住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

R65不動産が、全国70箇所以上で介護付きホームを運営するサンガジャパンと業務提携。

株式会社R65
賃貸住宅オーナーが抱える高齢入居者の「認知症」問題に対して、リスク回避の仕組みを提供開始。

65歳からのお部屋探しを専門で支援する株式会社R65(本社:東京都杉並区、代表取締役社長:山本遼、以下「R65不動産」)は、2022年4月に全国70箇所以上で介護付きホームを運営する株式会社サンガジャパン(代表取締役社長:神成 裕介、以下「サンガジャパン」)と業務提携を行いました。 高齢者が賃貸を借りにくい原因の1つに、入居後の認知症発症による家賃滞納の恐れなどがあります。全国70箇所以上で介護付きホームを運営するサンガジャパンと連携することで、認知症によりやむを得ず転居先の確保が必要な場合に、不動産オーナーがリスク回避できる仕組みを構築していきます。




■提携の背景


認知症患者が約700万人に。賃貸住宅オーナーが抱える高齢入居者の「認知症」問題。

弊社が昨年行った「高齢者の住宅難民問題」に関する調査では、「65歳以上の4人に1人が賃貸住宅への入居を断られた経験がある」ことが明らかとなっています。

高齢者に賃貸住宅を貸し出す不動産オーナーの最大の懸念点は「孤独死による事故物件化」であり、この問題に対しては「R65あんしん見守りパック」(高齢者の見守りサービス)を提供してきましたが、もう一つの大きな懸念点として「認知症」による家賃滞納の恐れや近隣住民への不安などがあります。
認知症の有病者数は、※2025年には約700万人になると予想されていますが、この問題に対する万能な解決策は見つかっていません。

そこで、全国70箇所以上で介護付きホームを運営するサンガジャパンと連携することで、認知症によりやむを得ず転居先の確保が必要な場合に、不動産オーナーがリスク回避できる仕組みを構築していきます。

■概要


高齢入居者の認知症にまつわる相談を受付け、転居先を確保。

今回の提携先である株式会社サンガジャパンは、全国を対象に70箇所以上の介護付きホーム等を運営していることを強みとしています。

弊社では、全国の賃貸住宅オーナーや不動産管理会社から入居者の認知症にまつわるご相談を受付け、場合により転居先をご紹介します。


■関係者コメント


株式会社サンガジャパン 代表取締役社長 神成 裕介

団塊の世代をはじめとし、急速な少子高齢化が進み、社会のニーズは著しく変化していっています。私たちは、シニアの方々の人生の伴走者として今回の提携を通して、介護が必要である方、そうでない方に関わらずシニアの皆さんが少しでも安心して、様々な選択肢が取れる社会を実現していければと思います。


株式会社R65 代表取締役社長 山本 遼



これまで孤独死による事故物件化の問題解決を行ってきましたが、入居者の認知症を気にされる大家さんと多く会話してきました。業界としても万能な解決策がなく、不動産会社だけで解決することはとても難しいことだと思います。今回の提携によって、少しずつではありますが、その障壁を減らしていきたいと考えます。

■関連URL
※認知症施策の総合的な推進について
https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000519620.pdf

■会社概要 株式会社サンガジャパン
サンガジャパングループは、「家族主義」「共に生きる」を基本理念として、各地域の特性やニーズにあった介護事業の展開を行なっています。国内では30拠点を超え、急速に高齢化が進むアジアの国々にもその輪を広げており、一人でも多くのお年寄りが生まれ育った地域で「長生きしてよかった」と心から思える終焉を迎えることができるように、地域に密着した、質の高い介護サービスを提供しています。

代表取締役 神成 裕介
本社所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目252番地
設立:令和1年5月20日
URL:https://www.sanga-kaigo.co.jp/

■会社概要 株式会社R65



日本は世界で最も高齢化率が高いにもかかわらず、65歳以上の「住宅難民」 が社会問題となっています。急な立ち退きによるお部屋探しが増える中、65歳以上の4人に1人が賃貸住宅への入居拒否を経験。R65不動産は、65歳からのお部屋探しを専門で支援する不動産会社として、物件を貸し出す際のあらゆるリスクの解決を行い、65歳以上の入居可能な賃貸物件を増やすことで、「いくつになっても、好きな場所に住める社会」を実現していきます。

代表:山本 遼
本社所在地:東京都杉並区荻窪4-24-18
設立:2016年4月7日
URL:https://r65.info/

【本件に関するお問い合わせ先】
広報:飯田 / E-mail:tetsuya.iida@r65.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)