ネットサービス・アプリ 美容・健康

女性医療×AIのvivola、不妊治療データ検索アプリ「cocoromi(ココロミ)」を活用した広島県特設ページを開設

vivola株式会社
~広島県で不妊治療に取り組む患者に向けた情報提供サービスを開始~

「AI x 女性医療」を軸にサービスを展開するvivola株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:角田夕香里、以下「vivola」)は、広島県と連携し、2022年4月21日 (木)より、当社が運営する不妊治療データ検索サービス「cocoromi(ココロミ)」を活用し、不妊治療に取り組む患者に向けた情報発信のためのコラボページを開設しました。



取り組みの背景

 国内における少子化は加速しており、2020年の出生数は87万人で過去最少となる一方で、子供を産みたくても産むことができない、不妊治療をしている患者が50万人以上に上り、不妊の心配をしたことがある夫婦は35%、実際に不妊検査や治療を受けた夫婦は18% (※1)に上り、およそ5.5組に1組が不妊治療をしている事になります。

 不妊治療を取り巻く環境には課題が多々見受けられますが、それらの課題について、vivolaでは民間企業のみだけでなく、医療機関、行政の皆様を取り組んでいくべき社会課題であると捉えています。

※1  2015年社会保障・人口問題研究所の調査, 厚生労働省「不妊治療と仕事の両立サポートハンドブック」資料より抜粋 https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/dl/30l.pdf



広島県との共催セミナーおよび「RING HIROSHIMA」に採択

 これまで当社では、令和3年度 経済産業省「フェムテック等サポートサービス実証事業費補助金」にも採択され、企業の人事や管理職の方々に不妊治療の基礎知識を知ってもらい、職場の環境整備を考えるきっかけにしていただくための「不妊治療と仕事との両立セミナー」を実施してまいりました。その取り組みの中で広島県とも連携し、令和4年3月に広島県内企業向けのセミナーを開催致しました(※2)。

※2 広島県内企業様向け「不妊治療と仕事の両立ができる職場環境整備セミナー」
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/248/ryoritsushien-seminar.html





 さらに、広島県の社会課題解決・イノベーション創出を支援する「RING HIROSHIMA」に採択いただき、活動内容を検討してまいりました。広島県では、これまで不妊や不育に悩む夫婦や家族に対し、不妊・不育に関する専門的な相談や心の悩みなどについて専門の相談員(助産師)がお応えする「不妊専門相談センター」や、男性・女性それぞれに知って欲しい基礎知識や助成制度などを詳しく紹介する「広島県ふたりの妊活全力応援」サイトを開設しています。当社では、このような有用性の高い情報サイトをより多くの方に知っていただくため、当社アプリ「cocoromi」内に、広島県在住の方向けに上記サイトを紹介する特設ページを開設することになりました。



cocoromiアプリ広島県特設ページについて

 特設ページ内では、広島県における不妊治療についての以下の情報提供をすることで、不妊治療を現在行っている、もしくは今後行うことを検討しているカップルやご夫婦の精神的な負荷を軽減することを目的としています。




県特設ページの内容




 なお、今後は広島県の実施する妊活に関するアンケートも同ページにて実施を予定しており、県民の皆様のお声をより良い治療環境の整備のための取組みへと活かしてまいります。


vivolaについて
人生100年時代と言われ、女性の社会進出、晩婚、晩産化が進む現代、ライフスタイルやキャリアの在り方には変化が起きつつあります。しかし、寿命が延びていても女性の出産適齢期は大きく変化しておらず、医学的な妊娠、出産のベストタイミングは、現代の感覚とずれが生じてきています。当社は人生100年時代のライフステージの捉え方を見直し、女性医療を支えるAIサービスを提供してまいります。

会社概要
会社名: vivola株式会社
代表者: 代表取締役 CEO 角田夕香里
設立年月:2020年5月
本社 : 東京都渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷5F
URL : https://www.vivola.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)