美容・健康 インテリア・雑貨

プロジェクト開始からわずか3時間で目標金額達成!多機能シャワーヘッド「MiniBle i」

株式会社uniicreative
海外のデザイングッズやクリエイティブブランドを日本に紹介するuDesign(ユーデザイン、運営会社:株式会社uniicreative、代表者:LEE YEN FU、本社:台湾)が、2022年3月23日(水)14時より応援購入サービスMakuakeにてシャワーヘッド「MiniBle i」の予約販売開始し、プロジェクト開始からわずか3時間で目標金額を達成しました。


Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/minible_i/
※プロジェクトは2022年5月20日(金)18時まで公開中です。

「MiniBle i」のプロジェクトは、応援購入サービスMakuake公開初日わずか3時間で目標金額を達成。現在応援購入総額は300万円近くに達し、サポーター数は300人を突破。現在もなお好記録を更新し続けています。MiniBle iはご家庭のシャワーヘッドを取り換えるだけで、節水、浄水、美容効果を叶えてくれる理想の一台です。




●MiniBle i(ミニブル アイ)とは
MiniBle(ミニブル)とは、台湾を拠点に新技術の研究を行ってきたHerherS(ハーハーズ)が開発したマイクロバブル関連商品です。MiniBleシリーズは、台湾ではこれまで合計3万世帯に設置されてきました。シャワーヘッド「MiniBle i」は、2020年日本に先駆け台湾市場でクラウドファンディングが行われ、累計約8,000台を販売しました。




●MiniBle i の特徴
(1)業界最多クラス、4億個発生するマイクロバブル
MiniBle iはマイクロバブルを1ccあたり4億個発生させることに成功しました。バブルが毛穴の汚れを吸着することで、余分な皮脂や古い角質を取り除き、お肌に潤いを与えます。また、髪の絡まりや静電気の発生を抑制し、するんと指通り良い髪を取り戻します。




(2)99.9%の塩素除去効果
MiniBle iのハンドルはSGS認証を取得済みで、99.9%の塩素除去効果を持っています。水道水中の残留塩素を徹底的に除去することで、塩素による健康への害をやわらげ、お肌が敏感な方にもおすすめです。





(3)最大節水効果37%
MiniBle iは、最大37%の節水率を達成することが試験で確認されており、年間約10,950リットル、ペットボトルにして水17,000本に相当する水を節約可能です。





Makuakeプロジェクトページ:
https://www.makuake.com/project/minible_i/
※プロジェクトは2022年5月20日(金)18時まで公開中です。

■製品スペック
・製品名:塩素除去マイクロバブルシャワーヘッド
・グリップねじ種類:G1 / 2
・使用水量:9~16L/分
・使用水温:10~50℃
・主な材質:ABS、シリコン、ステンレス
・本体寸法:約98.6×42.8×260(mm)
・本体重量:約180g
・メーカー名:Herher Synergy Corp.
・生産国:台湾

■製造メーカー:Herher Synergy Corp.
HerherSは、「人々の生活の向上」と「環境保護」を同時に実現する商品を設計することを目指し、2017年10月に台湾に設立された企業です。
2020年日本に先駆け台湾市場でクラウドファンディングが行われたシャワーヘッド「MiniBle i」は、累計約8,000台の販売実績を実現。その後も MiniBleシリーズは台湾で愛され続け、累計3万世帯に設置されました(2022年1月時点)。

■運営チーム:uDesign(ユーデザイン)
uDesignは2017年台湾を拠点に立ち上げられた、株式会社uniicreativeが運営するECサイトです。
2019年より台湾、日本、アメリカなど、世界各地でクラウドファンディング事業を行い、プロジェクト総実施件数は100件を超え、10万人以上のサポーター様からご支援いただきました。台湾と海外を繋ぐ、グローバルなECプラットフォームを目指しています。

■お問合せ先
uDesign(運営会社:株式会社uniicreative)
メールアドレス:makuake@uniicreative.com
担当:国際事業部
電話番号:03-6894-3251

Facebook :https://www.facebook.com/uDesign.Japan
Twitter:https://twitter.com/uDesign_Japan
Instagram:https://www.instagram.com/udesign_japan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)