食品・飲料 美容・健康

ユーグレナ社、「ユーグレナ石垣ぬちぐすいプロジェクト」をスタート!

株式会社ユーグレナ
石垣島内の企業と協業し、食を通じて人々の心もからだも元気にします

株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、研究および生産拠点を構える沖縄県石垣市にて、食を通じて、石垣島の人々および石垣島を訪れるすべての人々の心とからだを元気にする「ユーグレナ石垣ぬちぐすいプロジェクト」を開始します。



■「ユーグレナ石垣ぬちぐすいプロジェクト」とは
【目的】
石垣島の人々および石垣島を訪れたすべての人々が、食を通じて心もからだも元気になることを目指し、石垣島のさらなる地域振興に資するよう、石垣島ユーグレナおよび島の特産品の魅力を広くアピールしていきます。
【実施内容】
石垣島産にこだわり、島内の企業と協業し、島の特産として栄養素が豊富な石垣島ユーグレナを用いたメニューや食品の開発を行います。

■「ぬちぐすい」の意味
沖縄地方の言葉で「食や自然に触れ、心もからだも元気になる」ことを表しています。

■ロゴについて
ロゴの円形のマークは、石垣島に広く分布し、強い生命力やパワーを持つとされるガジュマルをイメージしています。石垣島ユーグレナと同じく日光を好み、花言葉は「健康」「沢山の幸せ」です。

■商品展開スケジュール
2020年3月発売予定
・ユーグレナジェラート(農業生産法人 有限会社伊盛牧場)
 提供場所:ミルミル本舗 本店、ミルミル本舗 石垣空港店
2020年4月発売予定
・石垣太陽さんさんカレー※1
石垣太陽さんさんカレー イメージ


提供場所:ユーグレナ・ガーデンやANAインターコンチネンタル石垣リゾート内サンコーストカフェなど
※1 「KEISUKE MATSUSHIMA」のオーナーシェフ・松嶋啓介氏の監修のもと開発、2019年7月に東京・原宿の「CAFĖ NiCE MATiN」にて期間限定で提供しました。このたび定番メニューとして上記店舗にて提供します。
・ユーグレナミルクちんすこう(有限会社宮城菓子店)
提供場所:沖縄石垣島パティスリーマルシェ南ぬ島石垣空港国内線旅客ターミナルビル内 直売店
・ユーグレナモカ(那覇ベーカリー)
提供場所:南ぬ島石垣空港内の土産物店

■今後の予定
・ユーグレナビール(石垣島ビール株式会社)
・ユーグレナ泡盛(有限会社八重泉酒造)
・ユーグレナそば(金城製麺所) など、随時商品を開発予定です。 
ユーグレナ・ガーデン 外観

■プロジェクト発信の拠点
・ユーグレナ・ガーデン(沖縄県石垣市字大川270-2)
・ユーグレナ石垣港離島ターミナル(沖縄県石垣市美崎町1番地)
・ユーグレナモール(沖縄県石垣市字大川203)

■当社と石垣島の関係
【生産拠点】
当社にとって、石垣島は世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功した「第二の創業の地」であり、研究および生産拠点を構えているほか、当社グループである八重山殖産株式会社(http://www.yaeyamachlorella.com)が所在しています。

【みーふぁいゆープロジェクト】(https://www.euglena.jp/businessrd/yaeyama/mifaiyu/
石垣島および八重山地域の地域振興に資することがユーグレナグループのミッションと考え、スポーツや教育支援等を行う「みーふぁいゆー(=ありがとう)」と名付けたプロジェクトを推進しています。プロバスケットボールBリーグ公式試合を石垣島で開催したり、八重山地域の小中学校で理科験教室を開催したりするほか、石垣島マラソンを支援したりなどしています。また、「ユーグレナモール」「ユーグレナ石垣港離島ターミナル」などのネーミングライツ取得※2を実施してきました。
※2 ユーグレナモール:2010年2月取得 https://www.euglena.jp/news/n20100212/ 、ユーグレナ石垣港離島ターミナル:2018年2月取得https://www.euglena.jp/news/20180221-2/
なお、ユーグレナモール命名10周年を記念し、2020年4月にモールの看板デザインをリニューアルします。新しい看板デザインは、以下のサイトにて一般人気投票により決定します。
・ユーグレナモール公式Webサイト
「ユーグレナモール命名10周年記念看板デザインプロジェクト」https://www.euglenamall.com/kanbanart/

ユーグレナモール看板デザイン案 イメージ
<石垣島ユーグレナとは>
ユーグレナは藻の仲間です。石垣島ユーグレナは、石垣島の豊かな自然の中で育ちました。人間が必要とする豊富な栄養素(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、オレイン酸などの不飽和脂肪酸など59種類)や独自成分のパラミロンをもつ、さまざまな可能性に満ちたスーパーフードです。細胞壁をもたないため、栄養吸収率も高い特長があります。

<株式会社ユーグレナについて>
2005 年に世界で初めて石垣島で微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。石垣島で生産した微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売を行うほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。2012 年 12 月東証マザーズに上場。2014 年 12 月に東証一部市場変更。経営理念は「人と地球を健康にする」。https://euglena.jp

以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)