素材・化学・エネルギー 医療・医薬・福祉

ESG総合型指数「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定

バンドー化学株式会社
バンドー化学株式会社(本社:兵庫県神戸市)は、この度、「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されましたのでお知らせいたします。


グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築された「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。
また、低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI(Transition Pathway Initiative)経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。

バンドーグループは、「調和と誠実の精神をもって、社会のニーズに沿った新たな付加価値とより高い品質を日々創造、提供し、お客様をはじめとする社会の信頼に応える」という経営理念を掲げています。これからも事業を通じた環境課題、社会課題の解決に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

【関連情報】
FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexについて
https://www.ftserussell.com/ja/products/indices/blossom-japan
バンドーグル―プの取り組みについて
https://www.bandogrp.com/csr/index.html



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)