医療・医薬・福祉

ひざの痛みに特化した再生医療クリニックが2022年4月福岡県小倉に開院

医療法人社団活寿会
変形性膝関節症でお悩みの方へ「再生医療」という新しい選択肢を

ひざの再生医療に特化した「ひざ関節症クリニック」を全国展開している医療法人社団活寿会は、2022年4月11日に九州地方、福岡で2院目となる「小倉ひざ関節症クリニック」を開院しました。小倉ひざ関節症クリニックは、JR九州「小倉駅」から徒歩3分でアクセスも良好です。



全国14拠点に展開する「ひざ関節症クリニック」

ひざ関節症クリニックは、変形性膝関節症など、膝関節に特化した再生医療を、自由診療で提供するクリニックです。2022年4月に開院した当小倉院を含め、札幌から福岡まで全国14拠点で展開しています。再生医療で、かつ膝だけに特化した専門クリニックは全国的にも珍しく、1院目の開院以来、徐々に多くの患者様に、当院の存在と再生医療の有用性を認知いただけるようになりました。これまでに当院が行った膝の治療実績は17,100症例以上※。業界最大規模の実績を引っ提げて、九州・福岡エリアの方々のひざ痛解消に貢献したいと考えています。
※2015年3月~2022年2月 当グループ調べ





人生100年時代における“ひざ”の健康の重要性

膝関節は、立つ・座る・歩くなど、健康的な日常生活を送るうえでなくてはならない身体の一部です。この「膝」の健康維持は、人生100年時代と言われる今日、健康寿命の延伸、生活の質(QOL)の向上という観点で、ますます大きな意義を持ちつつあります。長いコロナ禍で足腰が弱り、アフターコロナの生活を不安視する中高年世代も少なくない昨今、ひざ関節症クリニックが、ひざを健康に保ち、人生を楽しく過ごすためのお手伝いをさせていただきます。


手術・入院不要の「再生医療」を提供

これまで、変形性膝関節症の治療といえば、運動やヒアルロン酸注射などの保存療法、もしくは人工関節置換術などの手術療法の2択でした。症状が進行して保存療法で効果が得られなくなったら、手術しか打つ手はありません。しかし、実際にはお仕事の都合や年齢的な事情で、どうしても手術や入院が難しいという方も存在し、こうした方々は痛みを我慢せざるを得ないという状況でした。
そこで、当院ではどうしても手術・入院を避けたい、年齢的に体に負担のかかる治療法を望まない方のために、新しい治療の選択肢である「再生医療」を提供しています。当院で提供する再生医療は、体への負担が少なく、ひざの痛みの長期的な改善が期待できます。


九州で長年活躍する経験豊富な医師が在籍

小倉ひざ関節症クリニックの橋本院長は、大学病院等の基幹病院のみならず、地域医療にも長年従事した経験を持つ整形外科専門医です。「町のかかりつけ医」の経験を元に、一人ひとりの患者さんに寄り添った医療を提供しています。
当院は完全予約制のため、一人ひとりの患者さまに十分な時間を確保しています。経験豊富な整形外科専門医がひざの痛みの原因を特定し、最適な治療法をご提案します。

【小倉ひざ関節症クリニック 橋本彰二 院長】



■経歴
1991年 久留米大学整形外科医局 整形外科
1991年 済生会日田病院 整形外科
1992年 博慈会記念病院 整形外科
1993年 大牟田市立病院 整形外科
1994年 社会保険田川病院 整形外科
1995年 筑豊労災病院 整形外科
1997年 聖マリア病院 整形外科
1998年 町立穎田病院 整形外科
1999年 宮城病院 整形外科
2000年 末永病院 整形外科・内科
2021年 西野病院 整形外科
2022年 小倉ひざ関節症クリニック 院長

<小倉ひざ関節症クリニック>
診療科目:整形外科(自由診療)
公式HP:https://www.knee-kokura.com/
電話番号:0120-013-712
診療時間:【完全予約制】9:00 ~18:00(年中無休)
開院日:2022年4月11日(月)
住所:福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-2 株式会社リーガロイヤルホテル小倉 1F


■交通アクセス
JR 小倉駅から徒歩3分(空中回廊で直結)

<ひざの痛み専用ご相談・来院予約窓口>
■お電話からのご予約
0120-013-712
電話受付時間 9:00 ~18:00/土日もOK
■ネットからのご予約
https://www.knee-joint.net/firstone/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)