食品・飲料

CVCファンド「KIRIN HEALTH INNOVATION FUND」が尿中マイクロRNAの測定による、がんの早期発見検査を開発するCraif(クライフ)株式会社に出資を決定

キリンホールディングス株式会社
~ヘルスサイエンスのさまざまな領域に応用が期待できるマイクロRNAの可能性を探索~

 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、独立系ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレイン株式会社(社長 百合本安彦)と共同で設立したコーポレートベンチャーキャピタル(以下、CVC)※1ファンド「KIRIN HEALTH INNOVATION FUND(キリン ヘルス イノベーション ファンド)」を通じて、尿に含まれるマイクロRNA※2を用いたがんの早期発見検査を開発するCraif株式会社(CEO 小野瀬 隆一、以下「Craif社」)に、2022年3月29日(火)に出資しました。  ※1 事業会社が自己の資金を拠出することで主にファンドを組成しスタートアップ企業に投資をすることや、     スタートアップ企業へ投資するための組織のこと。     多くの事業会社は、自社の事業内容と関連性のある企業に投資し、シナジー創出や新規事業創出を目的とする。  ※2 がんをはじめとして様々な疾患の発症・悪性化に関与する生体内分子


 キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※3先進企業となる」ことを目指しています。その実現に向けて、既存事業の「食領域」(酒類・飲料事業)と「医領域」(医薬事業)に加え、キリングループが長年培ってきた高度な「発酵・バイオ」の技術をベースにして、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス領域」(ヘルスサイエンス事業)の立ち上げ・育成を進めています。
 ※3 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

■Craif社について
 Craif社は、尿からマイクロRNAを高精度に測定可能にする独自技術を持つ、名古屋大学発のスタートアップ企業です。世界規模で高齢化が進む中で、がん患者数は年々増加傾向にあります。一方で、がんの早期発見に重要ながん検診は、特定できるがん種が限定的であることに加え、手間や費用、身体的負担も掛かることから、日本では先進国で最も低い受診率※4となっています。従来の血液検査とは異なり、Craif社は尿からマイクロRNAを網羅的に捕捉する独自技術により、体に負担のない方法で、がんの早期発見を可能にしています。またマイクロRNAは、近年ヘルスサイエンス領域におけるバイオマーカー※5としての可能性が明らかになりつつあり、がん以外のさまざまな健康課題の早期発見に応用できる可能性を秘めています。同社の技術力と、キリングループが持つ知見を掛け合わせ、幅広いヘルスサイエンス領域における活用の可能性を探索していきます。
 ※4 出典 大阪国際がんセンターHP:https://oici.jp/ocr/examination/improvement.html
 ※5 特定の病状や生命体の状態の指標となる物質

■Craif社が取り組むマイクロRNAの研究について
 マイクロRNAは細胞から分泌される生体物質であり、がん細胞と正常細胞では分泌されるマイクロRNAの種類や量が異なります。がん細胞のマイクロRNAは、血液検査・画像診断・内視鏡などでは発見しにくい、早期段階のがんから分泌される物質です。同社は独自デバイスを使ってマイクロRNAを高効率に測定し、高精度に解析することができるため、従来よりも早期の段階で、がんのスクリーニングが可能となります。また、これらの技術により、

特定の健康課題に対して特異に反応するバイオマーカーを探索し、そのメカニズムを推定することができるため、同社の技術は、がん以外の健康課題の領域における早期スクリーニングを実現する技術としても期待されています。

■CVCファンド「KIRIN HEALTH INNOVATION FUND」について


 当社は本CVCファンドを通じて、ヘルスサイエンス関連の先端技術や顧客体験の向上を実現するソリューションなどを対象とした、革新的な技術やビジネスモデルを有する国内外のスタートアップ企業へ投資を行っています。短期的なシナジー創出にこだわらず、中長期的な視点で価値創出が見込めるスタートアップを対象に、スタートアップ企業が持つ新たな発想や技術とキリングループのヘルスサイエンス領域の強みや資源を掛け合わせることで、お客様の生活を豊かにする魅
力的な価値を創出していきます。

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

■企業概要
(1)CVCファンド「KIRIN HEALTH INNOVATION FUND」概要

名称      KIRIN HEALTH INNOVATION FUND
        (登記上の名称)KIRIN・GB投資事業有限責任組合
投資対象    国内外のヘルスサイエンス領域に関連したスタートアップ企業
組成時期    2020年3月
運用総額    50億円
運用期間    10年間
無限責任組合員 グローバル・ブレイン株式会社

(2)グローバル・ブレイン株式会社の概要
会社名     グローバル・ブレイン株式会社
所在地     東京都渋谷区桜丘町10-11
代表者     代表取締役社長 百合本 安彦
設立      1998年1月
事業内容    ベンチャーキャピタル事業
URL      https://globalbrains.com/

(3)Craif社の概要
会社名     Craif株式会社
所在地     〒113-0034
        東京都文京区湯島2丁目25番7号本郷ITPオフィス5階
代表者     代表取締役CEO 小野瀬 隆一
設立      2018年5月
事業内容    尿中マイクロRNA測定による早期がん発見を可能とする検査キットの開発・提供
URL      https://craif.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)