食品・飲料 美容・健康

非加熱製法の発酵ドリンクKOMBUCHA_SHIPを「ukafe(ウカフェ)」で販売

株式会社 大泉工場
トータルビューティーサロン併設カフェでの導入は初めて ~トータルビューティーを叶える、腸内環境から“キレイ”を全面的にサポート~


株式会社 大泉工場(本社:埼玉県川口市、代表取締役社長:大泉寛太郎)は、お茶を発酵させた非加熱製法のKOMBUCHA(コンブチャ)を製造・販売しております。当社オリジナルブランドである発酵スパークリングティー「KOMBUCHA_SHIP(コンブチャ シップ)」は、2020年4月1日(水)にトータルビューティーサロンの株式会社ウカ(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉弘幸)が運営する東京ミッドタウン内にあるオーガニックカフェ「ukafe(ウカフェ)」に導入いたします。

■KOMBUCHA_SHIPの取扱先、トータルビューティーサロン併設カフェでは初の導入


飲食店・ホテルを中心に全国で約60か所にKOMBUCHA_SHIPを販売。同製品は乳酸菌、ポリフェノール、酵素など栄養素が凝縮されております。腸内環境の改善が期待できる発酵ドリンクです。そのためトータルビューティーカンパニーが運営するukafeの“カラダの中からのキレイを提案する”というコンセプトとも方向性が一致したため同店への採用となりました。またトータルビューティーサロンと併設しているため、サロンでもお召し上がりいただけます。身体の内側から外側まで、美を追求した空間が広がります。


海外におけるKOMBUCHAは全世界共通の呼び方であり、米国におけるKOMBUCHA販売動向に関して800億円以上の市場(出典:Kombucha Brewers international/2019年4月発表)と言われており、日本国内におけるKOMBUCHA市場は徐々に拡大傾向にありますが、まだ小規模で展開しております。


■KOMBUCHAとは?
~腸内環境を整え、毎日の元気と美容をサポート~

お茶とお砂糖(当社は精製されていない「きび糖」を使用)、酢酸菌と酵母由来から生まれた菌株を入れ、発酵させたのがKOMBUCHA。昆布茶とは全くの別の飲み物で、1970年代に日本でも流行した「紅茶キノコ」のことです。フルーティーな酸味と爽やかな微炭酸の感じられる発酵ドリンクです。お茶がベースのため、他のジュースに比べてカロリーが低く、乳酸菌、酵素、ポリフェノール等の栄養素が凝縮されています。乳酸菌や酵素による整腸作用により、免疫力アップ、肌荒れの改善、代謝の向上などの様々な効果が期待できます。

■発酵スパークリングティー「KOMBUCHA_SHIP」
当社のオリジナルブランドは、京都の宇治市にある有機栽培にこだわり続けた永田茶園様の厳選された茶葉を使用。洋梨のようなフルーティーな酸味と発酵由来の旨味が口いっぱいに広がるのが特徴。生きた菌はそのままに、非加熱製法にこだわり製造しています。日本で唯一の地球環境に配慮したKOMBUCHA専用のクラウドプラットフォームの醸造所(ブルワリー)を完備。製造においては、衛生管理を徹底し、製造販売しております。



【KOMBUCHA_SHIP新規取扱先】




店舗名:ukafe(ウカフェ)
所 在 地:〒107‐0052 東京都港区赤坂9‐7‐4 東京ミッドタウンガレリア2Fビューティー&ヘルスケアフロア
T E L: 03‐6438‐9920
営業時間:11:00~21:00(L.O.フード20:00、ドリンク20:30 定休日:元旦)
席数:30席
ホームページ:https://www.uka.co.jp/salons/ukafe/


<会社概要>
会社名:株式会社 大泉工場
代表者:代表取締役社長 大泉寛太郎
所在地:埼玉県川口市領家5-4-1
設立:1938年3月(1917年3月創業)
資本金:20,000,000円
URL:http://www.oks-j.com/(コーポレートサイト)
https://oks-kombuchaship.com/(KOMBUCHA SHIP公式サイト)
事業:不動産関連事業・スペースレンタル事業・飲料食品関連事業(FUN FOOD、JUICE、KOMBUCHA SHIP)・直営サロン運営事業(大泉工場NISHIAZABU)

事業内容:各種機械器具の製品製造販売/不動産の賃貸/食料品、飲料品、農産物、食品添加物の卸売、小売並びに輸出入業務/一般食品の製造及び販売/飲料の製造及び販売/前各号に附帯関連する一切の事業

<株式会社大泉工場について>
株式会社大泉工場は1917年、東京台東区龍泉寺町にて電動装置用品の製作を開始し、今年で創業103年目となります。1922年には川口市金山町に工場を移転・拡張し、その後、川口市領家にて機械工場及び鋳物工場を増設、一貫生産体制を整備し、鋳物の街の一端を担ってまいりました。

時代の変遷もあり、不動産管理事業に転換、現在は不動産管理事業に加えてフードマシン販売事業とジュースマシン販売事業、コンブチャ製造販売事業など新たな取り組みをしております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)