美容・健康

ヘアケアブランド「フィーノ」が新しい社会貢献のカタチを提案「360°つながる医療用ウィッグプログラム」2022年4月26日(火)始動

株式会社ファイントゥデイ資生堂
~髪を通して誰もがつながる“生まれ変わり体験※1”を実現~

ファイントゥデイ資生堂が展開するヘアケアブランド「フィーノ」は、 ブランド誕生以来フィーノを通して「まるで美しさが生まれ変わるような体験を通して、 その一日がより満たされ、 気持ちまでもが生まれ変わるような体験」をお届けしてまいりました。 この度、 その体験をさらに多くの方にお届けすべく、 髪を寄付するというヘアドネーションという枠を超え、 医療用ウィッグとしてレシピエントの手元に届くまでに介在する方々を含め、 医療用ウィッグに関わる360°すべての方がつながる新しい社会貢献のカタチを提案するプログラム【HAIR TOUCH YOU のばせば届く。 】を、 本日4月26日(火)より始動いたします。   【フィーノ 医療用ウィッグプログラム公式サイト】 https://brand.finetoday.com/jp/fino/hair_touch_you/





医療用ウィッグをとりまく方々の想いが重なる場が生まれる – フィーノが目指す新しい社会貢献のカタチ –
ヘアケアブランド「フィーノ」は、「まるで美しさが生まれ変わるような体験を」というブランドの想いのもと、お客さまに商品をお届けし、ブランド誕生以来今日まで多くの方の想いをいただきながら成長してまいりました。フィーノを通して感じていただいた「生まれ変わり体験(※1)」は、お客さまからもソーシャルメディアなどで数多く共有いただき、いまもなお生まれ続けています。このように、“髪”を通してたくさんの方々の気持ちを感動とともにつないできたフィーノだからこそできる、今回のプログラム【HAIR TOUCH YOU のばせば届く。】。すべての方に、その一日がより満たされ、気持ちまでもが生まれ変わるような体験をお届けするために、医療用ウィッグをとりまくすべての方をフィーノがつなぐプログラムです。
【HAIR TOUCH YOU】“髪”を通してあなたの・私の感動が生まれ、【のばせば届く】今まで届けたくても届きにくかった、ドネーションをした方々、レシピエント、美容師や医療従事者の方々の想いを見える化し、つないでいく仕組みを作る新しい社会貢献のカタチです。“髪”がつながるきっかけとなり、医療用ウィッグに関わる方すべての「生まれ変わり体験(※1)」をお手伝いしてまいります。

(※1)フィーノが提案する「生まれ変わり体験」とは、まるで美しさが生まれ変わるような体験を通して、気持ちまで前向きになること。すなわち「気持ちまでもが生まれ変わるような体験」です。

【プログラム発足の社会背景】
新型コロナウイルス感染症が流行して以来、メディアなどを通して医療に注目する機会が増えたことで、病気と闘う人や、それを支える人・モノへの関心が、世代を問わず集まっています。また、「SDGs(持続可能な開発目標)」への関心の高まりにより、SDGsゴール5、10などに示されるように、どのような立場にあっても、自分らしく活躍できる社会の実現がより一層求められています。
医療分野に目を向けると、大きなトピックスとして、日本のがん罹患数は増加傾向にあり(※2)、人口の高齢化が要因の一つとされていますが、がん患者の約3人に1人は20~60代の就労可能年齢で罹患(※3)しています。一方で、医療の進化も伴い、がんの生存率は上昇 (※4)。また、退院患者の平均入院日数も以前より短くなったことで(※5)、社会と関わりを持ちながら治療をするケースも増加傾向にあると言われています。
こうした現状から、注目されているのが「アピアランスケア」(※6)で、とりわけ、医療用ウィッグは、抗がん剤治療の副作用による脱毛症や、無毛症などの方々のアピアランスケアとして重要な役割を担っており、その需要はがん患者の増加に伴い高まっています。また、医療用ウィッグとつながりが深いヘアドネーション(髪の毛の寄付)についても、世間の関心が高まっているのに対し、ヘアドネーション対応・医療用ウィッグカットができる美容院が少ない(いつもの美容院ではできない)、ウィッグ製造で需要の多い長い髪が不足しているといった現状もあります。
世の中の医療分野への関心とより良い社会づくりへの参加意欲の高まり、そして医療用ウィッグを取り巻く現状を受け、ヘアケアブランドのフィーノだからこそできる事として、医療用ウィッグに関わる360°すべての方々がつながる、【HAIR TOUCH YOU のばせば届く。】プログラムを始動するに至りました。

(※2)(※4)国立研究開発法人国立がん研究センター がん情報サービスより(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/annual.html
(※3)厚生労働省「がん患者・経験者の治療と仕事の両立支援施策の現状について」より(https://ganjoho.jp/med_pro/liaison_council/lc01/20201105/pdf/20201105_01-01.pdf
(※5)厚生労働省「平成29年(2017)患者の状況」より(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/index.html
(※6)がんをはじめとする様々な病気や治療の影響による、外見への変化に対するケアのこと

【フィーノが360°つなぐ医療用ウィッグプログラム 「HAIR TOUCH YOU のばせば届く。」 概要】
本プログラムでは、【知る】医療用ウィッグをとりまく現状を知る、【参加する】ご自身の想いを共有する、ヘアドネーションをする、【届ける】ウィッグを製作してお届けする、ことを通して、それぞれに関わる皆さまの想いが「のばせば届く」、医療用ウィッグの輪をつなげていきます。
始動にあたり、まずは医療用ウィッグを提供するための仕組みづくりを担う「fino ウィッグBank」を設立いたします。また医療用ウィッグ製作のサポートとなるヘアドネーションをより身近に感じていただけるよう、オリジナルのドネーションキットの無料配布や、興味関心がある方・医療用ウィッグに携わっている方との意見交換会やイベント、ヘアドネーション対応美容院の開拓など、あらゆる方面での活動を通して、新しい社会貢献のカタチを提案し、“髪”を通して誰もがつながる「生まれ変わり体験(※1)」を実現してまいります。




▼「fino ウィッグBank」の設立
医療用ウィッグを必要とする方に、心地よく質の高い医療用ウィッグを安心してお届けできるよう、フィーノがヘアドネーションを募り、集めた髪を医療用ウィッグ製作のために提供する「fino ウィッグBank」を設立。
寄付された髪の保管、ウィッグ製作、販売業務に関しては、アピアランスケアの普及に尽力し、医療用ウィッグの支援活動でも実績豊富なNPO法人「全国福祉理美容師養成協会(以下、NPO法人「ふくりび」)」(HP:http://www.fukuribi.jp/)にサポートしていただきます。また、医療用ウィッグの製作・販売のみならず、ヘアドネーション対応、医療用ウィッグのカット対応が可能な美容院の開拓も、「fino ウィッグBank」の活動のひとつとして行ってまいります。
医療用ウィッグを必要としている方々と、力になりたいと行動する方々の“想い”が、新しいカタチでつながります。

詳細は公式サイトから:https://brand.finetoday.com/jp/fino/hair_touch_you/

▼「fino オリジナルドネーションキット」の配布
現在、カットした髪の発送業務は、一部のヘアドネーション対応美容院で請け負っているものの、ドネーションをする方ご自身が発送するケースが主流です。髪の毛をカットすることも、髪の毛を送ることも、より身近で心地よい体験になるよう、想いを届ける「fino オリジナルドネーションキット」の無料配布をいたします。

【ポイント】
・ ドネーションをするための髪を送る封筒は、フィーノのブランドイメージである赤とシルバーを用いたデザインを採用。封筒の表面にヘアドネーションのひとつの目安である「31cm以上」を計測できるスケールが印刷されています。
・ ヘアドネーションカットをする際に使用するヘアゴムもご用意。フィーノを思わせる赤いゴムでまとめることで、本プログラムに関わる方とのつながりを感じていただきたいという想いをこめています。

ドネーションキットは今後、NPO法人「ふくりび」が提携する全国約120(現時点で)のサロンへ配布すると共に、すでにドネーションを決めている方や、今から髪を伸ばそうと思われている方がご自身で活用できるよう、公式サイトからの受付けもいたします(2022年6月以降を予定)。




■フィーノについて
2004年のブランド誕生以来、スキンケア発想のアプローチでヘアケア商品を展開。現在は、「プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアマスク」、「プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアオイル」を展開しており、ヘアマスクはインバストリートメント5年連続売上No.1(※7)、ヘアオイルはアウトバストリートメント売上No.1(※8)に成長しています。
フィーノはこれからも、お客さまの期待を超える、まるで美しさが生まれ変わるような体験を通して、気持ちまでも生まれ変わるような体験を提案してまいります。

【公式サイト】
https://brand.finetoday.com/jp/fino/
【公式SNS】
Instagram:https://www.instagram.com/fino_jp/
Twitter:https://twitter.com/fino_jp
【フィーノ 医療用ウィッグプログラム公式サイト】
https://brand.finetoday.com/jp/fino/hair_touch_you/

(※7)インテージSRI+インバストリートメント市場2017年3月~2022年2月金額シェアSKUランキング
(※8)インテージSRI+アウトバストリートメント市場2021年3月~2022年2月金額シェアSKUランキング

■NPO法人「全国福祉理美容師養成協会」(ふくりび)について
2007年の設立以来、「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」を目指し、理美容・医療・介護・ファッションなどの多職種専門家が「得意を活かして社会貢献活動」をするプロフェッショナルNPO。国内での高齢者・障害者・闘病患者支援、シングルマザーや若年層の女性への職業訓練などをしています。

【公式サイト】 http://www.fukuribi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)