医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

クオール LINEで処方箋の予約受付を全国558店舗で開始

クオールホールディングス株式会社
【医療DX】薬局での待ち時間対策・アフターフォロー体制を強化へ

全国にクオール薬局等の保険薬局を運営するクオールホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 敬、以下クオール)は、患者さまとのコミュニケーションの充実を図るため、LINEミニアプリ「クオールおくすり便」を開発し、処方箋事前予約や健康情報をLINEで提供するサービスを開始します。


 「クオールおくすり便」は、処方箋事前予約や健康情報をLINEで提供するサービスです。第一弾として、4月11日に全国558店舗で先行導入いたしました。今後、クオールが運営している全808店舗(2022年4月時点)の調剤薬局へとサービスを拡大予定です。


 クオールでは患者さまがより安心・便利に薬局をご利用いただけるようDXを推進しています。これまでも、自社スマホアプリにて処方箋事前予約サービスを展開し、ご好評いただいておりました。特に近年は、新型コロナウイルス対策(二次感染予防)としてニーズが高まっており、2018年と比較してご利用者さまが約115%増加しています。


さらに便利にご利用いただくために、国内月間アクティブユーザー数8,900万人(2021年9月時点)を超え、幅広い年齢層のユーザーに広く利用されているLINEアプリの中でシームレスに利用できるLINEミニアプリの開発に着手し、このたび「クオールおくすり便」の提供開始に至りました。自社スマホアプリからLINEミニアプリによるワンストップでのサービスの提供へ切り替えることで、患者さまとの接点を強化し、より使いやすいサービスの提供へとつなげてまいります。
また、今後の展開として、服用薬に合わせて状況の確認を行うアフターフォロー機能の実装を検討しています。薬剤師との双方向のコミュニケーションを通して、さらなる安心の提供を目指しています。






「クオールおくすり便」の主な機能


◇【LINEで簡単】処方箋の事前予約で待ち時間を短縮できます。

新たにアプリをダウンロードすることなく、普段お使いのLINEアプリ上で、処方箋の事前予約ができます。お薬の準備ができたらLINEでお知らせいたします。なお、本機能は、オンライン調剤システム「薬急便™」とシステム連携しており、これまでブラウザで処方箋を送信されていた患者さまも、同じアカウントでご利用いただくことが可能です。







◇【LINEで安心】電子お薬手帳は自動登録。今後は薬剤師からのアフターフォローもLINEで。

LINEからすぐにお薬手帳を確認できます。処方箋事前送信後にお薬の内容が自動で登録されるので、手軽にお薬手帳を利用できます。
今後さらなる機能充実を図り、LINEで患者さまの服用薬に合わせた状況確認を行い、必要に応じて薬剤師からフォローする機能実装へ向けて検討中です。


◇【LINEで便利】会員証情報やコロナ検査結果の登録ができます。

お手元の会員証(クオールカード)をLINEで管理できます。また、抗原検査の結果をLINEミニアプリに保管でき、イベントなどでの検査証明の提示に便利です。


「クオールおくすり便」のご利用は、クオール公式アカウントを友だち追加すると無料で開始できます。
友だち追加はこちら(https://lin.ee/TpHz0ps


【クオールホールディングス株式会社について】https://www.qolhd.co.jp/
クオールホールディングス株式会社は、調剤薬局事業、医療関連事業、医薬品製造販売事業の3つの事業を経営の柱に、総合ヘルスケアカンパニーとして事業展開をしています。中核事業である調剤薬局事業では北海道から沖縄まで全国に約800店舗を展開しており、質の高い医療と地域への健康サポート機能を提供することで、地域の医療を支える企業です。私たちクオールは患者さま、地域の皆さま、お一人おひとりのクオリティ・オブ・ライフに向き合います。

【クオール薬局について】https://www.qol-net.co.jp/
「あなたの、いちばん近くにある安心」をスローガンに、安心・安全・納得の医療、地域の皆さまの利便性を重視した薬局づくりを展開。医療機関と1対1の信頼関係に基づくマンツーマン出店を基本として、日本全国に調剤薬局を展開しています。また「街ナカ」、「街チカ」、「駅ナカ」薬局を展開し、地域に必要とされるかかりつけ薬局として患者さまの求める薬局を追求し続けています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)