医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

順天堂大学とメタジェンセラピューティクスが共同研究講座「細菌叢再生学講座」を開設

学校法人 順天堂
順天堂大学(東京都文京区、学長:新井一)とメタジェンセラピューティクス株式会社(山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO:中原拓、以下MGTx)は、共同研究講座「細菌叢再生学講座」(以下、本講座)を2022年4月1日付けで開設しました。


背景
近年、腸内細菌叢の乱れ(ディスバイオーシス)と様々な疾患との関連が明らかになっており、ディスバイオーシスを改善し、健康な腸内細菌叢の再生を目的とした腸内細菌叢移植療法(FMT)が副作用の少ない細菌学的治療として注目が集まっています。
順天堂大学消化器内科 腸内細菌研究グループは潰瘍性大腸炎(UC)に対して有効なFMT手法の確立を目指し、抗菌剤療法併用FMT(Antibiotic FMT: A-FMT)の臨床研究を世界に先駆けて開始しました*。その結果、UC患者約200例の臨床研究データから治療効果が腸内細菌叢の変化と関連し、抗菌剤療法との併用が効率的な腸内細菌移植に貢献していることが明らかになりました。
FMTが新たな治療戦略として注目を受ける中、MGTxは以前より進めている安全な腸内細菌叢溶液の製造・提供システムを構築し、2022年から先進医療での更なる実装化の展開を計画しています。

* 順天堂大学消化器内科腸内細菌研究グループ https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/shokaki/about/treatment/intestinal_microbiota1.html

共同研究講座の目的・研究テーマ
本共同研究講座では腸内細菌叢移植療法の基礎臨床的解明とその臨床応用研究を主要なテーマとし、安全で効果的なA-FMTの臨床への実装を目指します。
またFMTは治療法として有望であるのみならず、FMTを行った患者に対する有効腸内細菌種の定着と治療奏功の関係を分析することで新たな創薬シーズ発見の基盤としても極めて有効に機能すると考えられています。そのため、従来の薬剤治療では達成できなかった「潰瘍性大腸炎の根治治療」を究極の目的として、創薬研究も行ってまいります。

福田真嗣 客員教授の招聘および就任
本講座では根本的な腸内細菌叢の再生を目指し、基礎研究も進めてまいります。基礎研究については、腸内細菌叢研究領域のトップ研究者である慶應義塾大学 先端生命科学研究所 特任教授の福田真嗣先生を招聘し、FMTにおける有用菌の定着メカニズムの探索を行い、あらゆる角度で有効な治療方法の開発を目指します。

共同研究講座の概要
■講座名:細菌叢再生学講座
■設置場所:順天堂大学大学院 医学研究科
■設置期間:2022年4月1日から2025年3月31日(3年間)
■研究体制:

教授 永原章仁(順天堂大学大学院医学研究科消化器内科学 教授)
准教授 石川大(順天堂大学 医学部内科学教室・消化器内科学講座 准教授およびメタジェンセラピューティクス株式会社 取締役CMO兼任)
客員教授 福田真嗣(メタジェンセラピューティクス株式会社 取締役CSO兼任)
共同研究員 中原拓(メタジェンセラピューティクス株式会社 代表取締役社長CEO)
共同研究員 山田拓司(メタジェンセラピューティクス株式会社 取締役CTO)

■テーマ例:


抗菌剤療法併用FMT(A-FMT)の安全で効果的な臨床実装に関する研究
FMTにおける有用菌の定着メカニズムの探索研究
質の高い臨床評価と腸内細菌叢データ蓄積による、治療効果の向上方法の研究
FMTを行った患者に対する有効腸内細菌種の定着と治療奏功の関係を分析
ディスバイオーシスが関連する疾患(消化器疾患、免疫関連疾患、中枢性疾患など)に対する臨床研究・創薬研究


順天堂大学について
順天堂大学は、「不断前進」の理念のもとに学是「仁」を大切にしながら、出身校、国籍、性別の差別のない“三無主義”を学風として掲げ、7学部3研究科6附属病院からなる「健康総合大学・大学院大学」として教育・研究・医療そしてリベラル・アーツを通じて国際レベルでの社会貢献と人材育成を進めております。
https://www.juntendo.ac.jp/

メタジェンセラピューティクス株式会社について
代表取締役社長CEO:中原 拓
事業内容:マイクロバイオームサイエンスを活用した創薬・医療事業
本社所在地:山形県鶴岡市覚岸寺字水上246-2
東京事務所:東京都港区虎ノ門1丁目17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー 15階
https://www.metagentx.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)