美容・健康

「国際DNAの日」記念!アトラス遺伝子検査キット、腸内フローラ検査キットを通常価格から10000円引きの19,800円でご提供

アトラス日本合同会社

世界で唯一、遺伝子と腸内フローラの検査結果を統合したレポートを提供しているパーソナライズドヘルスソリューション企業、アトラスバイオメッド(本社:英国ロンドン、CEO:セルゲイ・ムシエンコ)の子会社であるアトラス日本合同会社(住所:東京都渋谷区、代表者:セルゲイ・ミュシエンコ、以下アトラス日本 https://atlasbiomed.co.jp/)は、4月25日の「国際DNAの日」を記念して、より多くの方々に検査キットを体験していただくため、4月10日から25日まで、検査キットを通常価格より10,000円引きの19,800円(税込み)で提供します。



国際DNAの日は、毎年4月25日に祝われる記念日です。記念日設定のきっかけは1953年4月25日に分子生物学者のジェームズ・ワトソンとフランシス・クリックらが科学雑誌『ネイチャー』にデオキシリボ核酸(DNA)の構造を論文として出版したことに由来しています。

以来、多くの科学者がヒトゲノムを研究してきました。これらの研究からわかってきたのが、遺伝子と人間の健康 における明確な関連性です。すなわち、疾病リスク、代謝、食物不耐症、個人が持つ特性などに遺伝子がどのように関連しているかということです。現在では、テクノロジーの飛躍的な進歩により、自分自身について DNA が持つ多くの情報を知ることが可能になりました。

アトラス日本の検査キットは、生活習慣病などの疾病リスクとその可能性のほか、より自分の遺伝子レベルの特性を知りたい、自分に合った食生活、ライフスタイルが知りたいと願う人に最適なツールです。「アトラス遺伝子検査」では、唾液サンプルからユーザーの DNA 分析を行い、遺伝情報を解釈し、ライフスタイル改善に向けた様々なヒントやアドバイスをウェブサイトを通じて提供しています。https://atlasbiomed.co.jp/dna

「アトラス腸内フローラ検査」のユーザーには糞便サンプルからお客様の腸内環境を改善するための推奨食品に関する情報を提供します。さらに、遺伝子と腸内フローラ両方の検査を受けたユーザーは検査データを統合して、さらに精度の高い分析・解釈レポートを入手することができます。アトラスバイオメッドはこの統合レポートを提供できる唯一のヘルステック企業です。

10,000円オフキャンペーン概要:


実施期間 2022年4月10日から25日23時59分まで
対象製品 

アトラス遺伝子検査キット  https://atlasbiomed.co.jp/dna
アトラス腸内フローラ検査キット https://atlasbiomed.co.jp/microbiome


購入価格 通常29,800円が19,800円(税込)
購入方法 https://atlasbiomed.co.jp から購入


DNA研究の変遷
1990年、世界中の科学者が集まり、ヒトゲノムの関連付けおよび体系化(マッピング)を開始しました。「ヒトゲノム・プロジェクト」と呼ばれるこのプロジェクトでは、6カ国の約2,000人の科学者が、ヒトのDNAのヌクレオチド(ヌクレオシドにリン酸基が結合した物質)をマッピングする作業に取り掛かりました。その過程で、ヒトは他の生物種と遺伝子を共有していることが判明しました。このプロジェクトでは、酵母、マウス、ミバエなど、すでに科学でよく研究されている生物種が体系化されました。

2000年6月26日、ヒトゲノムの最初の草案が発表され、2003年4月、完成したヒトゲノムが公開されました。ヒトゲノムの体系化は医学と研究に大きな変化をもたらしました。ヒトゲノムが解読された直後、ヒトゲノムに関連するデータをさらに研究し、カタログ化するために、2003年にENCODE(Encyclopedia of DNA Elements)プロジェクトが発足しました。ヒトゲノムの解読は、日本も参加した国際プロジェクトによって2003年に完了が宣言されたものの、実際には当時の技術では解読困難な部分が8%残っていました。しかし2022年3月、人の遺伝情報「ヒトゲノム」を完全な形で解読したと、米国立ヒトゲノム研究所などの国際チームが科学誌「サイエンス」で発表しました。東京大名誉教授(ゲノム科学)の榊佳之氏は「病気との関係以外にも、人類進化の歴史や細胞分裂の仕組みなど幅広い分野での新発見が期待できる」と述べています。https://www.yomiuri.co.jp/science/20220403-OYT1T50136/

製品および関連サービスについて
「アトラス腸内フローラ検査」
ユーザーの糞便サンプルから微生物遺伝子を解析、解釈、可視化します。この検査でユーザーの腸内フローラの酪酸・ビタミン合成能力、食物繊維の分解能力、腸内フローラの多様性、プロバイオティクスと善⽟菌の状態を評価します。さらに2型糖尿病、クローン病などの5の疾患の発症リスクから腸内フローラがどの程度保護してくれているかを評価します。さらに腸内フローラのタイプを判定し、検査結果を基に、パーソナライズされた食事に関するアドバイスを提供します。

「アトラス遺伝子検査」
ユーザーの唾液サンプルから遺伝子データを解析・解釈・可視化します。予防・改善可能な疾患発症リスクにフォーカスした検査です。この検査によって2型糖尿病、クローン病、パーキンソン病などの13の多因子疾患発症リスクを評価するとともに個人特性・形質を判定します。科学的根拠に基づいたパーソナライズされた健康増進アドバイスを提供します。

アトラスバイオメッドについて
アトラスバイオメッドは、2016年にイギリスで設立されたヘルステック企業です。遺伝子および腸内フローラ領域の最先端技術と、ユーザーの遺伝子、腸内フローラ、ライフスタイルデータを組み合わせることで、健康状態を多面的に把握します。それらをもとにパーソナライズされたアドバイスを提供し、健康に関する意識向上及びデータに基づいた意思決定を支援できる世界唯一の企業です。アトラスバイオメッドの検査キットは、日本を含む世界16か国で販売されています。アトラスバイオメッドならびに検査キットに関しては https://atlasbiomed.co.jp/ をご参照ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)