美容・健康 広告・マーケティング

肌への浸透力&肌の保水力、バリア機能を高めるクリニークのアロエ発酵研究について

クリニーク
クリニークは、科学の専門家たちや皮膚科医とともに、最新のテクノロジーを組み合わせながら、30年近く発酵に関する研究を行ってきました。そして、インハウスでの長年の研究を行うことで、さまざまな機能のある発酵物の知見を蓄積することができ、ビューティー業界においての発酵研究の専門家となったと自負しています。


【クリニークの発酵研究・新成分の開発】
今回、研究を通して開発された「アロエベラバイオファーム」は、アロエベラの粉末と乳酸菌を混ぜ、24時間から48時間かけて発酵培養させるというプロセスで製造されています。その後、バクテリアなどの異物を取り除くため、非常に精密なフィルターを使って「アロエベラバイオファーム」を抽出します。この独自の発酵プロセスの結果、大きかった分子が小さな分子サイズへと分解され、より肌へ吸収がされやすい状態になります。このプロセスを経ることで、発酵前よりも効果の優れた新たな成分を生み出すことに成功しました。




【アロエベラバイオファーム発酵液の肌への効果】
「アロエベラバイオファーム」が、肌の水分補給や保湿にどのような効果をもたらすか試験管内テストを実施した結果、「アロエベラバイオファーム」により、I型コラーゲンが統計的に有意に増加することがわかりました。I型コラーゲンとは、人工皮膚に自然に存在するコラーゲンで、水と結合することで肌の弾力や保湿を助ける働きがあります。加齢に伴い、肌内部にあるこのコラーゲンは減少し始め、弾性が失われ、結果的にボリュームがなくなり、シワやたるみの原因となります。

また、「アロエベラバイオファーム」の保湿効果について、「アロエベラバイオファーム」に皮膚を浸す前と後の水分量を測定しました。この試験を通して、アロエベラバイオ発酵液を導入した後の肌のマトリックスに、統計的に有意な水分の増加があることがわかりました。

ヒアルロン酸が水分と結合し、肌の潤いを保つことは広く知られていますが、研究によりコラーゲンにもその働きがあることが明らかになっています。「アロエベラバイオファーム」は、肌のコラーゲン増加を補助することにより、コラーゲンと結合して肌に保持される水分量の増加に寄与します。I型コラーゲンの増加は、総水分量の増加、ひいては水分補給の増加にも影響しています。


【まとめ】
わたしたちの暮らす現代の生活では、肌はさまざまな要因によって肌は乾燥に傾きがちです。気候変動による天候の変化や毎年の花粉、さらにブルーライト、日焼け、マスクの着用、エアコンの使用など、常に肌の乾きの脅威にさらされています。
クリニーク顧問皮膚科医のデイビッド・オラントラック博士は「皮膚にとって柔軟性は必要不可欠なもので、水分補給が不安定になり、肌が乾燥すると、肌の柔軟性が保てなくなります。そうすると、見た目の美しさだけでなく、肌機能の発揮も難しくなります。」と指摘しています。

クリニークでは、長年の研究による知見をいかし、肌の美しさだけでなく、肌本来の機能をサポートする、最適な保湿ケアへのアプローチを今日も探索し、今後の製品開発に活かしていきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)