暮らし 美容・健康

"若者の健康相談"が話題。厚労省も推進する【プレコンセプションケア】サイトオープン

株式会社MEFREE
国立医科大学名誉教授が性に対する100の質問に答える“大人の生殖教育”メディア

株式会社MEFREE(本社:東京都港区、代表取締役:小野寺沙恵)は、浜松医科大学名誉教授の産婦人科医金山尚裕医師全面協力の下、若い世代の不妊・妊娠にまつわる「プレコンセプションケア」サイトを2022年4月15日にオープンしました。 【URL】 https://preconception.jp/


プレコンセプションケアってなに?



サイトオープンの背景

今月4月から、不妊治療の保険適用や子宮頸がんワクチンの接種が再開されることになりました。現時点では私達日本人の多くは妊娠や生殖に関して知識が足りない状況です。

HPVが子宮頸がんだけでなく、男性の中咽頭癌や陰茎がんの原因※1であることや、40歳以上の流産確率が50%以上、45歳以上は93%※2であること、自然妊娠の確率が45歳以上で5%未満※3しかないということをご存じの方は多くないと思います。

浜松医科大学名誉教授全面協力の下、これまで公ではあまり語られてこなかった妊娠前のケアの重要性を、1問1答の質問形式で答えるサイトを無料公開することになりました。


サイト概要



プレコンセプションケア(生理、ピル、子宮頸がん、女性ホルモン、男性不妊、妊娠など)にまつわる質問を、産婦人科の重鎮である浜松医科大学名誉教授の金山尚裕先生に、1問1答で回答頂いた知見をまとめたプレコンセプションケアメディアです。性教育から生殖教育まで現時点で135の質問を網羅的にわかりやすく、無料で掲載しているメディアはほとんどありません。


プレコンセプションケアとは



プレコンセプションケア対象
プレコンセプションケアとは、“妊娠(コンセプション)前(プレ)”のケアと言う意味です。日本では、思春期から妊娠・結婚するまで生殖機能の検査をほとんどの人が行っていません。プレコンセプションケアは妊娠・結婚する前までの12歳~30歳までの生殖機能ケアを推奨しています。


今後の展開

今後は、一般の方からの質問も募集し不定期更新で金山医師の回答を掲載しボリュームを増やしていきます。今後は、性や生殖、妊娠、不妊などのプレコンセプションケアだけでなく、出産や更年期など、産婦人科や婦人科などに関する疑問もこのサイトを見ればすべてわかるようなメディアにしていきます。


金山先生のコメント

妊娠の成立に何が必要か、妊娠したらどのような経過をたどるのか、妊娠中にどんな病気があるのか、分娩はどのように進行するのか、分娩にはどのような病気があるのか等について知識のない方が多いです。
例えば、「生理不順は病気です。」ということを知らない方が沢山います。
性教育ではなく生殖教育(不妊、妊娠に関する知識)が日本では欠けています。本ホームページで生殖に関する知識を少しでも増やして頂ければ幸いです。


無料公開への想い

こういうメディアがあるといいことはわかっていましたが、話題にもなりにくいし、医学的なことで企業が作るにはリスクもあるので、これまで作られてこなかったと思います。その結果、間違った情報や、知識を得られずに悲しい思いをしてしまっている人も多くいると思います。このサイトがあることで少しでも日本の性に対する考え方がアップデートされるといいなと思っています。

※1出典:The New England Journal of Medicine 男性の割礼、がんの原因となる性感染症も予防 ※2出典:Maternal age and fetal loss: population based register linkage study ※3出典:M.Sara Rosenthal.The Fertility Sourcebook.Third Edition


【金山医師プロフィール】



浜松医科大学 名誉教授
静岡医療科学専門大学校 学校長
日本周産期・新生児医学会監事
日本分娩研究会理事長日本産科婦人科学会会員
日本生殖医学会会員など


【株式会社MEFREE会社概要】

所在地:東京都港区浜松町2-2-15浜松町ダイヤビル2F
代表者:小野寺沙恵 設立:2021年9月30日
URL:https://mefree.jp/
事業内容:フェムテック事業・ヘルスケア事業・健康食品事業・医療機器販売

【リリースに関するお問合せ先】
株式会社MEFREE
E-mail:info@mefree.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)