美容・健康 教育・資格・人材

株式会社enstem、慶應義塾大学SFC研究所 ベースボール・ラボと提携し、共同での実証実験をスタート

株式会社enstem
スマートウォッチ『Nobi Band』を活用したコンディショングアプリ『Nobi』とデータ管理ツール『Nobi for Team』を活用し、野球部員の生体データの可視化とパフォーマンス改善の見える化へ

株式会社enstem(本社:東京都中央区、代表取締役:山本寛大、以下enstem)は、慶應義塾大学SFC研究所 ベースボール・ラボ(所在地:神奈川県藤沢市、代表者:加藤貴昭、以下ベースボール・ラボ)と提携し、共同での実証実験を開始いたしました。


【今回の提携について】


今回ベースボール・ラボと協力し、enstemが事業展開するスマートウォッチ『Nobi Band』から取得したデータをもとに、コンディショングアプリ『Nobi』ならびに、チーム単位での管理ツール『Nobi for Team』を活用して、静的状態における生体データの可視化と、そのデータがパフォーマンスへどのような影響を与えるか、またどのように改善へとつなげていくことができるか、という課題に対してアプローチすべく、実証実験を進めてまいります。

【慶應義塾体育会野球部との連携】



今回の実証実験にあたっては、ベースボールラボを通じて、慶應義塾体育会野球部(以下、慶大野球部)とも連携し、野球部員の練習中や試合中以外の状態を把握するツールとしての利用はもとより、そのデータをチーム管理することで、練習や試合へのアプローチ改善に活かしていくことができるかどうかについて、検証してまいります。

また、今回の取組みを通じて、慶大野球部として、チームのパフォーマンス向上を目指す上で必要な各種情報についても同時に管理することができるように、『Nobi』アプリ機能のカスタマイズや、『Nobi for Team』のUIUX改善などを図り、独自に提供してまいります。


【実証実験の意義について】

この取組みを通じて、慶大野球部をはじめとする大学野球部、ひいてはアマチュア野球チームにとって、どのようなコンディショニング管理へのアプローチが必要なのかを検証し、アマチュア野球チームのチーム運営、特にコンディショニング管理の面において、貢献できる仕組みを構築していきたいと考えています。

そのために、チーム管理として必要なデータや、野球部員個人のパフォーマンス管理・改善に必要なデータを把握し、見える化することで、野球部の運営強化やパフォーマンス強化につなげていきたいと考えています。また、この取り組みで得た知見を生かして現場作業メインの業界などへのソリューションの強化を行ってまいります。

enstemは、『まだ発揮されていないヒトのポテンシャルを、パフォーマンスへと変えていく』というミッションを実現すべく、今回の実証実験を通じて、さらに具体的な貢献方法を見出していきたいと考えています。

【株式会社enstemについて】
株式会社enstemは、「可能性を呼び起こし、全ての人に最高の生き方を」をビジョンに掲げ、スマートウォッチから取れる生体データを活用したサービスを展開しています。人のポテンシャルをパフォーマンスに変えていけるサービスづくりを目指しています。

代表取締役CEO:山本寛大
設立:2019年6月
事業内容:生体データ事業 / マーケティング事業
コーポレートサイト:https://en-stem.co.jp
Nobiサービスサイト:https://nobi-app.com
Nobi for Teamサービスサイト:https://nobi-app.com/team

【ベースボール・ラボについて】
ベースボール・ラボは、2020年12月に慶應義塾大学SFC研究所内に設立されました。慶應義塾大学が有する体育会野球部と連携し、学術的な成果に加えて、実践的なパフォーマンスへの寄与、研究開発に携わる学生の人材育成、体育会の社会貢献等を実現し、大学スポーツの新たなモデルの発信を目指しています。

代表者:加藤貴昭(環境情報学部・教授)
https://www.kri.sfc.keio.ac.jp/ja/lab/baseball/

【本件のお問い合わせ】
・株式会社enstem 広報担当
info@en-stem.com

・慶應義塾大学SFC研究所 ベースボール・ラボ 広報担当
baseball@sfc.keio.ac.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)