医療・医薬・福祉 その他

手術支援ロボットを開発するF.MEDがFFGベンチャービジネスパートナーズ、アステムおよびGxPartnersから資金調達を実施

F.MED株式会社
マイクロサージャリー支援ロボットの開発で乳房再建やリンパ浮腫患者さんらの希望となることを目指す。

医療機器ベンチャーのF.MED株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:下村景太)は、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:吉田泰彦)、株式会社アステム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:吉村次生)、およびGxPartners有限責任事業組合(本社:福岡県福岡市、代表組合員:岸原稔泰)を引受先とした資金調達を実施したことをお知らせいたします。 今回の資金調達により、マイクロサージャリー支援ロボットのさらなる研究開発の加速と優秀な人材の獲得を進めて参ります。


■企業の概要
F.MED株式会社は、福岡県ロボット・システム産業振興会議および国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の補助事業のもと九州大学先端医療オープンイノベーションセンター(福岡県福岡市)で実施されてきたマイクロサージャリー支援ロボットの開発継続と事業化を目的に、2021年3月に創業されました。


九州大学病院で開発されたマイクロサージャリー支援ロボット試作機

マイクロサージャリーは直径1mm程度の血管等を縫ってつなぎ合わせる手術の技術で、乳がんや頭頸部がん手術後の再建手術やリンパ浮腫の軽快化手術などに応用が可能です。しかし、非常に繊細な操作が要求されるため、実施できる医師や医療機関が限定されているのが実情です。この課題を解決するために、医師の動作を縮小化かつ手の震えを除去して正確に再現する支援ロボットを開発し、マイクロサージャリーを実施できる医師を増やし、その結果マイクロサージャリーで治療できる患者さんを増やすことを目標にしております。


■技術背景
本ロボットには自社の特許技術であるリニアモータ駆動のパラレルリンク機構マニピュレータを搭載しており、高精細、高剛性、高速度の動作を実現しております。術者が本マニピュレータを操作し、エンドエフェクタとして装備された鉗子が縫合針の把持や操作などを代替してマイクロサージャリーを実施します。従来のパラレルリンク機構の弱点であった動作範囲の狭さは、腕に該当するポジショナーが自動連動して角度調整することで克服します。




F.MED株式会社は2021年3月の創業以来本ロボット開発を引き継ぐための準備を進めて参りましたが、開発費用や人材を確保する目的で今回の資金調達を実施致しました。今後も本ロボットの開発を継続して、早期の医療機器承認取得と事業化を目指します。


【F.MED株式会社 会社概要】
会社名:F.MED株式会社(F.MED Co.,Ltd.)
事業内容:医療機器の研究開発・製造、及び関連するコンサルティング業務
設立日:2021年3月
代表者:下村 景太
所在地:福岡県福岡市中央区大名2丁目6番11号 Fukuoka Growth Next
ホームページ:https://www.f-med.co.jp

■本件に関するお問い合わせ
F.MED株式会社 下村
Email: keita.shimomura@f-med.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)