医療・医薬・福祉

3月3日「耳の日」に、より良い「聞こえ」をより多くの方に実感          シグニア補聴器試聴レンタル「春のキャンペーン」開始

シバントス株式会社

 シバントス株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:申 東一(デイビッド シン))は、3月3日の「耳の日」*¹にあたり、より良い「聞こえ」をより多くの方々に実感いただくため、シグニア補聴器試聴レンタル「春のキャンペーン」を2020年2月26日(水)より全国で実施しています。
 

補聴器所有者の89%が補聴器の使用によって生活の質が改善し、「安心感」「会話のしやすさ」「自分自身の気持ち」「職場での人間関係」をはじめ様々な面で大変良い影響を受けたことが報告されています*²。一方で、補聴器購入の検討時や購入後に不安を感じる方も少なくありません。世界シェアトップクラスの補聴器メーカーとして聴覚ケア業界をリードするシバントスは、本キャンペーンが、そのような不安を少しでも解消し、一人ひとりのニーズに合ったより良い「聞こえ」を実感いただく機会となり、人々の健康維持と生活の質の向上の一助になることを期待しています。業界に先駆けて、補聴器のイメージを覆す画期的でスタイリッシュなデザインの補聴器や、電池交換不要の充電式補聴器を提供するシグニア補聴器は、幅広い製品ラインナップを有しており、これからもお客様の多様なニーズにお応えしていきます。


シグニア補聴器の試聴レンタルは、先進のテクノロジーと洗練されたデザインが融合した豊富なラインナップの中から、補聴器販売員と相談しながら、聴力や生活環境に合った補聴器を自宅でじっくり試聴いただけるサービスです。また、全てのレンタル用製品は、徹底した品質管理のもと、衛生面・性能面を担保しているため、安心してご利用いただけます。今回の「春のキャンペーン」では、シグニア補聴器ホームページより試聴レンタルを申し込んだ方に無料でシグニアオリジナルポーチセットを差し上げます*³。本キャンペーンは2020年4月30日(木)まで。詳しくは、こちらのシグニアキャンペーン特設サイト(https://www.signia.jp/rental/)をご覧ください。

注釈
*1 「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により1956年に制定されました。
*2 JapanTrak2018調査報告
*3 シグニア補聴器ホームページより紹介を受けた補聴器販売店で試聴レンタルをご利用の方のみが対象です。ポーチセットの在庫がなくなり次第終了となります。試聴レンタルは有料です。

シグニア補聴器について
「一人ひとりのお客様に、生き生きと輝く人生を楽しんでいただきたい。Life sounds brilliant. 明日も輝く。世界が広がる。」
シグニア補聴器は、シーメンスの140年以上の歴史を継承しています。革新的な技術の積み重ねがシグニア補聴器の信頼の証であり、確かな品質と共に、お客様に寄り添う誠実なブランドであり続けます。
シグニア補聴器の詳細は補聴器ラインナップhttps://www.signia.jp/hearing-aids/#5625 をご覧ください。
「聞こえ年齢チェック」はこちらから。 https://www.signia.jp/mosquite-noise/
シグニア補聴器取り扱い販売店紹介窓口 https://www.signia.jp/your-hearing-moment/

シグニア補聴器 公式チャネル
「シグニア」公式Instagram:https://www.instagram.com/signiahearingjapan/

「シグニア」公式Facebook:https://www.facebook.com/SigniaHearingJapan


「シグニア」公式Twitter:https://twitter.com/SigniaJapan


シグニア補聴器 主なラインナップ
デザインにこだわったスタイリッシュ補聴器「Styletto(スタイレット)」シリーズ:

「Styletto Connect」は、2019年度グッドデザイン賞受賞


電池交換不要な充電式補聴器3器種:
左:スタイリッシュで旅行にも便利な「Styletto Connect/Styletto Essential」
中:小さくてチューブが目立ちにくい「Pure Charge&Go Nx」
右:持ちやすく着け外し簡単な「Motion Charge&Go Nx」


シバントス株式会社について
シーメンスの140年以上の歴史を継承する世界シェアトップクラスの補聴器メーカーの日本法人です。世界95ヵ国の聴覚スペシャリストとセールスパートナーに高品質な補聴器を供給しています。シーメンス時代から続くドイツ発のエンジニアリング気質を持ち、製品開発に重点を置いた400人以上のR&Dエンジニアが、より良い聞こえをお届けするべく、補聴器の未来を拓きます。

※お手数をおかけしますが、 プレスリリースは下記リンクよりダウンロードいただけますようお願い申し上げます※
https://prtimes.jp/a/?f=d25658-20200302-6218.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会