も許可している。
・1回の参加者数は15名程度。

※心幸ホールディングス及び各グループ会社でも同様の取組みを実施。

※心幸ウェルネスの福利厚生健康経営サポートについては、こちらをご覧ください。
http://www.shinko-jp.com/business/shinko-wellness/

※「スポーツエールカンパニー」の詳細は、スポーツ庁のウェブサイトよりご参照ください。
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm


従業員の満足度や生産性を高める「健康促進プログラム」を導入する経営者の43.5%が「コミュニケーションが活発化」したと実感



 心幸が、健康促進プログラムを導入している物流業界の経営者85名を対象に実施した「企業の健康促進プログラム」に関する実態調査では、健康促進プログラムが社員の状態に「効果あり」と54.1%の経営者が回答しており、具体的には、「ストレスの解消」(45.7%)や、「コミュニケーションの活発化」(43.5%)を挙げています。この調査では、社員が健康促進プログラムを活用することが、ストレスの解消やコミュニケーションの円滑化に直結していると考える経営者が、多くいることが明らかになりました。企業にとって最大の経営資源である従業員の心とからだをサポートするのが、当社のウェルネス事業です。これまで多くの企業で福利厚生サービスの向上を担ってきた心幸グループだからこそ、企業の健康経営に大きく貢献することが可能です。


<調査概要|「企業の健康促進プログラム」に関する実態調査>
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月19日~同年10月21日
有効回答:健康促進プログラムを導入している物流業界の経営者85名
URL  :https://www.value-press.com/pressrelease/284493


会社概要

会社名:心幸ウェルネス株式会社
代表者:山崎 忠
所在地:〒660-0805 兵庫県尼崎市西長洲町1丁目3番20号
設立 :平成25年3月
資本金:5,660万円(連結)オフィシャルHP:http://www.shinko-jp.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)