金融 ビジネス・コンサルティング

「スマート脳ドック」の仕組みを提供するスマートスキャン株式会社に出資

Aflac Ventures Japan株式会社
~誰もが気軽に脳ドックを受診できる環境を整え、人々のクオリティオブライフを高めることを目指す~

「Aflac Ventures Japan株式会社(東京都港区、代表取締役:島田 智行)」の支援により、Aflac Ventures LLCが、「スマート脳ドック」の仕組みを提供するスマートスキャン株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 濱野斗百礼、以下「スマートスキャン」)へ出資を行いました。



スマートスキャンについて
「病気にならない世界」の実現に向け、誰もが気軽に受診できる画像診断の環境づくりをすすめています。スマートスキャンが構築したウェルネスデータプラットフォーム「スマート脳ドック」(https://smartdock.jp/)をはじめ、画像診断および予防医療に関わる事業を通じ、多くの人が健康に暮らせる時間の創出に貢献していきます。

資金調達の背景と目的について
世界中で高齢化が進む今、予防医療への注目が高まっています。予防医療は、社会全体を活気あるものにするだけでなく、人々のクオリティオブライフを高めることにつながります。いつまでも元気に健康で過ごすためには、自身の健康状態や病気リスクを知っておくことが大切です。
これまでスマートスキャンは、誰もが気軽に脳ドックを受診できる環境を整えるべく、「スマート脳ドック」サービスの仕組みの構築、クリニックのプロデュースを進めてきました。
今後、限られた医療資源を有効活用することで地域医療格差をなくし、多くの方の健やかな未来のために、「スマート脳ドック」を中心とした事業をさらに拡大していきます。また、このモデルを国内のみならず海外にも展開し、スマートスキャンの企業理念でもある「病気にならない世界を作る」ことの実現に向け尽力します。

今後の事業展開について
「スマート脳ドック」サービスの仕組みを提供するシェアリングエコノミー事業の拡大、移動式健診サービスの本格展開を進めていきます。また、より多くの方に気軽に脳ドックを受診いただけるよう当該サービスおよび周辺情報の発信を強化するほか、将来的には医療データを活用し新たな価値を生み出す事業を展開します。

スマートスキャン株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000054061.html

スマートスキャン株式会社 代表取締役 濱野斗百礼氏からのコメント
この度はAflac Ventures Japanさまからご出資いただきましたこと、心から感謝申し上げます。日本の高齢化率は28%を超え超高齢社会を迎えていますが、活力ある時代とするために、社員一同力を合わせて未病解消に向け尽力する所存でございます。「スマート脳ドック」サービスを通じて、より多くのみなさまに健やかな未来を過ごしていただける世界を創造してまいります。

Aflac Ventures Japan 担当者からのコメント
スマートスキャン様は、ITの活用により低価格・短時間で正確な脳ドックを提供し、誰でも「脳ドック」を気軽に受診できる環境を整備しています。これにより、継続的な脳の検査を提供でき、脳の異常を早期発見し対策することが可能になります。今回の出資により、弊社はスマートスキャン様の「スマート脳ドック」の利用を広める取組みを支援し、「病気にならない世界を作る」という理念の実現に貢献してまいります。

スマートスキャン株式会社
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-14-6 セルバ人形町2階
代表者:代表取締役社長 濱野 斗百礼
設立:2017年2月
URL:https://smartscan.co.jp/

Aflac Ventures Japan株式会社
Aflac Ventures Japanは、「共創と革新により『生きる』を創る。」をビジョンに掲げ、アフラックグループのアセットとパートナーのイノベーション創出力をもって、一人ひとりが自分らしく「生きる」を創ることができる社会を実現します。Aflac Ventures LLCの400百万米ドルファンドで、グローバルにスタートアップ投資を支援しています。

所在地:東京都港区南青山3-1-31 KD 南青山ビル8F
代表者:代表取締役 島田 智行
設立:2019年2月
URL:https://aflacventuresjapan.com/ja/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
Aflac Ventures Japan株式会社
e-mail:aflacventuresjapan@avj.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)