医療・医薬・福祉

5月5日はこども日&くすりの日、総合かぜ薬『ルル』 「家族をつなぐ くすり箱プロジェクト」第二弾を開始!

第一三共ヘルスケア株式会社
4月25日よりスペシャル動画公開&Twitterキャンペーンを開催

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、総合かぜ薬『ルル』において、かぜ薬の定期的な見直しや入れ替えを推奨することを目的とした「家族をつなぐ くすり箱プロジェクト」の第二弾を4月25日(月)より開始します。プロジェクト第二弾は熊本県阿蘇郡小国町にある杖立温泉を舞台に、地元の木工房とコラボレーションしたスペシャル動画を公式サイト上で公開。また「家族をつなぐ くすり箱Twitterキャンペーン」を開催し、当選者には阿蘇小国の匠によって製作された『ルル』オリジナルくすり箱とオリジナルコースターをプレゼントします。






公式サイト:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_lulu/lulu-a/kusuribako-pj/

■『ルル』からのメッセージ
かぜ薬『ルル』が誕生してから70年。家庭の常備薬として、長く愛されてきました。社会の変化とともに、家族のあり方も多様化してきていますが、今も昔も変わらない「家族の絆」を『ルル』は大切にしたいと考え、「家族をつなぐ くすり箱プロジェクト」を立ち上げました。くすり箱をしっかり準備することは、家族の病気やケガに備えることと共に、大切な家族への想いを、世代を超えて受け継いでいくことだと考えています。

・かぜをひいて寝苦しい夜、お母さんが飲ませてくれたかぜ薬。
・自転車で転んで泣きながら帰った時、おばあちゃんがやさしく塗ってくれたキズ薬。
・部活で足をくじいた時、お父さんが貼ってくれた湿布薬。

振り返ると、くすり箱には、家族の温かさを感じるエピソードが詰まっているかもしれません。
『ルル』はこのプロジェクトを通じて、これからも皆様に寄り添っていきたいと思います。
日本のかぜにはルル3錠。

■「家族をつなぐ くすり箱プロジェクト」第二弾の概要
1. スペシャル動画の公開

くすり箱が、家族の笑顔をつないでいく。
今までも、そしてこれからも、ずっと家族を見守り、笑顔を未来へつなぐ存在であってほしい。
くすり箱にそんな想いを込め、ルルはこのプロジェクトをはじめました。
伝統や文化をつむぐ匠によって生まれたくすり箱に、
ルルの想いも一緒に詰めて、皆さんのもとへ届けていきます。

第二弾は、熊本県阿蘇郡小国町で日々素晴しいプロダクトを生み出している「かける木工舎」さんにご協力いただき、阿蘇小国のシンボルでもある「小国杉」を使用したくすり箱を製作いただきました。金釘などの接合道具を使わずに、木と木を組み合わせて完成させる指物(さしもの)という日本独自の技法がほどこされたくすり箱です。公式ホームページでは、こだわりの製作過程に込められた想いと、くすり箱が家族のもとへ届く様子を動画として公開します。

・匠プロフィール
かける木工舎 東村英司さま/當房こず枝さま

まるで会話するように、木の個性を読み解くこと。生み出されるのは、人の暮らしに溶け込み、月日を重ねることで温かみを増していく世界にひとつだけのプロダクト。かける木工舎では、そんな「木のある暮らし」をデザインしています。

2. 「家族をつなぐ くすり箱Twitterキャンペーン」を開催!


2022年4月25日(月)~2022年5月8日(日)の期間中にTwitterにてルル公式アカウント(@lulu_dshc)をフォローし、該当ツイートをリツイートすることで、抽選で5名様に「家族をつなぐ くすり箱(阿蘇小国)」、抽選で50名様に「ルルオリジナルコースター(6枚)」をプレゼントします。


・応募方法
1. ルル公式Twitterアカウント(@lulu_dshc)をフォロー
2. 該当のキャンペーンツイートをリツイート
3. 当選者にはルル公式アカウントからDMにてご連絡

■第一三共ヘルスケアについて
第一三共ヘルスケアは、第一三共グループ(*)の企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考えのもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
* 第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)