医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

学研ココファン・ナーサリーとジェイキッチンが共同開催した、保育園「食育コンテスト 2021」の結果発表

株式会社 学研ホールディングス
食育活動の充実による保育品質向上、保護者支援を目指す

株式会社学研ホールディングス(本社:東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ココファン・ナーサリー(本社:東京都品川区/代表取締役社長:山崎 知恵、以下当社)は、JP ホールディングスのグループ会社で給食の請負事業を手掛ける株式会社ジェイキッチン(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:坂井 徹)と共同で、保育園での食育活動の更なる充実を目的とした「食育コンテスト 2021」(以下、当コンテスト)を開催し、 2022年3月末に結果発表を行いました。




■「食育コンテスト 2021」開催の目的
当コンテストは、「保育園でも家庭でも行える食育の取り組み」をテーマに、当社とJPホールディングスグループが運営する254園の保育園を対象として開催されました。職種を問わず園単位での参加とし、食育視点での保育品質向上、また家庭での食育促進支援を目的に実施しました。

■「食育コンテスト 2021」開催の背景
「食育」への認知度、関心が高まっているなか、両社とも食育活動を重要な取り組みとして位置づけ、各園で推進しています。
こうした各園での取り組みを共有し、顕彰することにより、従業員のモチベーションアップ、食育品質向上を目指
また、コロナ禍でイベントの中止が相次いだこともあり、こどもたちや保護者に対し、気持ちが盛り上がるようなことを企画したいという声もあり、今回のコンテストが実現しました。

■園で人気があった取り組みが最優秀賞に
当コンテストでは、「食育はハードルが高いものではなく、身近なもので気軽に取り組めることが大切」という考えから、食材の他、牛乳パックや段ボールなど園でも家庭でも準備しやすい身近にあるものを材料とすることを応募条件にしました。各園でこどもたちが楽しめるように工夫を凝らした「栄養素を登場人物にした食育劇」「野菜を使った草木染め」「郷土料理を作った後に遊ぶ郷土をテーマにしたカルタ」など、様々な30の取り組みの応募がありました。最優秀賞には、アスクくらまえ保育園の「オンライン親子クッキング」と「ココファン・ナーサリー等々力の「コロコロサラダ作り」が選出されました。

 ココファン・ナーサリー等々力の 「コロコロサラダ作り」
アスクくらまえ保育園の「オンライン親子クッキング」



「コロコロサラダ作り」は、子どもたちに少しでも野菜を好きになってもらえるような食育活動をしたいと行った取り組み、「オンライン親子クッキング」はコロナ禍の中でも親子で楽しんでもらいたいと行っていた取り組みです。最優秀賞は、このコンテストのために考えた内容ではなく、園で今まで実施してきて、こどもたちや保護者に人気があったものでした。

今回のコンテストについては、応募があった取り組みを食育活動の事例として、当社とJPホールディングスグループが運営する保育園の保護者に紹介する他、外部への発信も行っていく予定です。

今後も当社は、「学びたくなる食育」を目標に、子どもたちが自ら興味や関心を持ち、自分で行うようになっていくといったプロセスを重視し、「食を営む力」の基礎を培う活動を提供してまいります。

◆「食育コンテスト 2021」結果


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)