医療・医薬・福祉

新型コロナウィルスに関する医師による医療相談、2/3のユーザーに安心感を提供

株式会社AGREE
医療相談アプリLEBER(リーバー)による効果を検証

株式会社AGREEの提供する医療相談アプリLEBER(リーバー)では、2020年2月29日までに新型コロナウィルスに関する医療相談を279件お受けし、66.1%のユーザーが「相談して不安が減った」、さらには85.7%のユーザーが「回答がわかりやすかった」と回答しております。またユーザーの平均満足度も4.37点(5.00満点)を獲得しております。引き続き、弊社の提供する医療相談サービスを通じ、世の中の不安軽減とヘルスリテラシーの向上に寄与してまいります。


新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、インターネットやSNSでは真偽の確かでない情報やフェイクニュースが報じられ、パニックの波が世界中に広がりつつあります。
株式会社AGREE(本社: 茨城県つくば市、代表取締役: 伊藤俊一郎)では、このパニックの中、状況に応じた適切な判断を行えるよう、「医師と24時間相談できるアプリLEBER(リーバー)を「コロナウイルスに関する相談に限り」無料提供しております。




刻一刻と状況の変わる本事案においては、現場で実際に疾病に応対している医師の知識・経験が皆様の不安軽減に非常に有効です。私達は本取り組みを通じ遠隔医療が適切に世の中に行き渡ることにより、医療機関への一極集中に伴う2次感染からのパンデミックを防ぐことができると考えております。

■医療相談アプリLEBER(リーバー)とは

24時間365日スマホで医師に相談ができるアプリです。現在130名以上の医師が登録されており、すぐに病院に行けない方もアプリを通じて気軽に医師に相談することができます。
(医療相談アプリLEBER https://www.leber11.com



チャットボットが尋ねる問診に答えることにより、医師からの回答を迅速に得ることが可能です。医師がオススメする市販薬やアドバイスを知ることによりセルフメディケーションやセルフケアが行える仕組みになっています。



■無料で使える機能

現在、4月10日まで以下の機能を無料で開放しております。

1.24時間医師が回答してくれる医療相談(回数無制限)
2.家族4名分の医療相談(回数無制限)



■対象

本報告では、2020年2月12日から2月29日の期間で「発熱・コロナウィルス が心配」と相談した方を対象
としております。なお無料相談を行ったユーザーだけではなく有料課金で相談した方も一部含まれております。


■相談回数

リーバーは2020年2月12日から「発熱・コロナウィルスが心配」との問診が可能になり、2月29日までで548件の相談をお受けし、その内50.3%にあたる279件が「発熱・コロナウィルス」に関する相談でした。

前月(2020年1月12日~2020年1月29日)の相談の内「発熱」の相談は全体の2.1%でしたので、今回の新型コロナウィルスの感染拡大におけるユーザーの不安な心理状況がこちらから伺えます。

■相談者の年代

相談者の81.4%が20-40歳代のユーザーでした。
スマホを用いたサービスである事より20-40歳代のユーザーからの相談が目立った結果になっております。




■相談の時間帯

リーバーでは24時間相談を受け付けており、以下のグラフよりどの時間帯でも相談があることがわかります。
相談は17:00−23:59の間で50.0%を占めており、最も相談の多かった時間帯は、21:00−21:59の間であり、全体の10%がこの時間帯に集中しておりました。





■回答時間

医師からの回答は5分以内に35.1%、30分以内に76.4%が回答されておりました。なお回答に2時間以上かかった相談は7.9%でした。




■わかりやすい回答

リーバーは相談内容を作成する際にチャットボットを活用し、医師が診察室で尋ねるのと同様な質問を行い問診票を作成できる機能を開発しております。1度で医師に適切な相談内容を送る事で医師とのやり取りを可能な限り最小限に留め医師の負担を軽減するとともに、ユーザーに対しても1回でわかりやすい回答が得られる仕組みとなっております。その結果85.7%以上のユーザーが「医師からの回答はわかりやすかった」と回答しております。




■不安の軽減効果と満足度

相談をされて66.1%の方が不安が解消できたと回答しております。医療機関に行かずとも、医師がユーザーの悩みに迅速に回答すること、さらには症状に合う市販薬や医療機関を推奨することが不安軽減に繋がっているものと推測されます。なお医師からの回答後に「満足度」をヒアリングしており、こちらは平均が4.37点(5.00満点)と高い満足度が得られております。




■今後の無料医療相談について

<個人向け>
2020年4月10日まで医療相談アプリは無料で利用することができます。
以下のURLより登録し、アプリをダウンロードすることで無料の利用が可能です。
https://company.leber11.com/company/Eyi

<法人向け>
2020年3月31日までにこちらのURL(https://forms.gle/KAq2d6tbeXHBM1T88)よりお申し込みいただいた法人様には、2ヶ月間従業員(家族含む)が無料相談を行える環境を提供いたします。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000033619.html


■株式会社AGREE
株式会社AGREEはアグリグループの遠隔医療部門であり、同グループには医療法人AGRIE、株式会社AGRI CAREが含まれます。
医療法人AGRIE、株式会社AGRI CAREは茨城・千葉・新潟など医療過疎地を中心に在宅医療を提供し、住み慣れた自宅や施設で安心して療養できるお手伝いをしています。
(アグリグループについてはこちら http://www.medagricare.jp
「いつでも。どこでも。誰にでも。」
グループ全体でこの信念を掲げ、すべての人に必要な医療が行き渡るよう努めてまいります。

〈会社概要〉
会社名:株式会社AGREE
所在地:茨城県つくば市谷田部6251−9
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber11.com
事業内容:アプリの企画・開発・運営


<この記事に関するお問い合わせ>
広報担当:多賀
メールアドレス:info@leber11.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会