医療・医薬・福祉

ガネットが運営する介護資格学校「日本総合福祉アカデミー」 講座を受講した職員の定着率92%を達成!

株式会社ガネット
一人一人のスキルアップに加え、職員同士のコミュニケーションも促進 社内のつながりを高めることにより高い定着率を実現!

全国104箇所に介護資格学校「日本総合福祉アカデミー」の教室を運営する株式会社ガネット (所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 藤田達也)は、日本総合福祉アカデミーの講座を受講した職員の定着率が92%を達成したことをお知らせ致します。






【介護業界の現状について ー高い離職率ー】

現在介護業界では、平成30年度の介護報酬改定と示された指針および来る2025年問題を踏まえ、地域包括ケアシステムの推進が求められています。そのためには、介護と医療の連携が不可欠であり、介護施設ではより専門的で重度化する介護ニーズに対応することが求められています。
しかし現在、介護業界の人材不足問題は深刻な問題となっています。介護事業所の職員へのアンケートによると、介護サービスの従業員が不足していると感じている割合は66.6%にのぼり、平成 25 年以降、4年連続で不足感が増加している結果となっています。また、離職率も非常に高く、勤続年数をみると65.2%の人が「1年~3年未満」で離職しています(介護労働安定センター H29「介護労働実態調査」より)。
介護業界の人材不足問題を解決し、適切な介護サービスを提供できるようにするためには、人材の新規創出だけでなく、働くうえでのサポートを充実化し職員の定着を図ることも必要不可欠になっています。


【職員定着率92%を達成!日本総合福祉アカデミーとは】

「日本総合福祉アカデミー」は、介護施設内・病院内に設置され、スキルアップに必要な介護の資格を取得することができるサテライト校(分校)です。今回、この分校制度を導入した企業・団体への調査の結果、講義を受講した介護職員の定着率が92%を達成いたしました(※) 。普段一緒に働いている仲間と一緒に受講することでコミュニケーションが活性化し、職員全体の帰属意識に繋がったのではないかと考えます。また、受講費用を企業・団体が負担することで資格取得がしやすくなり、より積極的に学ぶ姿勢が増えたことも、高い定着率の理由のひとつと考えられます。
(※)調査期間:2018/11/1~2019/1/31
(※)調査対象:2017/12/1~2018/12/31に研修サービスを修了した企業

導入した全国の施設の声を一部ご紹介
・普段は控えめな職員がキャリアアップへの積極性を見せるなど、研修を通して新たな一面が見られた。
・「実務者研修での成長を現場で活かすことができ、仕事が楽しくなった」との声があり、職員のモチベーションアップに繋がっている。
・分校があるからという理由で入社を決めた職員がおり、採用にも成果が出ている。数社受けている人からも入社先として選ばれることが増えた。
・以前に資格を取得していても、改めて勉強することで新たな発見があった。
・地域貢献事業に取り組んでいる企業として信頼感、安心感を持っていただけた。


株式会社ガネット『日本総合福祉アカデミー』について

株式会社ガネットは介護・医療にまつわる多数の講座を受講できる、介護資格取得学校「日本総合福祉アカデミー」を運営している企業です。関東・東海・関西を中心に、介護施設内・病院内にサテライト校(分校) を設置する業界初のビジネスモデルを展開しております。分校は全国で104箇所にて開校。昨年は合計715名の修了者を輩出しております。


職員定着率92%、満足度82.5%!(※)『日本総合福祉アカデミー』の豊富な研修内容

※2017/12/1~2018/12/31に研修を修了した企業担当者
介護職員のスキルアップには資格取得が不可欠ですが、地域によっては資格学校への通学に時間やコストがかかり仕事と学習時間の両立が困難となるケースも多くなっています。介護施設内で実務者研修を開講する事で効率よく通学ができ、受講生の学習意欲も高く維持ができる事から、仕事に対するモチベーションアップにも繋がります。また、独自のWEBサイト「分校Webサイト(URL:https://nsf-ac.jp/)」を通じて受講生の募集活動を実施し、介護施設職員の新たなキャリアステップとして講師登録や登壇などを実施いたします。

実務者研修
実務者研修は、厚生労働省指定の研修講座であり、国家資格である介護福祉士の受験要件となっています。介護職員が通常の実務では習得しにくい体系的な医学知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて習得することが可能です。

喀痰吸引等研修
喀痰吸引等研修は、厚生労働省指定の研修講座であり、介護の職域に新たに追加された医療的業務の従事に向けた研修内容となっています。医療的ケアなどの専門的ニーズの高まりによって、今後不可欠となる教育内容です。当校では、不特定多数対象の「喀痰吸引」「経管栄養」「救急蘇生法」の講座を受講できます。



◆実力保証の講師陣が研修をサポート!



医療科目講師
大津 陽子
国立名古屋病院付属高等看護客員卒。
日本大学板橋病院ICU解説時に就職し、親族外科のICU看護を経験。




介護科目講師
稲垣 貴久
南海福祉専門学校
介護福祉科 卒。
介護現場での経験を経て介護支援専門員の業務に携わる。




医療科目講師
菊地 絵里加
北海道稚内高等学校 看護科卒。
看護師の資格取得後、大阪府にて看護業務にあたる。


【会社概要】
会社名 :株式会社ガネット
代表者 :代表取締役社長 藤田達也
設 立 :2008年2月4日
資本金 :2,000万円
事業内容:介護事業―全国100校を誇る日本総合福祉アカデミーの運営
          介護人材の教育プラットフォームの「Gケアネット」開発・運営
          医療・福祉向け資格付与、教育コンサルティング
          一般企業向け「介護離職低減プログラム」の販売・運営
     人材事業―新卒採用コンサルティング・アウトソージング
          各種就活リアルイベントの開催
          採用ツールの企画・制作
          学生向け情報発信サイト「ジョビー」の運営

所在地 :〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1号館7F
URL  : http://gannet.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会