美容・健康 流通

美容皮膚科医の8割以上が“ヒト幹細胞培養液”のスキンケア商品をおすすめすると回答!今注目のヒト幹細胞培養液、成分が“配合”されていることだけで選んでいませんか?

株式会社ソリゾ
ヒト幹細胞培養液の「配合量」を見極めることが大切!?

株式会社ソリゾ(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:山中 妙華子)は、美容皮膚科医を対象に、「スキンケア化粧品×ヒト幹細胞培養液」に関する調査を実施しました。


“ヒト幹細胞培養液”という成分をご存じですか?

“幹細胞”とは、新しい細胞を生み出し、肌細胞の再生をサポートしてくれる細胞です。
中でも“ヒト幹細胞”は、ヒト由来の幹細胞で医療や美容に使われることが多い細胞で、再生医療にも使用されています。

この“ヒト幹細胞”の培養液が配合されているヒト幹細胞スキンケア化粧品が、今注目を集めています。
ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品は、美容成分を補うだけでなく、自分の肌の細胞を活性化させて内側から美しい肌を作ろうというものです。

中にはすでに使用経験がある方もいるかと思いますが、“配合”の言葉だけで選んでいませんか?
ヒト幹細胞スキンケア化粧品を選ぶうえで大切なことは、「ただ」配合されているかではなく、「どれくらい」配合されているかです。
お悩みの改善や綺麗な肌を保つためにヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品を買ってみたものの、含有量が少ないために効果が得られないのはもったいないですよね。

より満足の得られるヒト幹細胞スキンケア化粧品に出会うためにも、正しい知識と選び方をしっかりと知っておくことが大切です。

そこで今回、『REBORNA SERUM(リボーナセラム)』https://reborna.jp/)を販売する株式会社ソリゾは、美容皮膚科医を対象に、「スキンケア化粧品×ヒト幹細胞培養液」に関する調査を実施しました。


【衰えていく肌…】ターンオーバーの乱れは様々なトラブルを引き起こす!

いつまでもきれいな肌を保つためには、毎日のスキンケアが大切です。
しかし、年齢や外部の刺激で肌細胞が衰えるとターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。
まずは、ターンオーバーが乱れることで起こり得る肌トラブルについて教えていただきましょう。





「肌のターンオーバーが乱れることで起こると考えられる肌トラブルについて教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『ニキビ・吹き出物(44.5%)』『肌荒れ(43.9%)』『シミ(36.1%)』『乾燥(33.8%)』『くすみ(32.0%)』『しわ(27.1%)』『たるみ(20.6%)』と続きました。

ターンオーバーが乱れることでバリア機能が失われ、様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。

そのため、肌トラブルを防ぐためにも、スキンケアなどでターンオーバーの乱れを正常に戻すことが必要です。
では、注目度が高まるヒト幹細胞培養液ですが、ターンオーバーをサポートする働きは期待できるのでしょうか?

そこで、「ターンオーバーをサポートするために、ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品を使用することをおすすめしますか?」と質問したところ、『とてもおすすめする(31.4%)』『おすすめする(51.3%)』と8割以上の美容皮膚科医が「おすすめする」と回答しました。

自発的な再生力が衰えてしまった肌には、活性をサポートするヒト幹細胞培養液がおすすめできるようです。
古い角質を取り除き、新しい細胞を作り出すサイクルを高めていくことが、若々しい肌作りの基本であると言えるでしょう。

多種あるヒト幹細胞培養液の中でも特に、ヒトさい帯血幹細胞培養液には、ターンオーバーをサポートする効果が大いに期待できるという回答が多く集まりました。
では、ヒトさい帯血幹細胞培養液には具体的にどのような美容効果が期待できるのでしょうか?


「“ヒトさい帯血幹細胞培養液”にはどのような美容効果が期待できますか?(複数回答可)」と質問したところ、『肌が柔らかくなる(42.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『肌が若返る(40.8%)』『肌荒れの改善(36.4%)』と続きました。

柔らかく若々しい肌をヒトさい帯血幹細胞培養液によってサポートすることができるかもしれません。


【意外とやりがち!】ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品の選び方

ヒト幹細胞培養液には、老化や肌荒れといった再生力が衰えた肌に嬉しい効果が期待できると言えそうです。

とはいえ、ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品も種類は様々です。
由来の違いや、配合濃度が違うことで、その効果を十分に得ることができない可能性があります。


そこで、「一般の方がヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品を選ぶ際にやりがちな失敗があれば教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『過剰な表記に騙される(54.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『成分を見間違える(35.5%)』『成分の含有量が少ないことに気づかない(34.0%)』『効果を引き出す使用方法ができていない(16.2%)』と続きました。

商品の中には、わずかな配合で幹細胞培養液化粧品と謳う商品があり、内容をしっかり確認せずに過大な広告に踊らされてしまうケースも少なくないようです。

続いて、「ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品を選ぶ際に注意すべきことを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『何由来の幹細胞培養液なのかを確認する(61.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『含有量を確認する(43.0%)』『その他の成分を確認する(25.8%)』と続きました。

先程の調査でも明らかになったように、幹細胞の種類を確認することは大事であることが窺えます。

また、配合されているといっても、一定以上の量がしっかり配合されていなければ十分な効果を期待することは難しくなってしまうでしょう。

化粧品の成分表示は、含有量の多い順に表記されています。(含有量1%以下の成分は順不同でも可)

例えば、


といったように商品によって様々であり、また多くの商品は水の配合率が最も高いため、スキンケア商品を選ぶ際は成分の記載順に注意することが重要です。



ヒト幹細胞培養液のスキンケア化粧品に+αのリポソーム加工!

ここまでの調査で、肌の内側からターンオーバーをサポートする浸透力が大切なことが分かりました。

その“浸透力”について、みなさんは“リポソーム加工という技術をご存じでしょうか?
リポソーム加工とは、レシチンというリン脂質でできた微粒子サイズの多層カプセルで成分を包み込み、角質層へ浸透させる技術です。
元々は医療分野において薬を体内に届けるために生まれた技術で、美容分野でもスキンケア成分を角質まで届けるのに役立つと言われています。

続いては、そんなリポソーム加工について聞いてみました。


「リポソーム加工は成分の浸透力を高めるのに効果がありますか?」と質問したところ、8割以上の方が『とても効果がある(29.1%)』『効果がある(56.9%)』と回答しました。

美容成分の種類によっては、肌の表面に留まっていて良いものと、肌の内側(角層まで)に浸透しなければ効果が発揮されないものがあります。
配合成分だけではなく、リポソーム加工がされているかということにも注意してみると、より良いスキンケア商品を選ぶことができるかもしれませんね。


【まとめ】ヒトさい帯血幹細胞培養液は、幹細胞培養液の中でも特に優れた培養液

今回の調査で、ヒト幹細胞培養液は老化や肌荒れと言った肌の悩みをサポートする効果が期待できると考えている美容皮膚科医が多いことが分かりました。
中でも“ヒトさい帯血幹細胞培養液”が含有成分の量と質の高さといった観点からより美容に良いとみているようです。

ただし、ありがちな商品選びの失敗として、過剰な表記に騙されたり、成分の含有量を確認せずに選んでしまったりすることがあるため、優秀な成分の効果を十分に得るためにも、成分の種類や量の確認は必須です。

適切に商品を選んで、いつまでも若々しい肌づくりをしましょう。


美しさを“引き出す”スキンケア「REBORNA SERUM(リボーナセラム)」




今回調査を行った株式会社ソリゾは、『REBORNA SERUM(リボーナセラム)』https://reborna.jp/)を販売しています。

REBORNA SERUMは「ヒトさい帯血幹細胞」(※1)の培養原液をベースに「NMN」(※2)を高濃度で配合しています。
さらに選りすぐりのシナジー成分をベストバランス(※3)で配合し、角質層への浸透力を重視して「nano化リポソーム加工」を施したこだわりの美容液です。
エイジングケアに定評のある成分を高濃度含有することで、内からの「素肌づくり」をサポートし、美しく生きる肌を目指します。

■内からの「素肌づくり」REBONAの2つの主成分
<ヒトさい帯血幹細胞培養液50%配合>
ヒトさい帯血幹細胞培養液は幹細胞が作る500種類以上のタンパク質成分を含有します。
そこには、内因性のタンパク質である因子が200種類以上含まれていることが報告されており、お肌のターンオーバーをサポートします。
培養原液50%の配合率。

<NMN(ニコチンアミドモノヌクレチオド)>
ビタミンB3に含まれる成分の一つで、加齢とともに減少してしまいます。
エイジングケア※で注目されている成分です。
※年齢に応じた化粧品等によるケア

■主成分とのシナジー効果の高い成分をベストバランスで独自配合
2つの主成分に加え、今までの美容液では主役級の成分を互いに助け合うようベストバランスで配合しました。
お肌を外部の刺激から守り、素肌の美しさを保ちます。


■導入美容液として、角質層へ浸透を促すナノ化リポソーム加工
こだわりの成分をしっかりと届けることにフォーカスし、1ミリの5,000分の1前後という微粒子カプセルに包んで、美容成分を角質層まで送り届ける技術を採用。




■REBORNA SERUM の使い方
<使うタイミング>
REBORNA は導入型美容液ブースターの役割も持っていますので、
洗顔後のファーストステップで、お使いいただく事をお勧めします。
洗顔後のお肌は急速に乾燥し始めますので、直後のご使用をお勧めします。

<量>
1回の使用量はスポイト先端から3cmくらい中ほどまで
乾燥やシワなど気になる部分には重ね付けをお勧めします。

<使い方>
手のひらで包み込むようにお顔全体に優しくハンドプレスし馴染ませてください。

※1:ヒトさい帯血幹細胞培養上清液。整肌成分
※2:ニコチンアミドモノヌクレオチド。整肌成分 
※3:自社研究による適正な配合率のこと

<リボーナセラム30mL>
単品価格:24,000円(税込)
定期購入価格:16,800円(税込・送料無料)※休止・解約はいつでも可能

■REBORNA SERUM(リボーナセラム):https://reborna.jp/
■お問い合わせ:https://reborna.jp/pages/contact

調査概要:「スキンケア化粧品×ヒト幹細胞培養液」に関する調査
【調査期間】2022年2月9日(水)~2022年2月10日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,009人
【調査対象】美容皮膚科医
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)