美容・健康 デジタル製品・家電

推定BHQを用いた「脳の健康」と運動習慣の関係性検証の実証研究開始

ベスプラ
~運動習慣を軸に脳の健康との関係性を検証~

株式会社ベスプラ(東京都渋谷区、代表取締役CEO:遠山 陽介、以下:べスプラ)が、支援する一般社団法人ブレインインパクト(理事長:山川 義徳、以下:ブレインインパクト)の「脳の健康」に向けた行動変容に与える影響を検証する実証研究が、2022年4月21日より開始することになりましたのでお知らせいたします。



 本実証研究は、ブレインインパクトのBHQプロジェクト*1が推進し、運動習慣や食生活、ライフスタイルにおいて脳の健康に良い影響・悪い影響を及ぼすと想定される活動や環境が、脳の健康維持・増進に向けた行動変容やこころの健康とどのように関係するかを検証します。

 今回の研究では、従前より脳の健康にいいとされている運動に着目し、フィットネスや運動施設の利用者を対象に、運動の種類や強度、頻度やその継続年度などの属性と脳の健康や、「記憶力」「判断力」「集中力」などの認知機能テストスコアとの関係性について、ベスプラが開発・提供する「脳にいいアプリ」および「推定BHQ」を用いて大規模に検証します。


 本研究は4月21日時点で11のフィットネス・運動施設企業様に参加者募集にご協力いただいており、対象施設の利用者の方に、アプリを通して参加いただけます。また、参加者の方へは、脳の健康状態をアプリでAIが推測する「推定BHQ」サービスを研究期間後も無償利用可能となる特典を提供しております。

■実証研究概要


実施内容:ライフスタイルや運動習慣に関するアンケートと、脳にいいアプリにて健康管理記録・推定BHQの測定を行っていただきます。
対象者:スマートフォンを使用可能な20歳以上の方
募集期間:2022年4月21日~2022年9月30日
参加特典:脳にいいアプリ「推定BHQサービス」の無料提供(研究期間後も無料で利用可能)
参加方法:協力企業様の対象施設にて配布・掲載されているチラシより参加申し込み案内ページへアクセスし、参加できます。


■参加者募集対象施設一覧(4月21日現在、五十音順)
1.エス・パティオスポーツクラブ
  兵庫県神戸市須磨区中落合2-2須磨パティオ健康館2F
2.オリンピッククラブ
  千葉県山武群芝山町宝馬21-5
3.スポーツエンターテインメントA-1 (笹塚店)
  東京都渋谷区笹塚1-50-1
4.スポーツクラブヘミング
  亀岡 京都府亀岡市北古世町2丁目1-7
  出町 京都府京都市左京区田中関田町22-76
5.フィットネス&スパヘミング 伏見 
  京都府京都市伏見区深草綿森町9
6.スポーツクラブOSSO 南砂 
  東京都江東区南砂6丁目7−15 トピレックプラザ 西館
7.ドゥスポーツプラザ
  豊洲店 東京都江東区豊洲2-1-14アーバンドックららぽーと豊洲2 2F
  南砂町店 東京都江東区新砂3-4-3 南砂町ショッピングセンターSUNAMO 4F
  高崎店 群馬県高崎市昭和町204上里店 埼玉県児玉郡上里町大字七本木2272-1ウニクス上里内


 ベスプラは、本研究参加者のBHQ推定や脳の健康維持に向けた行動変容支援が可能なプラットフォームを過去のBHQ研究の成果を応用し開発いたしました。本プラットフォームでは、ベスプラ提供のスマートフォンアプリの利用のみでアプリユーザーのBHQが推定できます。(※サービスは今後有償にて提供予定。実験参加者は期間中無償でご利用いただけます。)
 ベスプラは、本プラットフォームの構築・提供を通して、脳の健康に関する研究をより効率的に実施可能な環境を実現し、脳の健康への貢献を目指します。

*1 BHQプロジェクト:脳の健康管理指標BHQ(Brain Healthcare Quotient)を活用し脳の健康状態の可視化を軸として、様々な活動や環境と脳の健康との関連性について産学公連携で研究推進及び社会実装に向けた支援を実施するプロジェクト。


■お問い合わせ先
一般社団法人ブレインインパクト BHQプロジェクト事務局
問い合わせ先:bhqproject_all@bi-lab.org

<ご参考>
==================
一般社団法人ブレインインパクトについて
 一般社団法人ブレインインパクトは脳の健康管理指標BHQ(Brain Healthcare Quotient)に関連する各種取り組みについての国際標準化活動を推進すると共に、脳情報のデータベースを公的共用リソースとして提供しています。今回の研究成果を活用し、脳科学研究の振興及び研究成果の社会への還元をより一層進めていく予定です。

株式会社ベスプラについて (https://bspr.co.jp
 株式会社ベスプラは認知症予防に向けた脳の健康維持アプリ「脳にいいアプリ」ならびに運転免許更新時の認知機能検査が手軽に試すことができる運転免許の認知機能テストを提供し、ICTを使ったヘルスケアサービスを通して脳と体の健康サービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)