デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

厚労省が労働現場の高齢者労災防止対策【エイジフレンドリー事業】実証事業の報告書を公開

UNTRACKED株式会社
「高年齢労働者安全衛生対策実証事業」において、転倒リスク可視化の対策を第三者により実証!

高齢化社会を迎える我が国では、3秒間に一人が転倒、30秒間に一人が転倒による骨折をしているといわれており、労働現場においても、労働者の高齢化に伴い、転倒事故による損失は深刻な問題となっています。厚生労働省は労働現場のエイジフレンドリーな職場づくりの促進の一環として、「高年齢労働者安全衛生対策実証等事業」を実施しています。 UNTRACKED株式会社は、「令和3年度 高年齢労働者安全衛生対策実証等事業」に採択され、厚生労働省が指定する第三者機関により、当社開発製品である「転倒リスク可視化装置 StA2BLE(ステイブル)」の有用性を客観的に検証した結果、「転倒リスクを定量的に可視化する対策である」ことが実証され、厚生労働省より報告書が公開されました。 ※ 第三者機関:一般社団法人埼玉県環境検査研究協会 ※ 実証機関:JFE スチール株式会社 西日本製鉄所・一般社団法人埼玉県環境検査研究協会


令和3年度「高年齢労働者安全衛生対策実証」について(厚生労働省)実証報告書の掲載
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19051.html


【評価方法】
StA2BLE計測結果と身体機能計測結果を比較し、統計的検定により解析評価した




【実証結果の概要(報告書より抜粋)】

事後評価アンケートでは、デバイスの装着感や評価結果に対し高い満足感を示す意見が多かった。
身体機能計測と比較しても、身体機能を反映する簡便な転倒リスク評価法であり新規性・有効性があるといえる。
転倒リスクを簡便にかつ高精度に検出でき、総合的な満足感も含め、エイジフレンドリーを目指す職場において転倒リスクを可視化できる対策であるといえる。


労働災害の中で、転倒災害が高齢労働者に多く発生しています。StA2BLEにより身体機能を定期的に計測・評価することで、これまで自覚が難しかった自身が抱える転倒リスクを数値として簡便に把握することができます。これにより、転倒防止意識の向上など、転倒リスクの低減が期待されます。エイジフレンドリーを目指す職場において転倒リスクを可視化できる対策であるといえるとされ、60歳以上の高年齢労働者を雇用する中小企業を対象としたエイジフレンドリー補助金※の対象として検討されることになります。

※エイジフレンドリー補助金
エイジフレンドリー補助金は、高齢者が安心して安全に働くことができるよう、中小企業事業者による職場環境の改善等の安全衛生対策の実施に対し補助を行うもの。
(参考)令和令和3年度エイジフレンドリー補助金詳細URL
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09940.html

【UNTRACKED株式会社について】
UNTRACKED株式会社は横浜国立大学発ベンチャーとしてヒトのメカニズムモデルと独自の確率的AI 技術による効果的な人間支援システムを身近な装置として届けることを目指して設立しました。「今よりも新しい世界を。」未だ知らないヒトの神秘を探求するとともに、理学療法学・工学の専門家が人々の安心・安全な生活や技術開発をトータルサポートします。
【立位年齢(R)検査装置StA2BLE(ステイブル)概要】


立位年齢(R)検査装置StA2BLE は、指先への感覚刺激とAI 技術により世界で初めて転倒リスクの可視化を実現したウェアラブルデバイスです。転倒リスクの評価において、 従来測る事ができなかった身体能力と感覚能力の総合的な転倒リスク評価を可能とし、1分で立位年齢(R)として算出する事ができます。労働現場や、デイサービス、病院、老人福祉施設など様々なシーンに転倒リスクの見える化サービスを提供し、転びにくいからだづくりのための提案をしています。


【会社概要】
会社名:UNTRACKED 株式会社
所在地:〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-7 横浜国立大学総合研究棟E206-1A
代表者:代表取締役 COO 神谷 昭勝
設立:2019 年4 月
URL:https://www.untracked.co.jp/
【お客様からのお問い合わせ先】
e-mail:info@untracked.co.jp



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)