流通 食品・飲料

世界一やさしいチョコレートandew代表中村が取材されたYoutube動画の再生回数が150万回を突破しました!!

株式会社SpinLife
患者と周囲の人々が病気と共存し、理解し合い、手を取り合う世界をビジョンに掲げ、チョコレートブランド「andew」を運営する株式会社SpinLife(本社:北海道札幌市)代表取締役社長の中村恒星が「STVニュース北海道」に取材されました。『食べると激痛「表皮水疱症」と闘う女性との出会い 北大医学部の学生が開発した「世界一やさしいチョコレート」』として公開されたYoutube動画の再生回数が150万回を突破しております。





●おかげさまで150万再生突破!
2022年1月28日にYouTubeで公開された「STVニュース北海道」の動画「食べると激痛「表皮水疱症」と闘う女性との出会い 北大医学部の学生が開発した「世界一やさしいチョコレート」」という動画の再生回数が150万回を突破しました。

https://www.youtube.com/watch?v=iFT8DHmpLNI

私たちの原動力がこの動画の中で描かれています。
「表皮水疱症」という病気との出会いや患者の皆様とお話しすることで気づかされた食事の課題。
「食事って一緒に同じものを食べるから、幸せを感じるのに、私たちは、みんなと一緒のものを食べる機会も少ないんだよね。」
歴史的には薬として使われ、さらにプレゼントとして贈り合う文化のあるチョコレートの力で私たちは、人と人が
手を取り合い病気を超えていく。そんな温かい世界をandewを通して実現します。

https://andew.co.jp/pages/story


●世界一やさしいチョコレートandewとは?

andewは、表皮水疱症という皮膚難病の患者さんのために医学生によって、開発された完全食チョコレート。
「ポテトチップスを食べるとトゲの付いている板を食べているくらい痛い。」
患者さんたちは、口の中の痛みをそう表現します。
皮膚の病気により、食事や食事を介した人とのコミュニケーションに大きな障壁がある方にandewを通して幸せを届けたい。
あなたと一緒に食べたい and you = andew
そんな想いが込められています。




チョコレートの原料のカカオ豆に加え、アーモンド、きなこ、チアシード、ココナツ、ケシの実、抹茶、昆布などの栄養たっぷりの食材をふんだんに使用し、栄養価を最大まで高めた完全食チョコレート。
タンパク質やビタミン、ミネラルなど人間に必要な27種類以上の栄養素を全て含んだ、新しい完全食。さらに、白砂糖・乳化剤・保存料・香料は不使用です。

バランスよく栄養を摂取したい方、罪悪感なくチョコレートを食べたい方、スポーツをされる方、食が細くなった高齢者、育ち盛りのお子さんなど幅広い方に楽しんでいただけるチョコレートです。





【企業概要】

北海道大学医学部の現役医学部生が創業。

Spin (the thread of) Life : 命(の糸)を紡ぐにあるように、患者と周囲の人々が病気と共存し、理解し合い、手を取り合う世界をビジョンに掲げ、医療の課題を解決するために医師や看護師、栄養士と共同でサービスを開発。

法人名:株式会社SpinLife
所在地:北海道札幌市北区北十三条西4丁目1番2号
代表者:中村 恒星
設立:2020年1月20日
事業内容:チョコレート及び関連商品の製造・販売・プロデュース
公式ホームページ:https://andew.co.jp
Facebook : https://www.facebook.com/andew7chocolate
Instagram : https://www.instagram.com/andew_chocolate/
Twitter : https://twitter.com/andew_chocolate

【代表取締役プロフィール】
中村恒星(ナカムラコウセイ)
1995年生まれ。
富山大学薬学部創薬科学科卒
現在、北海道大学医学部医学科6年次

2020年1月 : 株式会社SpinLifeを創業。代表取締役に就任。
2020年5月 : 世界初の完全食チョコレートandew(アンジュ)をリリース
2021年11月:andew累計販売枚数10,000枚突破
2022年1月:創業2周年
2022年2月:MakuakeにてMAHHA×andew「ヴィーガンチーズケーキ」プロジェクトをリリース


【本プレスに関するお問い合わせ先】
取材・サンプル提供の依頼など、お気軽にご連絡ください。
e-mail:info@spinlife.jp
担当:小野
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)