美容・健康 その他

エス・エム・エス、「健康経営優良法人2020」ホワイト500に認定

株式会社エス・エム・エス
株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「当社」)は3月2日、経済産業省と日本健康会議が共同で顕彰する「健康経営優良法人2020」(大規模法人部門)ホワイト500に認定されたことをお知らせします。




当社は、「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」をグループミッションに掲げ、高齢社会を取り巻く人々を情報やサービスを介してつないでいくことで、イキイキと働き、生活していくことのできる社会の実現を目指しています。高齢社会に求められるさまざまな事業を展開しており、その一つであるヘルスケア領域では健康経営ソリューションを提供しています。

また、グループミッションの実現に向けて、従業員が心身ともに健やかに働くことが重要であると考えており、従業員の健康維持・増進に積極的に取り組んできました。

今後も、従業員一人ひとりが自らの健康に関する高い意識を持つことで、より良いサービス提供につなげ、事業を通じて社会に貢献していきます。

【健康経営ソリューションについて】
被保険者/被扶養者の健康維持・増進を目的とした「健康保険組合向け」ソリューションと、従業員の健康管理を目的とした「企業人事・労務向け」ソリューションを提供しています。健康経営推進のコンサルティングから、医療従事者ネットワークを活用したICT/IoTによるサポートおよび効果検証までを一気通貫で行うことで、企業の課題に対応。
特定保健指導、重症化予防、産業保健業務サポート、女性特有の健康課題、喫煙対策など多彩なサービス提供が可能です。

【「健康経営優良法人認定制度」について】
「健康経営優良法人認定制度」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。これまで健康経営優良法人(大規模法人部門)全体を通称「ホワイト500」としていましたが、健康経営優良法人2020より、健康経営度調査結果の上位500法人のみを通称「ホワイト500」として認定しています。

【株式会社エス・エム・エスについて】
2003年創業、2011年東証一部上場。「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」ことをミッションに掲げ、「高齢社会×情報」を切り口にした40以上のサービスを開発・運営しています。
名 称:株式会社エス・エム・エス
所在地:東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー
代表者:代表取締役社長 後藤 夏樹
会社設立:2003年4月
資本金:22億876万円(2019年3月31日現在)
従業員数:連結:2,438人、単体615人(2019年3月31日現在)
事業内容:高齢社会を、介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、海外の6つと捉え、さまざまなサービスを開発・運営
URL:https://www.bm-sms.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会