企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

令和4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞

パナソニックグループ

パナソニック ホールディングス株式会社 マニュファクチャリングイノベーション本部 ロボティクス推進室の安藤健が、令和4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞いたしました。
科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者を顕彰しており、特に若手科学者賞は萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績をあげた40歳未満の若手研究者個人に与えられます。

<受賞内容>
【受賞テ―マ】生体特性を利用したロボット制御と医療福祉応用に関する研究
【受賞者】パナソニック ホールディングス株式会社
マニュファクチャリングイノベーション本部 ロボティクス推進室
室長 安藤 健
【技術内容】安藤は、人とロボットが情報に加えて物理的な相互作用を伴う環境下において、人とロボットとの双方向の生体信号の伝達特性を理解し、「ロボットによる人の意図・負荷・感性などの正確な理解」と「ロボット動作・状況の人への正確な伝達」という新たな循環を構築し、相互に学習を行うことにより、人の身体能力や感性を最大限に引き出す独創的な研究を実施しました。本研究成果は、超高齢社会において高齢者・障がい者などあらゆる人の能力を活かし、多様性と包摂性に溢れたより良い社会の実現に更に大きく貢献すると期待されています。

▼[プレスリリース] 令和4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞(2022年4月20日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/04/jn220420-3/jn220420-3.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)