美容・健康

おなかの脂肪には「腸内環境」が大きく関わっていることに着目。おなかの脂肪、体重・体脂肪を減らしたいという大人女性の願いをサポート!機能性表示食品『インナースマート』2022年5月18日(水)新発売

株式会社アテニア
株式会社アテニアは、『インナースマート』 <3,888円(税込)>を、2022年5月18日(水)より通信販売および直営店舗にて発売します。



おなかを中心とした皮下脂肪や内臓脂肪は、加齢とともに蓄積しやすくなり、以前に比べて太りやすく、 “ぽっこりおなか”が気になるという女性は少なくありません。
アテニアは、おなかの脂肪には「腸内環境」が大きく関わっていることに着目し、おなかの脂肪や体重・体脂肪を減らす機能性表示食品『インナースマート』を発売します。


【商品詳細】

『インナースマート』
4つの機能性関与成分がチカラを発揮。腹部皮下脂肪や内臓脂肪にアプローチして、お腹の脂肪を減らします。「植物由来カプセル」を使用し、配合成分を適切な場所で溶け出るように設計しています。
価格:3,888円(税込)
容量:90粒(1粒の内容量300mg)
1日3粒 約30日分

摂り方:目安量を守り、水などと一緒に召し上がりください。
この食品に関するアレルギー物質:えび、かに、卵、乳

※合成着色料・香料、保存料すべて無添加
※妊娠・授乳中の方、お子様は召し上がらないでください。
※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。

機能性表示食品




太っている人とやせている人では、腸内フローラのバランスが違う!


約100兆個も存在する腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種に分類されます。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は腸内で『短鎖脂肪酸』を生産します。『短鎖脂肪酸』は脂肪の消費を助ける働きがあります。
一方で、悪玉菌は腸内で有害物質をつくり、腸の働きを悪化させるだけでなく、有害物質が体に吸収されることで脂肪を溜め込む傾向に…。
実は、最も数の多い日和見菌は、善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢な方の働きを助けます。
つまり、善玉菌優勢な腸内フローラを保つことが、さらなる“やせやすさ”につながるのです。


keyword 「短鎖脂肪酸とは」
脂肪の蓄積を抑え、エネルギー消費を促すほかにも、私たちの体によい働きがたくさんあると考えられている、注目の脂肪酸。
酢酸、プロピオン酸、酪酸などの種類があり、善玉菌が食物繊維を“エサ”として、エネルギーをつくり出す際の副産物として産生します。善玉菌の多い腸内なら、さらに増えやすく。



4つの機能性関与成分がチカラを発揮!※成分研究評価済




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)