美容・健康 流通

【数量限定】素肌感覚で水のように快適。アンプルールからシミ*1を予防する、極軽アクアジェルUV 2022年4月27日(水)新登場!

株式会社ハイサイド
美容・健康・医療を掲げる株式会社ハイサイド(本社:東京都目黒区、代表取締役会長兼CEO:高瀬 武英)では、展開するドクターズコスメ「AMPLEUR(アンプルール)」より、『ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV アクア』を2022年4月27日(水)に数量限定で発売いたします。



素肌感覚で水のように快適。シミ*1を予防する、極軽アクアジェルUV
アンプルールの日焼け止めに、まるで水のようにフレッシュな使用感のアクアジェルタイプが仲間入り。肌にのばした瞬間、水に変化しスーッとのびる、新感覚UVです。

国内最高レベルの紫外線カット効果はもちろん、大気汚染やブルーライト対策*2にも対応した高機能処方。 汗や水にも強く、首やデコルテ、ボディ使いにも。
シミ*1やくすみ*3などの原因を隙なくブロックします。

*1.日焼けによる *2.ブルーライトによる乾燥から肌を守る *3.乾燥によるキメの乱れ

【製品特長】


POINT 1:みずみずしさの秘密は独自処方の「メルティングアクアエマルジョン」

特殊なうるおいジェルが紫外線カット剤を均一に抱え込むことで、みずみずしい使い心地と国内最高基準のUV防御力を両立。
肌にのばすとジェルが水のように溶け広がり、耐水性の高い密着ヴェールを形成。
汗・水に強く、日中の肌を紫外線や乾燥から強力に守ります。






POINT 2:環境ストレス*4などの外的ダメージから透光素肌を守り抜くマルチプロテクト処方

紫外線UV-A、UV-Bを徹底ブロックするとともに、ブルーライトによる乾燥、PM2.5・花粉・ほこりなどの大気汚染物質による環境ストレスから肌を守り抜くマルチプロテクト処方です。
【整肌成分】
[ブルーライト対策]
・ルテイン

[大気汚染対策]
・リペア-D(プランクトンエキス)
・APバリア(エルゴチオネイン、ワサビノキ種子エキス)


*4.乾燥などによる

POINT 3:美容液成分88%*5配合。肌荒れを防ぎながら、肌本来のハリ・つや・透明感を守る

うるおい・ブライトニング・ハリを守る美容液成分を贅沢配合。つけている間中、マスク荒れを予防しハリ・つや・透明感を与えます。

【保湿・整肌成分】
[乾燥ケア]
・ハトムギ種子発酵液
・モイストバリアコンプレックス*6

[肌荒れ予防]
・CICA(ツボクサエキス)

[ハリケア]
・浸透型コラーゲン
・プラセンタエキス

[ブライトニング]
・メマツヨイグサ種子エキス

*5.水を含む *6.セラミド(表示名称:セラミドNG)、リピジュア(表示名称:ポリクオタニウム-51)、スクワラン

POINT 4:水のようにスーッとのびて後残りなし




塗り重ねてもみずみずしく快適。
首やデコルテまでのばして使いやすい、色が付かない透明タイプです。
汗・水にも強いのに、石けんで落とせるからボディ使いにもおすすめ。


【商品概要】



品名:ラグジュアリーホワイト WプロテクトUV アクア[日焼け止め美容液]
容量:30g
価格:4,620円(税込)
発売日:2022年4月27日(水)
SPF/PA:SPF50+/PA++++
※公式サイト・国内直営店(銀座店・大阪高島屋店・エディオンなんば店)にて4月21日(木)先行発売

■ アンプルール公式サイト
https://www.ampleur.jp/

■肌の悩みを美しく解決するClinical Solution Cosmetics AMPLEUR(アンプルール)
アンプルールは、美容皮膚の知識を持つ
さまざまな専門家たちの英知を結集した
先進のクリニカルソリューションコスメティクスです。
皮膚科学とバイオロジー研究にもとづくクリニカルアプローチで
あらゆる未解決の肌問題を解決へ導き、
その人自身の美しさをより引き出していきます。

■アンプルール公式SNS
アンプルール公式Instagram
https://www.instagram.com/ampleur_official
アンプルール公式Twitter
https://twitter.com/AMPLEURofficial
アンプルール公式Facebook
https://www.facebook.com/ampleur

■株式会社ハイサイドについて
商号:株式会社ハイサイド
本社:東京都目黒区中目黒1丁目10番23号
代表取締役会長兼CEO:高瀬 武英
代表取締役社長:根津 崇
創業:2003年3月14日
事業内容:化粧品、医薬部外品の企画・開発・販売、美容サロンの経営コンサルティング、オウンドメディアの運営HP :https://www.hsco.co.jp






















企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)