美容・健康 アパレル・ファッション

【元アスリートのこだわりが詰まった商品】5年の歳月をかけ研究された特殊機能繊維を活用した睡眠回復ウェアBAKUNEの取り扱いを開始します。

株式会社BUTAI PROJECT
Newオープンを控えるThe session初のリアル店舗。「The session銀座  ~整眠整体(寝起き無重力メソッド)~」にてまもなく取り扱いを開始。

株式会社BUTAI PROJECT(代表取締役:中山惣一朗 本社:東京都世田谷区)は、「健康に前向きな社会を創り、人類のポテンシャルを引き出す。」をビジョンに掲げる株式会社TENTIAL(代表取締役:中西裕太郎 本社:東京都中央区)が提供するリカバリースリープウェアBAKUNEの提供を開始します。NEWオープンを控える睡眠改善専門の整体サロン「The session銀座  ~整眠整体(寝起き無重力メソッド)~」での施術効果向上を図るとともに、ご自宅での睡眠環境を整えることを目的に取扱を開始します。BAKUNE製品には約5年の歳月をかけ研究された特殊機能繊維「SELFLAME(R)︎」が使用されており、自らの体温を輻射し遠赤外線作用を増幅することで血流改善を促し、寝ている間に心身のリカバリーをすることで良質な睡眠が期待できます。


The sessionはこれまで、多くな専門家と協力し身体の不調を改善する取り組みをしてきました。その中でより良いライフスタイルを追求した結果『人生のパフォーマンス面で考えた時の睡眠』の重要性に辿り着きました。
この度、睡眠改善専門の整体サロン「The session銀座~寝起き無重力メソッド~」をNEWオープンするにあたり、施術効果向上を図るとともに、ご自宅での睡眠環境を整えることを目的に取扱を開始します。


■リカバリースリープウェアBAKUNEとは
コンディショニングに人一倍こだわる元アスリートを中心に、その知見とビックデータを活用し、人間工学に基づく検証を重ね開発したリカバリースリープウェアである「BAKUNE」。特殊機能繊維「SELFLAME(R)︎」により自らの体温を輻射し遠赤外線作用を増幅します。






着るだけで、血流改善を促し、人本来の暖かさを守ることで、疲労軽減を促し睡眠時間をサポートします。どんな瞬間でもベストパフォーマンスで挑戦し続けられる毎日を提供する一般医療機器届出の安心安全のブランドです。
https://tential.jp/





■リカバリー効果を生み出す理由
約5年の歳月をかけて研究された極小セラミックス加工を施した特殊機能繊維「SELFLAME(R)︎」により自らの体温を輻射し遠赤外線作用を増幅。寝ている間に心身のリカバリーをすることで翌朝スッキリな快眠へ導きます。





■株式会社TENTIAL
「健康に前向きな社会を創り、人類のポテンシャルを引き出す。」をミッションにウェルネス事業を展開。ウェルネスD2Cブランド「TENTIAL」(https://tential.jp)では特許技術を採用したインソール、一般医療機器のリカバリーウェアなどコンディショニングを意識したライフスタイルを提案しています。
https://corp.tential.jp


■The session
「1人でも多くの人に自分らしいライフスタイルを発見してもらいたい」という想いのもと、誕生したウェルネスコミュニティー。「知る」「得る」「感じる」「学ぶ」を目的とし、Instagramを中心に様々な健康情報、国内と海外のヘルシー思考なインフルエンサーのライフスタイルを紹介している。さらに、アイテムやイベントコンテンツなどをリアル&EC販売をしている。
Instagram:https://www.instagram.com/thesession.healthy/
EC:https://the-session.jp/


「BAKUNE x The session」の販売は来月オープン予定である「The session銀座 ~整眠整体(寝起き無重力メソッド)~」にて取扱します。


The session銀座
~整眠整体(寝起き無重力メソッド)~

”寝起き無重力”をコンセプトに日本人の5人に1人が抱える睡眠の問題は根本から改善してく睡眠改善専門の整体サロンです。





東急プラザ銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1東急プラザ銀座4F


企業情報
株式会社BUTAI PROJECT
〒154-0011 東京都世田谷区上馬3-18-11 エルフレア駒沢ビル804
http://butai-project.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)