美容・健康

【SNSキャンペーン】今から始めたい泡の頭皮ケア!ナノエッグの薬用育毛剤「ふわり」を100名様にプレゼント

株式会社 ナノエッグ
応募期間は2022年4月25日(月)~5月14日(月)

株式会社ナノエッグ(本社:東京都港区、代表取締役 山口葉子)は、2022年4月25日(月)より、「薬用育毛剤ふわり(医薬部外品)」の体感プレゼントキャンペーンを、<ナノエッグ公式インスタグラム>と<ナノエッグ公式ツイッター>にて開催いたします。



マスクを着用するようになり、アイメイクと共にヘアケアが注目されています。
マスクで隠れる部分が多くなったことにより、より髪が印象を左右するようになりました。
ハリ・コシのなさ、うねり、パサつき、抜け毛、薄毛・量の少なさ、細さ、ツヤのなさ、かゆみ・フケ…
これらの髪悩みは、髪の土台となる頭皮をケアすることでアプローチできます。

ナノエッグ独自の毛髪浸透技術を搭載した薬用育毛剤「ふわり」は、泡タイプの育毛剤が髪に密着。
手軽にケアできると、発売から6年経った今でも多くの女性から支持を受けています。
先日放送のTVショッピングでも大好評をいただきました。

今回、そんな「ふわり」を手に取っていただく機会としてキャンペーンを実施いたします。


【キャンペーン概要】



今や頭皮ケアは、エイジングサインや薄毛が気になる人だけのものではありません。
将来の髪や美しい髪を育むためにも、早めのケアがおすすめです。
はじめて育毛剤を手に取る、液だれなどが気になって続けることができなかった、そんな方にもご応募いただきたいキャンペーンです。

<薬用育毛剤「ふわり」体感プレゼントキャンペーン>
■期間:2022年4月25日(月)~5月14日(土)
■プレゼント商品:薬用育毛剤ふわり(医薬部外品) 50mL 2,040円(税込)
■当選人数:100名
■実施メディア:ナノエッグ公式インスタグラム、ナノエッグ公式ツイッター
Instagram: https://www.instagram.com/nanoegg_horei/
Twitter: https://twitter.com/nanoegglabo
■応募方法:SNSアカウントをフォローの上、該当投稿にいいね!
※Twitterはリツイート(引用RTもOK)で当選確率2倍


【薬用育毛剤 「ふわり」(医薬部外品)について】



「ヘアスタイルが、昔のようにオシャレに決まらなくなった」「抜け毛がだんだん増えてきた」「髪のボリュームが足りない感じがする」。
実は、髪の印象の変化やお悩みには、本数だけでなく“髪の太さ”も大きく影響しています。それは、30代をピークに、髪1本1本がだんだんと細くなっていく“髪痩せ”が起こるために、毛髪密度が減少するから。
髪の印象変化を感じたら、早めの育毛ケアが必要です。

「ふわり」は、髪をルートにして有効成分(グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、センブリ抽出リキッド)を毛根へのアプローチを目指す、新しい発想の泡タイプの育毛剤。
有効成分をたっぷり含んだ泡が髪と頭皮に密着し、1人につき約10万本あるといわれている髪から芯部、さらに毛根へのアプローチを目指し、発毛促進や育毛へと導きます。

髪1本1本にしっかり密着する泡タイプを採用。
髪をルートにして頭皮へ届くため、髪をかき分けて頭皮に塗布する必要がありません。
気になる液だれが起こりにくく、はじめて頭皮ケアをする方にもピッタリです。
無香料、無着色、弱酸性、低アルコール処方。


【ナノエッグについて】

聖マリアンナ医科大学難病治療研究センターのDDS研究室から、2006年に創業。有用性が高く、副作用の少ない薬剤を必要なところで効率よく作用させる技術『DDS 〔ドラッグデリバリーシステム〕』や、皮膚の難治性疾患の創薬研究を推進。
アトピー性皮膚炎の原因探索研究及び完治を目的とした新たな治療法や、肌に塗る・貼るだけの「針のない」ワクチン開発などを構想、皮膚科学研究から医療のブレークスルーを起こすことを目指しています。

社 名:株式会社ナノエッグ
代表者:代表取締役 山口葉子
本 社:東京都港区赤坂7-1-15 アトム青山タワー5F
研究所所在地:神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-14 ナノ医療イノベーションセンター4F
設 立:2006年4月
事業内容:医薬品研究開発、医薬部外品・化粧品開発及び販売事業、医薬品基剤・化粧品配合原料販売事業
コーポレートサイト: https://www.nanoegg.co.jp/
ナノエッグオンラインショップ: https://www.nanoegg.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)