美容・健康

合同会社Lani、著述家永井俊哉先生の新連載「健康とアンチエイジング」をスタート

合同会社Lani
第一回は「糖質制限よりも糖質選別」

合同会社Lani(以下、弊社)は、Webメディア「Lani(ラニ)」にて著述家永井俊哉先生による新連載「健康とアンチエイジング」をスタートしました。毎月1話と先生本人による要点をまとめたYouTube動画を更新します。





(著者談)私は、もともと健康には無関心で、不摂生な生活を送っていたのですが、40歳代の末に健康診断の結果が悪化したのをきっかけに、健康と抗老化を真剣に考えるようになりました。多くの学術論文を読み漁り、自らの体を実験台にして、エビデンスに基づいた健康法を見出そうと模索し、その結果、一定の方法に落ち着きました。それを実践した結果、現在、健康診断の結果は良好となり、タニタの体重計で体重を測ると、実年齢56歳に対して、体内年齢(体組成の傾向から推測される年齢)は30歳代となっています。せっかくなので、自分が編み出した方法を公開して、同じ悩みを抱えている人の役に立てばと思い、連載を引き受けることにしました。今回紹介したサツマイモを主食にするという方法もその一つですが、他にもいろいろあるので、それを連載で紹介していきたいと思います。

 1997年以降、学問の本当の楽しさを一般の人に伝えようと、インターネット上で著作活動を開始し、読者とのインタラクティブな対話を続けている永井俊哉先生。縦横無尽に分野を駆け巡る「後世に語り継ぐべき偉人」として評されていおり、約7年前からエビデンスに基づく抗老化方法を求めて、査読誌をリサーチし、研究を続けてきた成果を一冊の本として出版予定しており、もともと永井俊哉先生の大ファンであった弊社代表の須山がコンタクトを取りLaniで一部連載していただける運びになりました。

4月の連載第1回のテーマは「糖質制限より糖質選別」です。



https://lani.co.jp/103655

 弊社代表の須山も実践したところ、蒸したサツマイモの美味しさにおどろき。茹でて煮汁を飲むのがベストとのことですが、蒸したサツマイモの美味しさはまるでスイートポテトのようでお菓子や間食も不要になりました。美味しさのあまりサツマイモを主食にすることに成功!先生のように体内年齢を若くキープできるように頑張りたいです。

 いまの20代~30代の人はあまりサツマイモを食べるという習慣がない人が多いとおもいますが、ぜひ一度食べてみていただきたいです。2歳の娘も喜んで食べており、お通じもよくなりました。このように多くの人の心を動かし知で世の中に感動を与え魅了し続けている著述家永井俊哉先生の連載をぜひLaniにてお楽しみください!

「健康とアンチエイジング」バックナンバー
https://lani.co.jp/author/nagaitoshiya

◆永井俊哉先生とは
著述家。専門の枠を超えて新たな知の統合を目指すフリーの研究者。1965年、京都生まれ。1988年、大阪大学文学部哲学科卒業。1990年、東京大学大学院倫理学専攻修士課程修了。1994年、一橋大学大学院社会学専攻博士後期課程単位修得満期退学。1997年、初めてウェブサイトを立ち上げる。現在、永井俊哉ドットコムや永井俊哉チャンネルを運営している。

【関連リンク】
◎ 永井俊哉ドットコム目次
https://www.nagaitoshiya.com/ja/

【永井俊哉先生の主な書籍】
『ファリック・マザー幻想』リーダーズノート(2008/12/15)、
『縦横無尽の知的冒険』リーダーズノート(2003/7/15) 他多数。

◆合同会社Laniとは
Webメディア運営が主な事業の会社です。
他にも、お客様と想いを反映したオリジナルデザインのホームページの制作等も行っています。初期費用などコストを抑えて結果を出したいといったご要望にもお答えしております。

高品質なホームページ制作だけでなく、その後の運営やSEO対策・WEBアプリの開発など、クライアントの業務に深く携わることにより有益な提案とトータルソリューションを提供します。

商号      :合同会社Lani
設立      :2021年7月7日
代表者     :代表社員 須山輝明
本社所在地   :〒230-0014 神奈川県横浜市鶴見区諏訪坂19-26
業務内容    :Webメディア事業・EC事業・ホームページ/WEB制作・SEO事業・レコード・レーベル事業
公式WEBサイト : https://lani.co.jp/
お問い合せ先  :https://lani.co.jp/contact/
Laniの代表作  :https://lani.co.jp/ataru-denwauranai-ranking
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)