医療・医薬・福祉

「地域包括ケア時代に求められる地域連携」と題して、在宅ケア移行支援研究所 宇都宮 宏子氏によるセミナーを2022年6月11日(土)に開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
ビジネスセミナーを企画開催する新社会システム総合研究所(SSK)は、下記セミナーを開催します。

────────────【SSKセミナー】─────────── ■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、 何度でもご都合の良い時間にご視聴可) ──────────────────────────────


【セミナー詳細】
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_22230

【開催日時】
2022年 6月11日(土) 13:00~17:00

【会場】
SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2ザイマックス西新橋ビル4F

【講師】
在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス 代表 宇都宮 宏子 氏

【講師からのメッセージ】
令和4年度診療報酬改定は、新型コロナウイルス感染症への対応や、感染拡大により明らかになった課題を踏まえた地域全体での医療機能の分化・強化、連携を推進するものになっています。なかでも、外来機能の明確化・連携を推進するために、外来医療から在宅医療への円滑な移行に対する評価がついたことは、とても重要だと考えています。外来患者の“暮らしぶり”にアンテナをはり、重度化予防の視点を持ちながら、安心して暮らし続けられるよう“在宅療養支援”を提供すること。そして必要時、在宅医療へ移行することで望まぬ救急搬送をふせぎ、暮らしの場での穏やかな看取り期支援へとつながっていきます。
セミナーでは、地域連携室や入退院支援部門で活動している看護師・MSW、そして地域側で在宅医療・ケアに関わる専門職のみなさんとともに、退院支援の基本から学び、外来で行う在宅療養支援については、先駆的な取り組みをされている看護師から、活動紹介をして頂きます。

【重点講義内容】
I部:講演「地域で“暮らす”、そして“生ききる”に伴走する
      ~退院支援から、外来で始める在宅療養支援へ~」
1.地域包括ケアシステム実現に向けて病院に求められる機能と役割
(1)4つの場面(退院支援・日常の療養支援・急変時対応・看取り)

2.在宅療養移行支援のプロセス理解・システム構築(院内・地域)
(1)退院支援・退院調整3段階プロセス
(2)外来から取り組む在宅療養支援

3.在宅支援チームと病院チームで協働して取り組む入退院支援・看取り支援
(1)入院決定時から、退院後のフィードバックまでの連携協働のあり方
(2)安定在宅着地のための退院直後支援
(3)ケアプロセスを切れ目なくつなぎ、意思決定を支える院内・院外の仕組み
アドバンスケアプランニング(ACP)への取り組み
(休憩10分、Q&A20分)

II部:実践紹介
病院規模・機能に応じて、紹介受診重点病院型・かかりつけ医機能を有する病院型、この二つのタイプの病院看護師から、入退院支援を看護実践として提供するための仕組み作り・教育・地域との連携などご苦労話も含め、報告頂きます。
そして、外来での在宅療養支援の現状・課題を伺い、それぞれの病院機能に応じた体制・支援過程を共有し、実践に繋がる意見交換ができる企画にしてみました。

パネリスト:東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 看護部 外来主任 伊藤 京美 氏
      医療法人社団聖カタリナ病院 ナースマネージャー 竹川 英子 氏
各20分のショートプレゼン&ディスカッション



【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売・セミナーオンデマンド販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)