美容・健康

新時代サプリ”CBD"に日本の消費者は今何を期待しているのかを大調査!

eComplete Ltd.
眠れないストレスフルな毎日を変える?世界が注目する新時代サプリメント”CBD”についてアンケートを行いました。

・新時代のトレンドサプリ”CBD” ・グローバルマーケティング企業eCompleteは日本の消費者230人に向けアンケートを実施 ・期待されているのは「睡眠」と「ストレス」のサポート ・今の日本にぴったりなサプリメント ・eCompleteが注目するグローバルCBDブランドをご紹介



世界中でトレンドなCBD

最近日本でも耳にするようになってきたCBD。ヘンプ植物から抽出されるこの物質は、すでに欧米のヘルスケアのトレンドとして大注目されています。英国に本社を置くマーケティング企業eCompleteでは、日本でのCBDの爆発的人気を予見しており、今までに日本の消費者を対象にCBDに関するアンケートを行ってまいりました。今回はその結果の一部をご紹介します。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※2022年2月~4月インターネット230名アンケート(自社実施)
対象:CBDを聞いたことのある日本人男女
---------------------------------

睡眠の質の向上を多くの人が期待



【結果】
睡眠の質を上げたい 29%
ストレスケア 25.9%
全体的な健康のため 18.5%
痛みの緩和 12.5%
など

CBDに期待するものを問うアンケートでは、「睡眠の質のサポート」を期待する人が約30%おり、続いて「ストレスケア」が25%以上にのぼりました。



取り入れるならどのアイテムか?はオイルがダントツ人気



【結果】
CBDオイル 71.9%
CBDカプセル 14%
CBDグミ 7.9%
CBDスナック(クッキーなど) 6.1%

最近はエディブルタイプのCBDを日本のお店で目にすることが多いですが、意外にも一番ベーシックなオイルの需要が高いことが分かりました。コスパが良いというのが理由にあるようです。今回電子タバコ用リキッドは選択肢に入れておりません。

自分の健康は自分で守る。ストレス社会にこそCBD!?

最近のヘルスケアの傾向として、自分の健康は自分で守る「セルフメディケーション」という考え方があります。ストレスが何かと多い今だからこそ、しっかり休んで自分らしさを保ちたいというのが消費者の皆さんの願いなのではと考えます。


CBDの需要が高まるにつれ、セルフメディケーションの考え方はヘルスケアの新常識になっていくのではと思います。


eCompleteが選ぶ注目のCBDブランド

日本国内でのCBDブランドの増加が著しいなか、eCompleteが注目しているCBDブランドは以下の通りです。継続して動向を探ります。

・Naturecan(ネイチャーカン)https://www.naturecan.jp/
自社でアメリカの農家と契約し製品に至るまで最低6段階の品質テスト実施。高品質と低価格を実現しているイギリスを代表するCBDブランド。マイプロテインの創設者が創業し2年あまりで世界30カ国以上に規模を拡大。

・CannaTech(カンナテック)https://cannatech.co.jp/
欧米各地から原料を輸入し、国内で製品の製造を行う。特許技術での抽出を行うブロードスペクトラムCBDオイルはOEMとしても販売している。

・ENDOCA(エンドカ)https://endoca.co.jp/
デンマーク発のグローバルCBDブランド。種から店頭へをスローガンに掲げオーガニックヘンプを使用して商品開発を行っている。サスティナブルな活動をしていることでも知られる。

eComplete社について

代表:Paul Gedman本社所在地:英国
公式サイト:https://www.ecomplete.com/
公式Instagram:@ecom.plete
数十年にわたるデータ解析や投資、海外展開の知見を持つプロフェッショナルを集め2020年に創業したマーケティング企業です。Eコマース事業を得意とし、イギリスを拠点に世界30カ国以上での事業展開をしています。最近は日本国内でNeon Beachというネオンサインブランド立ち上げを行っております。

最近の記事

世界シェアNo.1ネオンサイン通販ブランド『Neon Beach』がついに日本上陸!日本の昼夜をエモくする!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000093048.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)