ネットサービス・アプリ 美容・健康

認知症予防の脳トレWebゲーム『Dr.脳トレ』をリリース。

CMサイト
https://dr-noutore.jp/

株式会社CMサイト(本社:港区、代表取締役:柴原誠治)は、認知症診断医の監修のもと認知症予防の脳トレWebゲーム『Dr.脳トレ』をリリースいたしました。


「Dr.脳トレ」は、認知症予防に特化した脳トレWebゲームです。トレーニングにかかる時間は1日約5分で、完全無料でご利用いただけます。すべて簡単な操作で行え、気軽に毎日楽しく続けることができます。なお本プログラムは、認知症診断医の内野 勝行医師の監修のもと提供されています。


「Dr.脳トレ」監修 内野 勝行 医師
金町駅前脳神経内科 院長
日本内科学会認定医
厚生労働省認定認知症サポート医
緩和ケア認定医
ボトックス治療指定医
日本神経学会会員
日本スポーツ協会公認スポーツドクター


リリースの背景
2025年には日本で65歳以上の高齢者は3,657万人になる見込みで、そのうち認知症患者数は700万人、認知症の初期状態と言われる軽度認知障害(MCI)の方は600万人に登ると考えられています。これは65歳以上の5人に1人が認知症に、軽度認知障害(MCI)まで含めると、3人に1人が認知症患者とその予備軍に該当する計算になり、社会にとって認知症はますます身近な疾患となることが予想されます。



そのような社会的背景の中で、当社はWeb上で気軽に認知症予防トレーニングを受けられる「Dr.脳トレ」を企画・開発しました。軽度認知症(MCI)の予防には健康的な生活を送ることに加えて、知的行動を増やし、意識的に脳に刺激を与えることが効果的で、できるだけ早期から継続的に続けることが大切です。


「Dr.脳トレ」は、脳を活性化させる30種類以上のトレーニングに加えて、毎日の成績を残せるカレンダー機能、継続モチベーションを高めるプレゼント企画などのコンテンツを用意しており、全てが無料でご利用いただけます。パソコン、スマートフォン、タブレットに対応しており、インターネットが利用できる環境であれば毎日どこでもご利用いただけます。知的行動を習慣化させるきっかけに、多くの方に「Dr.脳トレ」をご利用いただきたいと考えています。

※脳波の測定器を使い「Dr.脳トレ」で実際に脳の活性度を計測している様子。


「Dr.脳トレ」のサービス紹介
■脳の5つの部位を活性化するトレーニングが30種類以上用意されています。

海馬、前頭葉、後頭葉、頭頂葉、側頭葉の5つの部位をそれぞれ活性化するトレーニングが用意されています。どれも簡単なクリックやタップ操作だけでできるものです。30種類以上あるトレーニングの中から、毎日3種類のトレーニングが推薦され、結果は参加者全体の成績と比較することができます。


■カレンダーで毎日の成果を確認できます。

毎日のトレーニングの結果はマイページのカレンダーに記録されます。カレンダーは利用者が許可したご家族や知人と共有することができ、お互いに励まし合いながらトレーニングを行ったり、別居の両親を見守りサービスとしてもご活用いただけます。


■毎月チャンス!プレゼントキャンペーンを実施中

毎日のトレーニングのちょっとしたモチベーションにしていただくために、目標の日数以上トレーニングをされた方を対象に、毎月抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを実施しています。


■ご利用は完全無料。メールアドレスの登録ですぐに利用できます。

「Dr.脳トレ」は広告収入で運営されており、ご利用にあたって料金は一切かかりません。メールアドレスをご登録いただくと、マイページのURLが記載されたメールが届きます。メールに記載された専用URLからアクセスいただくとすべての機能がご利用いただけます。


今日からすぐにトレーニングを開始することができます。まずはお試し下さい。
「Dr.脳トレ」
https://dr-noutore.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会