医療・医薬・福祉 出版・アート・カルチャー

日本最大級の歯科医療者向けメディアの1D、新たに「マンガ」の連載フォーマットを開始

ワンディー株式会社
「専門コンテンツ」のあり方は新時代へ。第一弾マンガ『歯科衛生士の正直しんどい』が本日から配信開始

日本最大級の歯科医療者向けメディア『1D(https://oned.jp/)』を運営するワンディー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役歯科医師:松岡 周吾、代表取締役社長:康 裕三)は、歯科医療の専門コンテンツ配信の新たなあり方を探求すべく、「マンガ」というフォーマットでのコンテンツ制作をスタートいたしました。第一弾として、「歯科衛生士あるある」マンガの連載を本日より配信開始しております。 第1話はこちらから: https://oned.jp/posts/4532




■「マンガ連載」企画に至った背景
日本最大級の歯科医療メディア「1D(ワンディー)」は、ただしく・おもしろいをコンセプトに、歯科医療者の方々に専門的な情報を発信しています。

今後、新しい試みとして「マンガ」というフォーマットを用いて、さまざまなテーマで企画を立ち上げることで、歯科医療者向けのメディアとしてよりいっそう愛される存在になりたいと考えています。

マンガコンテンツの第一弾は、本日から配信開始。連載タイトルは『歯科衛生士の正直しんどい』、著者は漫画家/イラストレーターのブンツー氏に決定いたしました。

■「歯科衛生士の正直しんどい」あらすじ
東京都内に住む、歯科衛生士の主人公(26)。短大を卒業してから、歯科衛生士として歯科医院で働いてきました。歯科衛生士はやりがいのある仕事ですが、精神的・身体的にしんどいことも多々あります。

本マンガでは、歯科衛生士として生きる主人公が感じる、「正直しんどい」あるあるをお届けします。

全12回の連載として、本日4月20日から毎週水曜日に配信。
マンガの冒頭をチラ見せ!

▶︎▶︎ マンガの続きは下記URLから
https://oned.jp/posts/4532




■ 作者・ブンツー氏プロフィール

芸術大学を卒業後、広告代理店にてWebサイトや印刷物のイラスト・漫画制作を経験。フリーランスのイラストレーターとして活動を開始してからは、シンプルでかわいく見た人にクスッと笑ってもらえるような作品を目指し制作中。
Twitter: @buntsu_e




■ 担当編集者・松岡 周吾

ワンディー株式会社代表取締役/歯科医師。1992年、千葉県生まれ。東京歯科大学大学院博士課程中退。2017年にワンディー株式会社を創業。歯科医療に特化したメディア開発や専門的なコンテンツの制作を得意とする。
Twitter: @shugomatsuoka


■ ワンディー株式会社について
ワンディー株式会社は、「歯科医療の価値を最大化する」というビジョンに掲げ、日本最大級の歯科医療メディア「1D」を運営しています。

歯科医療の専門メディア運営を基盤に、歯科医院や企業向けの関連サービスを展開。日本の歯科医療をより良くすることで国民の健康を向上させ、健康で幸福な社会の実現に寄与することを目指しています。

> 1Dサービスサイト: https://oned.jp/
> 企業サイト: https://corporate.oned.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)