美容・健康 アパレル・ファッション

ムギュムギュ指圧で日々の筋肉の"疲れ"や"コリ"をほぐす“おうち履き”「ルームリゲッタ ポカドッツ」が、Makuakeにて先行予約発売スタート!

株式会社リゲッタ
ー足裏のツボに合わせた68箇所の指圧器が血行を促進。履くだけ簡単ヘルスケア。ー

株式会社リゲッタ(本社:大阪市生野区 代表取締役社長 高本泰朗)は、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」にて、2022年4月13日(水)~5月6日(金)の24日間限定で、手軽に筋肉の"疲れ"や"コリ"をほぐす指圧器付きサンダル「ルームリゲッタ ポカドッツ」の先行予約販売を開始致します。



一日中靴の中に押し込まれている足。
外回りのお仕事やお出かけなど、現代人は足を酷使しています。
気がつかないうちに疲れが溜まり、血行不良からくる悩み、“むくみ”や“冷え”などよくある足の不調から、肩こり、腰痛に至るまで、体のルーツである足のコンディションは全身に深く関係しています。
そんな現代人の疲れた足をほぐし、血行をよくすることで蓄積された筋肉の疲れをとる。
それがROOM RE:GETA pocadots(ルームリゲッタポカドッツ)です。


商品特徴

1.“68個”の指圧器が足裏のツボを指圧
足裏にあたる面には、ツボに合わせた両足68箇所に指圧器がついています。
この指圧器が足裏の血流を促すことで、筋肉のコリをほぐし、疲れをとってくれます。







2.硬さの違う2種類のスプリングが気持ち良さのヒミツ
足裏に圧力のかかりやすい箇所には硬めのスプリング、圧力のかかりにくい箇所には柔らかいスプリングを配置しています。
このスプリングの強さを変えた設計により、人間の手で指圧を施されているような適度な“指圧感”を体感できます。





3.指圧器は着脱自在で好みの履き心地にカスタマイズ可能
足は「第2の心臓」ともよばれるほど、人間の体にとっては重要な働きがあり、体の重要な「ツボ」が集まっています。
また、その時々の身体のコンディションによって刺激を感じる箇所も変わります。
「ルームリゲッタ ポカドッツ」の指圧器は付け外しが可能なので、いつでも手軽に自分だけの“オリジナル指圧器サンダル”を作ることができます。





Makuakeプロジェクト詳細

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」に、筋肉の“疲れ”や“コリ”をほぐす指圧器付きサンダル「ルームリゲッタ ポカドッツ」が登場。
最大42%の割引で購入でき、2022年夏の一般発売に先駆け手に入れることができます。





【 About Re:getA(リゲッタ) 】
株式会社リゲッタは、靴製造が盛んな大阪市生野区にて1968年に『タカモトゴム工業所』として創業し、2005年に靴職人兼デザイナーであり、代表取締役社長の高本 泰朗(たかもと やすお)が日本の履物の代表である「下駄」の良さを生かしつつ、現代風のエッセンスを加えた日本製シューズ・ブランド「リゲッタ」を立ち上げました。
2019年には、株式会社リゲッタに社名を変更し『楽しく歩く人をふやす』という理念のもと、新しい価値や製品を発信、創造する企業として日々励んでおります。
詳細については https://www.regeta.co.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)