医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

GEヘルスケア・ジャパン 画質向上と検査時間短縮を両立する新型1.5T MRI 装置 「SIGNA(TM) Prime」を販売開始

GEヘルスケア・ジャパン株式会社
医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:多田荘一郎)は、最新のプラットフォームを搭載した新型1.5T(テスラ)MRI(磁気共鳴断層撮影装置) 「SIGNA(TM)Prime(シグナプライム)」を4月15日(金)より販売開始します。


SIGNA™ Primeの最大の特長は、使い手となる医療従事者のMR検査経験や知識に関わらず、精度の高い検査を実施することができる点にあります。MR検査は実施する際に多くのパラメータ調整が必要になり、これは実施する操作者にとって長らくの課題であり、時に検査時間にも影響を及ぼす場合がありました。SIGNA™ Primeは、患者さんをお待たせすることなく、多忙な先生方が時間をかけず、手軽に使うことができる新しいコンセプトのMRI装置で、新しいユーザーインターフェイスにより、操作の簡易化が大きく進みました。また、新型マグネットや最新デジタル技術TDI、更にはAI技術を搭載し、画質面においても進化しています。シンプルな操作性、環境に優しい設計と将来性豊かなシステム、高機能高画質の全てを兼ね備えているのがSIGNA™ Primeです。
SIGNA(TM) Prime
【製品特長】
■柔軟な設計思想で病院経営を多面的にサポート
SIGNA™ Primeは、新開発のインテリジェントマグネットテクノロジーの採用により、効率的なインストール工程を可能にしました。このマグネットは従来の電気容量を更に25%低減*1し、稼働ヘリウム量も70% 削 減*2しました。コスト面でも持続的運用を更に進化させ、病院経営に大きく貢献します。また、将来的な機能拡張にも柔軟に対応し、長くお使い頂ける設計です。様々な技術革新が進むMRの適用範囲を広げたい。そんな要望にお応えます。
*1/*2: 自社従来比

■直感操作ではじめる。質の高い検査を、確実に 。
非侵襲な画像診断ができるMR検査をもっと幅広く使用したい。これからの時代に求められる検査だからこそ、SIGNA™Primeから新しい提案です。そ れ は 、新開発のユーザーインターフェイスに組み込まれている【エクスプレスモード】と【クラシックモード】 。ステップバイステップの手順、簡単なプロトコル選択、ワークフローサポート機能を搭載し、MR検査の学習曲線の平準化を可能にしました。 MR検査の経験値に関わらず、安定的に質の高い画像取得をサポートします。

■画質向上技術・検査フローの自動化。 確信へと導くMR撮像の最前線。
よりシャープに、くっきりと。GEが長年深めてきたMR画像に対する知見を 余すところなくSIGNA™Primeに注ぎ込みました。 SIGNA™Primeは最先端のTotal Digital Imaging(TDI)テクノロジーを搭載。 最新のAI技術と組み合わせることで、読影しやすい画像の生成に成功しました。 さらに、全領域の解剖学的構造で機能するGE独自のディープラーニングベースで開発された 画像再構成アルゴリズムであるAIR™Recon DLが、先生方の日々の診断を強力にサポートします。画像のノイズ除去だけではなく、SNRと画像の尖鋭度が向上した高画質を実現しながら、 スキャン時間を大幅に短縮しています。



SIGNA™ Primeは、マグネット搬入から検査開始までのプロセスをシンプルかつシームレスな作業工程で可能にしています。新しい直感的なユーザーインターフェイスにより、初めての操作でも、ユーザーフレンドリーで、効率的な検査フローを実現します。また、SIGNA™ Primeのハードウエアは、最先端技術を搭載しており、全身領域において均一化された高品質な画像を、すばやく、簡単に撮像します。

製品概要




GEヘルスケア・ジャパンについて
GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、GEヘルスケアの中核拠点の1つとして1982年に創設されました。予防から診断、治療、経過観察・予後管理までをカバーする「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、インテリジェント機器やデータ分析、ソフトウェア、サービス等を提供しています。国内に研究・開発、製造から販売、サービス部門までを持ち、日本のお客様のニーズにお応えしつつ、日本が直面する医療課題の解決に取り組んでいます。日本における社員数は約2,000名、本社および約60カ所の事業拠点があります。
詳細はホームページ www.gehealthcare.co.jp をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)