医療・医薬・福祉

ドレーゲルジャパン株式会社:人工呼吸治療の影響を可視化し、より安全な状態へと導くEIT装置 「Drager PulmoVista 500 (SW1.12)」を発売

ドレーゲルジャパン株式会社

ドイツの医療機器及び安全機器メーカー Drägerwerk AG & Co. KGaA の日本法人ドレーゲルジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:八木 史希)は、人工呼吸治療においてリアルタイムでは見れなかった肺内の不可視エリアを継続的に可視化することで、肺保護に役立つ情報を継続的に、非侵襲的に観察、より安全な状態へと導くサポートをするEIT (Electrical Impedance Tomography)装置 、Dräger PulmoVista 500を2022年4月中旬より発売いたします。

すべての人工呼吸器患者の内、約23%がARDSを発症すると言われ、人工呼吸器関連肺傷害(VALI)が原因である可能性があると指摘されています。*¹ また、ARDS患者の内、約40%はARDSと診断されず、重症度によりARDSの死亡率は約45%にも上るといったデータもあります。*¹ そして、ARDS治療後の患者約50%は、ICU-AW(ICU Aquired Weakness)により1年後に社会復帰できないと言われています。*² このようなリスクを早期検知し、最小化するためには個々の患者様に合ったより良い換気療法を選択し、状態を安定化させることが大切ですが、従来型のモニタではVALIの要因である肺胞の過膨張、虚脱再開通等といった肺区域の特定ができませんでした。
詳細ムービーはこちら:



Dräger PulmoVista 500を人工呼吸器Dräger Evita Vシリーズと組み合わせて使用する事で、イメージ支援型肺保護アプローチの実施及び、気道内圧など人工呼吸器の異なる設定に対する反応の分析を可能にします。これにより、適切な治療方針を見出し、VALIの低減につなげるサポートをします。ベッドサイドで治療結果をアセスメントできるので、患者様に負荷をかけず、人工呼吸器の治療方針を見出す事に役立ちます。
詳しくはこちら:https://www.draeger.com/ja_jp/Hospital/Electrical-Impedance-Tomography?cid=pr-jp-2022-04-12-ja-jp-medical-pv-pr-times
製品画像:





Making ventilation visible  PulmoVista 500(SW1.12)



■ドレーゲルジャパン株式会社について
ドイツの医療機器および安全機器メーカー Drägerwerk AG & Co. KGaAの日本法人です。「急性期医療のスペシャリストとして、急性期医療をより良くする」をメディカル事業部のミッションとし、医療機器及び関連IT&ソリューション(麻酔器、人工呼吸器、保育器、患者モニタ&IT、シーリングサプライユニットや手術用照明機器、関連アクセサリなど)を販売しています。幅広い製品ポートフォリオと高い技術力で急性期医療を全面的にサポートします。医療従事者の皆様と共に急激に変化する医療環境を見据え、患者様のQOLの向上及び、医療従事者の皆様の業務改善に貢献します。また、セイフティー事業部では、保護メガネ、呼吸用保護具、化学防護服、ガス検知警報器、アルコール検知器等の安全機器を販売しています。ドレーゲル社は、生命を守るテクノロジーに特化した企業です。詳しくは、ドレーゲルホームページをご覧ください: https://www.draeger.com

Dräger. Technology for Life(R)
Drägerは「メディカル」・「セイフティー」技術分野におけるグローバルのリーディングカンパニーです。1889年に創業を開始し、2021年度には 約33億ユーロの収益を達成しました。ドレーゲルグループは現在190以上の国に支社を構え、15,000人以上の従業員と共に「Technology for Life -生命を守るテクノロジー」を実現するため、尽力しています。

出典*¹ Bellani et al., ‘Epidemiology, Patterns of Care, and Mortality for Patients With Acute Respiratory Distress Syndrome in Intensive Care Units in 50 Countries’, JAMA, vol. 315, Feb. 2016.
出典*² Kamdar et al., ‘Joblessness and Lost Earnings after Acute Respiratory Distress Syndrome in a 1-Year National Multicenter Study.’, Am J Respir Crit Care Med., Oct. 2017.

Software version 1.12 and the PulmoVista 500 are manufactured by Drägerwerk AG & Co. KGaA.

EITモニタ PulmoVista 500 30400BZX00074000
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)