医療・医薬・福祉

【4/25開催ウェビナー】TXP Medicalが伊藤忠商事&UTECをゲストに迎えウェビナーを開催します!

TXP Medical
既存のビジネスドメインである救急医療事業を梃子とした医薬品開発支援・医療データ事業、オンコロジー事業、海外事業など新たな事業展開について経営者と投資家が議論します!

救急医療データプラットフォーム NEXT Stage ERを提供するTXP Medical株式会社は、伊藤忠商事株式会社および既存投資家である株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズを引受先とする第三者割当増資を実施し、シリーズBラウンドとなる約15億円の資金調達を2022年4月に完了いたしました。本資金調達を機に、より一層事業を加速させるべく採用を強化しています。本ウェビナーは、TXP Medicalの次のビジネスプランについて総合商社、ベンチャーキャピタルそれぞれの視点をご紹介の上、ディスカッションをする予定です。




【ウェビナー概要】
本ウェビナーでは、TXP Medicalが解決する課題とソリューション、現在のビジネスの進捗状況、そして医薬品開発支援・医療データ事業、オンコロジー事業、海外事業などの新たな事業展開についてご紹介いたします。

TXP Medicalは「医療データで命を救う。」をミッションに、救急外来向けの業務プラットフォームNEXT Stage ER、集中治療室向けのNEXT Stage ICU、救急隊の活動を支援するNSER mobileをメインプロダクトとして病院や救急隊向けに提供しています。

この度の資金調達を機に、TXP Medicalはこれらの既存事業の拡大ペースをスピードアップすると共に、医療情報の分断の解決を更に広い領域に対して行うべく、複数の新規事業の立ち上げと推進に注力します。

また、伊藤忠グループとの事業シナジーについて、スタートアップ、総合商社、ベンチャーキャピタルそれぞれの視点をご紹介の上、ディスカッションをする予定です。

TXP Medicalのミッション「医療データで命を救う。」にご興味がある方は是非本ウェビナーをご視聴ください!

▼ 本ウェビナーのお申込みはこちら
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN__OwWt4QQTa6JgWZQtq066g

【こんな方にオススメ】
・医療DXサービスの実情に興味がある方
・事業連携を検討されている方
・医療スタートアップへの転職を検討されている方

■開催日時:
2022年4月25日(月)18:00~19:00
(開始5分前から入室いただけます)

■参加費:
無料

■会場:
ZOOM

■登壇者情報

TXP Medical株式会社
代表取締役 / 医師 園生 智弘

東京大学医学部卒業。東京大学病院、日立総合病院で主に救急集中治療の臨床業務に従事。 臨床業務の傍ら、急性期向け医療データベースの開発や、これに関連した研究を複数実施。自身で開発した救急医療情報システムNEXT Stage ERを中心に事業化し2017年8月、TXP Medicalを創業。医療現場における適切なITの活用に関して学術界・産業界に積極的な発信を続けている。

TXP Medical株式会社
取締役 COO 恩田 淳

アクセンチュア戦略グループ及びアナリティクスグループにてモバイル・医療機器・官公庁・エネルギー業界を中心とした事業戦略やオペレーション改革、ビッグデータ関連のプロジェクトに従事。その後、JMDCにて主に生保業界や医療保険者を対象とした新規事業の開発や医療ビッグデータ解析プロジェクトをリードした後、現職。

伊藤忠商事株式会社
情報・金融カンパニー フロンティアビジネス部長 浅野 哲也

1995年伊藤忠商事入社。システムインテグレーター出向、ニューヨーク駐在、ビジネスソリューション部、健康管理サービス会社出向、医薬マーケティング会社取締役、機械経営企画部、情報・通信部門企画統括課長、情報産業ビジネス部長を経て、2022年4月より現職。入社後一貫して、IT・ヘルスケア領域での事業開発・投資、経営企画に携わる。

株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ
プリンシパル 小林 宏彰

東京大学医学部卒業。東京大学附属病院等での救急集中治療の臨床業務に従事。救急専門医取得。2014年に創業期の医療機器スタートアップに参画し国内外での事業立ち上げを推進。2018年に米国ミシガン大学経営学修士(MBA)を取得後、2019年UTECに参画しライフサイエンス・ヘルスケア領域の投資を担当。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)