美容・健康

仕事やスポーツの大事な場面に。“ゾーン”へ導くアロマスプレー「SWITCH ON+」を発売

サイネス合同会社
”超集中モード”への気分切り替えを強力にサポート

サイネス合同会社(東京都中央区)は、いわゆる“ゾーン”と呼ばれる超集中モードへの切り替えをサポートするアロマスプレー「SWITCH ON+」(スイッチオン・プラス)を、2022年4月19日(火)よりクラウドファンディングサイトMakuakeにて発売いたします。


MakuakeプロジェクトURL:https://www.makuake.com/project/switchon/


【「SWITCH ON+」の3つの特徴】


「超集中モード」への気持ちの切り替えを強力にサポート
脳の状態を“ゾーン”へ導く「白いラベンダー」の使用
香り研究の第一人者×新進気鋭の香りアーティストによる監修


【誕生の背景】
「なかなか仕事に集中できない」「大事な場面のなのに、なかなか気持ちが入らない」「在宅勤務で、仕事とプライベートの切り替えが難しい」・・・このような“気分の切り替え”に悩みを抱える人は多くいます。特に、外出自粛が続く今のような状況下において、ますますその人数は増えていると言われています。
このような場合、コーヒーやエナジードリンク、タバコなどに頼る人もいますが、これらの多くは身体にとって刺激が強いものです。そこで、“香り”という自然由来の優しいソリューションを“気持ちのスイッチの切り替え”に利用したいと考えました。

【使い方・利用シーン】
普段の生活において、“気持ちのスイッチをオン”にしたいシーンで利用することを想定しています。
(生活シーンの例)
・朝、仕事を始める前
・昼休みが終わった後
・大事なプレゼンや会議の前
・在宅勤務を始める前 など

(スポーツシーンの例)
・野球(のバッターボックス)
・ゴルフ
・バスケットボール
・弓道
・短距離走
・高負荷な筋力トレーニング など

使用する際は、マスクや衣類の胸元・襟元などに2~3プッシュほど振りかけます。また、天井に向けて4~5プッシュしたり、超音波ディフューザーの水100mLに対して10プッシュすることで、空間全体に香るルームフレグランスとしてもご活用できます。

【こだわりポイント】
1.香りのベースは「白いラベンダー」のセルエクストラクト

“ゾーン”効果を支えるのは「三郷雪花」という、秋田県美郷町のみで栽培される、珍しい白いラベンダーです。
一般的なラベンダーは紫色をしており、その香りには鎮静作用があるのみです。一方、この白いラベンダーには、交感神経と副交感神経を同時に活性化して脳を“ゾーン”状態へと導く効果があることが、最新の研究結果から明らかになっています(データ未公表、近日公開予定)。
「SWITCH ON+」では、この白いラベンダーから特殊な手法で抽出した「セルエキストラクト」を使用しました。セルエクストラクトは他の製法と比べて成分の変質が少ないため、植物が持つ効果をより得やすいと考えられています。また、一般的なアロマオイル(精油)と違い水に溶ける性質のため、布や紙に噴きかけてもすぐに揮発せず、香りが長く続くメリットがあります。

2.香り研究の第一人者×新進気鋭の香りアーティストによる監修
今回「SWITCH ON+」に使われたアロマ成分は、香り研究の第一人者である湘南医療大学 薬学部 医療薬学科の塩田清二教授(日本アロマテラピー学会の名誉終身理事長)の監修にもとづき、これまでに研究によって効果が明らかにされた材料のみを使用しています。
また、機能面だけではなく、香りの持つ印象も大事にしたいとの思いから、“香りのアーティスト”として幅広く活躍するIZUMI KAN氏に香りのデザインを依頼しました。IZUMI KAN氏はこれまで多くの製品や空間プロデュースを手掛けており、某有名ホテルの香りも手がけている新進気鋭のアーティストです。(IZUMI KANホームページ:https://izumikan.jp/
IZUMI KAN氏のプロデュースにより、白いラベンダーの柔らかでどこか懐かしい香りを持ちながらも、都会的でシャープな香りに仕上がりました。

サイネス合同会社について
“サイエンスとビジネスの橋渡し役“として、主にヘルスケア・ライフサイエンス領域での新規事業プロデュースを手掛けています。

【会社概要】
会社名:サイネス合同会社
所在地:東京都中央区銀座
設立:2020年4月
URL:https://www.sciness.co.jp/
事業内容:事業シーズの育成・投資等
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)