食品・飲料 その他

料理や健康に関心の高い女性に向け LINE公式アカウントで配信開始

株式会社サラダクラブ
季節のサラダレシピやお役立ち情報を発信

 株式会社サラダクラブ(代表取締役社長:金子俊浩、本社:東京都調布市)は、2022年4月15日(金)に、LINE公式アカウントで配信を開始します。


 本LINE公式アカウントでは、料理に関心があり、バランスの良い食生活を目指す健康志向の30代~50代の女性に向けて、パッケージサラダを使ったサラダレシピや新商品情報などの役立つ情報を発信します。季節ごとに旬の野菜を使用したサラダのレシピをはじめ、“ハレの日”に作りたくなるサラダや、パッケージサラダを知り尽くしたスタッフのおすすめレシピなどを紹介します。毎日のレシピを考えるのが苦手な方でも、さまざまなアレンジレシピを見つけることができ、日々の食事を簡単に作ることができます。


 また、サラダクラブが強化しているサステナビリティに関する取り組みや
生産者(契約農家)との取り組みについての情報なども、本LINE公式アカ
ウントで分かりやすく紹介します。

 さらに今後、さまざまなキャンペーン情報の発信も予定しています。

 サラダクラブは現在、ホームページやインスタグラムなどを通じて新商品
やカット野菜の新たな価値を食卓に提案しています。今回、お客様との新た
な接点を増やすことで、パッケージサラダの魅力をより多くの方々へ伝えて
いきます。


■サラダクラブLINE公式アカウント概要
LINE ID:@saladclub

配信開始:2022年4月15日(金)12時
<登録方法>
・LINEアプリで右のQRコードを読み取る。
・公式アカウントページでID(@saladclub)検索する。
・下記URLからLINEへ移動する。
 URL:https://lin.ee/qhIDCci

■株式会社サラダクラブについて
 株式会社サラダクラブは、野菜の鮮度とおいしさにこだわり、洗わずにそのまま食べられる「パッケージサラダ」を製造・販売しています。キユーピー株式会社と三菱商事株式会社の共同出資により1999年に設立しました。利便性と価格が一定という経済性が評価され需要が拡大しているパッケージサラダ市場で、サラダクラブは国内最大のシェア(金額)*を占め、販売店舗数は16,838店(2021年11月現在)となっています。
* マクロミルQPR(サラダメーカー別 2020年12月-2021年11月)

■サステナビリティへの取り組み
 当社では、産地からご家庭までのフードロスを低減し、サステナビリティへの取り組みを推進しています。産地との安定的な取引や増量企画を通じた、持続的な生産体制の維持や産地廃棄の削減。工場内で発生した野菜の未利用部を堆肥の材料にし、それをもとに作られた堆肥を使用して野菜の栽培を行う循環型農業の実現。パッケージサラダの鮮度保持延長の実現により、ご家庭・販売店での消費期限切れに伴う廃棄の低減などの取り組みを行っています*。
* 詳細はサステナビリティページ(https://www.saladclub.jp/company/sustainability/)をご参照ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)