企業向けシステム・通信・機器

泉北ニュータウン地域の居住者及び来街者の皆さまを対象にヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北 」実証実験フェーズ2開始

株式会社NSD
~新機能を追加し、 健康関連事業者等との「成功報酬型」ビジネスモデルの検証 を実施~

株式会社NSD(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:今城 義和、以下「NSD」)と南海電気鉄道株式会社(本社:大阪市浪速区、社長:遠北 光彦、以下「南海電鉄」)は、2022年4月12日から8月31日まで、ヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北」を用いた実証実験のフェーズ2を実施します。


両社では ヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北」の共同開発を進めており、2021年12月から実証実験フェーズ1を実施しました。
詳細は2021年10月14日付ニュースリリースhttps://www.nsd.co.jp/news_pdf/news211014_1.pdfをご参照ください。

本実証実験フェーズ2では、泉北ニュータウン地域の居住者及び来街者に対して、イベント参加とバイタルデータの記録による運動習慣の定着と行動変容を図るとともに、健康支援サービス事業者の利用を促し、サービス(商品)購入につながった場合に紹介料を得るなど成功報酬型のビジネスモデルが確立可能か検証します。
なお、ヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北」は引き続き無料提供とし、バイタルデータの記録ツールとして利用 できるほか、泉北ニュータウン地域のイベント情報の発信や実店舗と連携したポイント付与・利用など新たな機能 を追加します(詳細は下記のとおりです)。ぜひダウンロードし、ご利用ください。

今後、本取組みで得た知見を生かし、泉北ニュータウン地域と同様の課題を抱える他地域への展開も目指してまいります。

※「へるすまーと泉北」とは、シニア世代の運動&計測習慣づくりを通じて、生活習慣病等の予防と健幸年齢の向上に寄与する事で、堺市のSENBOKUスマートシティ構想のコンセプト「Live SMART, Play SENBOKU~暮らし愉しむ、アソビのあるまち~」を実現するためのツールです。

ヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北」実証実験フェーズ2について

1.期間
2022年4月12日~8月31日(予定)

2.対象
泉北ニュータウン地域の居住者及び来街者
(実証実験フェーズ1では、南海電鉄の主催イベント参加者60名を対象としていましたが、実証実験フェーズ2では、対象者を拡大しています。)

3.概要
「へるすまーと泉北」は、シニアの運動&計測習慣づくりを行うことで生活習慣病等の予防と行動変容を促すツールで、実証実験フェーズ2では、個人の自発的な健康づくりとコミュニティ支援を継続するとともに、未病領域での健康支援サービス事業者の利用を促し、サービス(商品)購入につながった場合に紹介料を得るなど成功報酬型のビジネスモデルが確立可能か検証します。

4.各社の役割
NSD:アプリの企画・設計・運用
南海電鉄:健康関連イベントなどコミュニティ事業を開催、地域情報の収集・発信
※両社では医療機関等とも連携し、新しいビジネスモデルが確立可能か検証します。

ヘルスケアアプリ「へるすまーと泉北」の主な機能と特徴





【お問い合わせ先】
NSD ヘルスケア推進部 TEL:06-6442-1333

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)